ステノキャプショナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

ステノキャプショナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

テレビ番組の字幕打ちを行っている「ステノキャプショナー」。リアルタイムで正しい情報を字幕として伝える大変な仕事だといわれていますが、一体どれくらいの収入を得られる仕事なのでしょうか?今回は、そんなステノキャプショナーの給与・年収についてご紹介していきます。就職・転職でステノキャプショナーを目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ステノキャプショナーの初任給

ステノキャプショナーの初任給は約18万円

番組の字幕打ちをリアルタイムで行うステノキャプショナーの初任給は、約18万円といわれています。一般企業に勤めた場合と比較すると、ステノキャプショナーの初任給は少ない傾向があるようです。

しかし、ステノキャプショナーの仕事は番組出演者の言葉を正確に聞き取る、1分間に300文字以上のタイピング技術が求められるといった少し特殊なお仕事です。働き始めてから仕事に慣れるまでには時間もかかりますし、正確な情報を伝えることも必要です。そのため、初任給は約18万円と低めの給与になっているのかもしれませんね。

特別な資格が不要なので給与は低め

ステノキャプショナーの初任給が低いのは、特別な資格を必要とせず、仕事の難易度を考えなければ誰でも目指すことができる仕事だからだといわれています。資格を持っていれば資格手当を得ることができるため、給与にプラスされることで高い収入を得ることが可能です。

しかし、資格不要でできる仕事であり、ステノキャプショナーには必須資格が存在しないため、初任給から高収入を得ることは難しいようです。しかし、初任給を含めた毎月の給与額は、入社する企業によって異なります。そのため、ステノキャプショナーとして働くのなら、求人情報をよく確認することをおすすめします。

時給にすると1,000円なのでパート希望ならおすすめ

ステノキャプショナーの給与を時給に換算すると、約1,000円となっているそうです。そのため、家事や子育てなどが理由でパート勤務を希望されている方には、ステノキャプショナーの仕事はおすすめといえるでしょう。

パート勤務で時給1,000円をもらえる仕事はそう多くはありませんし、どうせ働くのであれば少しでも時給の高いところが好ましいものです。しかし、字幕打ちには専用のキーボードを使用するため、慣れるまでにはかなりの時間が必要となるでしょう。そのため、パート勤務でステノキャプショナーを選ぶのであれば、根気よく物事に取り組める方がおすすめです。

ステノキャプショナーの平均給与

ステノキャプショナーの平均年収は20万円

ステノキャプショナーの平均給与は、約20万円といわれています。一般企業の平均給与にくらべると若干低めとなっているため、高収入を目指している方には向いていない仕事かもしれません。

しかし、ステノキャプショナーの仕事はタイピング技術を生かせる仕事であり、社会貢献に繋がる仕事でもあります。字幕打ち専用のキーボードになれるまでには時間がかかると思いますが、高い給与よりも仕事へのやりがいを重視されている方にはピッタリの仕事といえるでしょう。

実力が身に付けば給与アップを狙える

初任給や平均給与が低めのステノキャプショナーですが、実力が身に付くことで給与アップを狙うことができるといわれています。そのため、勤続年数が長く特殊なキーボードの扱いにも慣れ、言葉を正確に聞き取る技術をしっかりと身に付けることができれば、給与アップを狙うことができるでしょう。

また、長年勤務している方で実力がしっかりと身に付けば、昇進によって役職に就ける可能性も考えられます。役職に付けば一般社員のときに比べて給与は高くなるので、あなたの頑張り次第では満足できる給与を得ることができるでしょう。

入社する企業によっては高収入を得ることができる

上記でもご紹介しましたが、支給される給与額は入社する企業によって異なります。そのため、ステノキャプショナーを目指して就職や転職をされる場合は、さまざまな企業が募集している求人情報をよく比較して、納得できる給与を支給してくれる企業を選びましょう。

しかし、ステノキャプショナーの給与は、基本的にどの企業でもご紹介した平均給与で募集されているところが多いです。そのため、高収入を得られる企業を見つけるのは難しいかもしれませんね。

ステノキャプショナーの平均年収

ステノキャプショナーの平均年収は約240~300万円

ステノキャプショナーの平均年収は、約240~300万円といわれています。日本の平均年収は約400万円といわれているので、それに比べるとかなり低めの年収となるでしょう。しかし、現在の日本では少子高齢化が進んでいるため、ステノキャプショナーの需要が高まっている傾向があります。

高齢者になると若い世代の方に比べて音や声を聞き取りづらくなるため、テレビ番組の字幕放送は今後重要なものとなる可能性が高いです。そのため、需要が高まれば平均給与が高くなる可能性もあるので、いずれは高い年収を期待できるかもしれませんね。

また、字幕打ち経験者や実力を持っている方であれば、時給にして約7,000円を稼いでいる方もいるようです。子育てや家庭との両立で働く女性の方は難しいかもしれませんが、独身の方であれば頑張り次第で高収入を得ることも可能といえるでしょう。

一般的な事務職に比べれば収入は高め

平均年収は低めとなっている仕事ですが、一般的な事務職に比べると収入は高めの仕事だといわれています。というのも、一般事務の場合は基本的に勤務時間内に仕事をこなすというものですが、ステノキャプショナーの場合は番組の進行に合わせて字幕打ちを行う必要があります。

さらに、正しい情報を伝えるために、出演者の言葉を正確に聞き取る技術や、スピーディなタイピング技術などが求められる大変なお仕事です。同じ事務仕事でも難易度が異なるため、それぞれを比較するとステノキャプショナーの方が高い収入を得られるといわれています。

また、ステノキャプショナーは資格不要でできる仕事となっています。少しでも収入の多い事務仕事をしたいと考えている方は、ステノキャプショナーへの転職を検討してみてはいかがでしょうか?

ボーナスや手当などが支給される企業なら高収入を狙える

ステノキャプショナーの仕事は、ボーナスや手当などの支給を行っている企業が少ないといわれています。そのため、多少の収入アップを狙うことはできても、人によっては満足できないと感じている方も少なくありません。

しかし、企業によってはきちんとボーナスや手当を支給してくれるところもあるため、ステノキャプショナーで高収入を狙っている方は、ボーナス・手当の支給を行っている企業へと就職・転職しましょう。

ステノキャプショナーの給与・年収まとめ

ステノキャプショナーの年収レベルは低め。一般事務よりは高収入を狙える

ステノキャプショナーの年収レベルは、日本の平均年収と比べて低めとなっています。また、特別な資格を必要としない仕事というのも、給与や年収が低い理由となっているようです。

しかし、現在の日本では少子高齢化が進んでいることによって、高齢化社会となっています。そのため、音や声を聞き取りづらい高齢者が増加していることで、ステノキャプショナーの需要が高まっています。

今後さらに需要が高まれば給与や年収がアップする可能性もあるため、将来性のある仕事だといえるでしょう。また、時給に換算すると1,000円以上となっているため、パート勤務を希望されている方にはおすすめの仕事です。

仕事と家庭を両立させながら稼ぐことができるので、大変な仕事ではありますが高時給で働きたい方はまず副業からでもステノキャプショナーを目指してみてはいかがでしょうか?

ステノキャプショナーの参考情報

平均年収240万円~300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ステノキャプショナーの関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB