インダストリアルデザイナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

インダストリアルデザイナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

世の中に出回っている色んな工業製品に関わる事が出来るインダストリアルデザイナー。平均給与や年収はいくらなのでしょうか?今回この記事でインダストリアルデザイナーの平均給与・年収と共に、給与や年収を上げる手段、さらに高収入を目指す方法についてもご紹介します。

インダストリアルデザイナーの初任給

新人インダストリアルデザイナーの給料は平均20~25万円

インダストリアルデザイナーに就いた時の初任給は20~25万円程度が相場といわれています。

企業の規模で変わる事はありますが、インダストリアルデザイナーの給与は初任給の段階でも高めの傾向です。基本的に自動車メーカーや電機メーカー、その他工業製品を作っている各種メーカー、後はデザイン事務所に就職する人が多いです。

インダストリアルデザイナーは非常に幅広い工業製品に関わる仕事なので、ジャンルの幅がとても広いです。そのため、勤務する企業によって給与は異なります。

異業種からインダストリアルデザイナーの転職は給与の確認を

異業種からインダストリアルデザイナーに転職した場合、以前に働いていた時よりも下がる可能性が高いです。新卒と同じ給与からスタートという事もあるので、給与の確認は必ずしておきましょう。

違う業界からの転職の場合、大企業に関して言えば採用は厳しいでしょう。学校で実務経験並みに勉強、経験をしてきたか、そうでなければ、何か資格を取得しておく方が良いかもしれません。

経験や年齢が上がるにつれ給与も上がる可能性有り

インダストリアルデザイナーは基本的には、企業に雇われて働く人が多いです。ですから、経験年数と共に年齢と比例して、給与も上がっていきます。また、経験年数が上がり、実績も積んでいけば主任デザイナーなど上の役職に就く事が出来れば、さらに給与もアップします。

デザイン事務所は会社規模によっては平均給与より下がる場合も有り

メーカーに比べると、経営基盤が安定しているデザイン事務所は多くありません、中小企業も多数あります。規模の大きさによっては安定した給与とボーナスが貰えない事もあり得ます。

その変わり、大きな仕事を任される事もあるので、その仕事が成功すれば給与もメーカーと変わらず貰える事もあり得るでしょう。

転職した時の給与は経験や持っている資格で左右されやすい

転職する際には、経験者である方が採用されやすいです。インダストリアルデザイナーという仕事は、仕事内容が多様で専門性の高いので、高度な知識や技術を問われる仕事でもあります。資格を持っている事は転職した時にも高い給与で採用される場合もあり得ます。

転職の際には、新卒採用者と同じか、それより下の給料になる事もあるので、いままでの実績はアピールしておく方が良いでしょう。

インダストリアルデザイナーの平均給与

インダストリアルデザイナーの平均給与は約35万前後

インダストリアルデザイナーの平均給与は約35万前後となります。年齢が上がっていくにつれ、最高額は、約50万前後は貰えると言われています。

実力とスキルが認められて、早く役職が付きになれば、年収1,000万を稼ぐ人もいる夢のある職業だと考えられます。40代くらいなら約700万前後を稼いでいる人が多い業界でもあります。

資格やスキルを持っていると給与アップもあり得る

インダストリアルデザイナーの仕事は、自身のスキルのレベルが高ければ新卒でも難しい案件を任せて貰える場合があります。さらに資格も取得しておく事で、会社によっては資格手当が貰える所もあるので、求人を探す際にはじっくり調べた方がいいです。

その際には、福利厚生、手当、ボーナス、社会保険についてもしっかり調べておきましょう。会社によってはインダストリアルデザイナーならではの手当がつく場合があります。

比較的安定した給与が貰える仕事

すべての企業に当てはまるとは限りませんが、インダストリアルデザイナーとして雇ってくれる企業は大手が多く、経営的にも安定しているので、給与やボーナスが下がる事はあまりない傾向にあります。ただ、経営が比較的安定している大手企業というとメーカー勤務が多いのです。

学歴も給与に関係してくる場合もある

新卒で入った場合、ほとんどの人が、デザインが採用されて評価されることがなければ給与が急に上がる事はない実力主義な所もあります。それでも専門校よりも大卒で新卒として入る方が給与も待遇も良いという企業が多数というのが現状です。

インダストリアルデザイナーになる場合、短大、大学、専門学校、どれを選んでもなろうと思えば、資格はいらないのでなりたいという強い気持ちがあればなれます。しかし、給与面も出来るだけ多い方がいいと考えているなら、大卒は出ておく方が良いでしょう。

また、自動車メーカー、各種工業製品メーカーなどでインダストリアルデザイナーとして採用された場合は、採用条件が大学卒という所(特に美術系)があるので、そこら辺もちゃんと調べておく必要はあります。

インダストリアルデザイナーの平均年収

インダストリアルデザイナーの平均年収は400~700万円前

インダストリアルデザイナーの平均年収は約400~700万円前後となります。ボーナスなどをいれると、最高で800万前後を貰える場合もあります。

特に大手企業でも、手がけた作品の人気がでて、売れたりすると給与と共に年収がかなり上がる可能性があります。務めた会社が大きい会社になってくる程、年収1,000万という人もいます。

入社してからの結果次第では給与や年収が上がる事もある

企業形態が年功序列と決まっている会社でなければ、元々持っているインダストリアルデザイナーとして必要なスキル以外にも語学力があったりすると、給与アップが望める可能性があります。

最初はアシスタントという立場で働いていたとしても、インダストリアルデザイナーとして実力を上げていけば、年収も上がっていきます。

フリーランスとして成功すれば大幅に年収アップも

経験を積んで、デザイン事務所を設立してフリーランスとして独立した人の中には、億単位を稼いでいる人もいます。最初は自分で営業していかないと仕事がないのがフリーランスの辛い所です。

ですが、いままでの経験を活かして実績を積んでいくことで、有名なコンクールの賞にも表彰、あるいはテレビに出るくらいの人気インダストリアルデザイナーとして名が知れ渡る様になれば、大きな仕事が舞い込んでくる事もあり得ます。

人気が高くなっていけば、自分の作品が世の中に出回っている所を沢山みられる夢のある職業でもあるといえるでしょう。

ただ、有能なインダストリアルデザイナーは次々と現れてくるので、自分自身のスキルアップを欠かさずに続けていかないと急に仕事がなくなるなんてこともフリーランスの場合はあるので気を付けましょう。

男女差はあまり関係なく、業種によっては女性が活躍している業界もある

インダストリアルデザイナーとして働いている人の比率は男性の方が多いですが、作られている工業製品によっては女性が活躍している所もあります。実際に海外と日本両方ともに、賞をもらっている人も数多くいます。

しかし女性の場合は結婚や出産などで、仕事とプライベートを同時にする事が大変で、辞めてしまう人もいます。しかし生活雑貨などをデザインしていたインダストリアルデザイナーなら、家庭生活でアイデアをためておいて、復職する人もいます。

給与もそこまで男女差はないので、選ぶ企業を考えて就職を考えておけば、給与も安定した所につけるでしょう。

インダストリアルデザイナーの給与・年収まとめ

インダストリアルデザイナーの年収は比較的高めの傾向。実力次第で上がる可能性有り

インダストリアルデザイナーの仕事は、比較的給与も年収も高めの傾向です。しかし、仕事内容は専門知識や自分のセンス、顧客のリクエストなどを考慮しながらデザインする事もあるので、精神的にハードな仕事です。

ですが、実力次第でキャリアアップから独立の道というも道もあり得る仕事です。上手くいけば、新卒の時よりもさらに高収入になれる可能性が秘めている職業です。スキル、資格はキャリアアップの為にも取得しておくと良いと考えられます。

インダストリアルデザイナーの参考情報

平均年収400万円〜700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

インダストリアルデザイナーの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB