ステノキャプショナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ステノキャプショナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

みなさんはステノキャプショナーがどのような仕事をしているのかを知っていますか?このページでは、ステノキャプショナーの仕事内容や、仕事をする中でやりがいを感じることができる瞬間についてご紹介していきます。ステノキャプショナーを目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ステノキャプショナーとはどんな仕事?

ステノキャプショナーは字幕打ちをする仕事

「ステノキャプショナー」とは、放送されている番組の出演者やナレーションを正確に聞き取り、リアルタイムで字幕打ちを行う仕事です。事前に作成している映画の字幕とは異なり、間違いが許されない仕事なので、集中力と正確性が求められる仕事となっています。

「普通の番組なのに字幕が必要なの?」と思われがちですが、音量を制限しなければならない病院内のテレビやその他の施設などでは、音の聞き取りが難しいものです。しかし、字幕が表示されることで番組の内容を把握することができるので、普通の番組でもステノキャプショナーの仕事はとても重要なものとなるでしょう。

正確な音声の聞き取りや素早いタイピング技術が求められる

ステノキャプショナーの仕事は、リアルタイムで字幕打ちを行う仕事です。そのため、出演者や番組で流れるナレーションといったすべての音声を正確に聞き取り、素早く字幕を打ち込むタイピング技術が求められます。

また、テレビ番組なので字幕の打ち間違いはクレームの元になりますし、タイピング速度が遅ければ番組の進行とちぐはぐになってしまいます。しかし、誰にでも簡単にできるような技術ではないため、ステノキャプショナーとして働くのであれば、このような技術は必須となるでしょう。

聴覚障害者の生活をサポートする重要な仕事

ステノキャプショナーは、聴覚障害者の生活をサポートする重要な仕事となります。というのも、ほとんどの方は、字幕がなくてもさまざまなテレビ番組を視聴することができます。しかし、耳が聞こえない・聞こえづらいといった聴覚障害者の場合は、映像や文字を見ることはできても、出演者やナレーションなどの音声を聞くことができません。

ですが、番組の字幕打ちを行うステノキャプショナーによって、音声の聞き取りが困難な聴覚障害者にも情報を伝えることが可能となります。わざわざ新聞や雑誌を読まなくても生活に必要な情報をテレビ番組から届けることができるので、耳の不自由な方のためにも欠かせない重要な仕事といえるでしょう。

ステノキャプショナーの具体的な仕事内容

専用のキーボートを使って字幕打ちを行う

字幕打ちを行うステノキャプショナーの仕事ですが、おそらく多くの方はパソコンで使用するキーボードを使っていると考えているのではないでしょうか?実は、ステノキャプショナーが使用しているキーボードは、字幕打ち専用の特殊なキーボードを使用しています。

キーの種類はもちろん、配置なども異なるため、通常のタイピング技術を持っていたとしても通用しないといわれています。ちなみに、字幕専用のキーボードになれるまでには、約3年かかるといわれています。

仕事によっては短期間で慣れてしまうものもありますが、正確な音声の聞き取りに加えて素早いタイピング技術が求められるため、とても大変な仕事といえるでしょう。そのため、ステノキャプショナーとして働くのであれば、根気と人の役に立ちたいという気持ちが大切かもしれませんね。

1分間に300文字以上の文字入力を行う

リアルタイムで字幕打ちを行うタイピングスピードが求められるステノキャプショナーは、1分間に約300文字以上の文字入力を行うのが仕事となっています。つまり、1分間に300文字を下回るタイピングスピードでは仕事にならないため、字幕打ち専用のキーボードを使った技術練習が重要になるでしょう。

ちなみに、長年ステノキャプショナーをされている方であれば、1分間に300文字以上の字幕打ちを簡単に行えるといわれています。また、番組終了までひたすら字幕打ちを行う必要があるため、高い集中力も必要になってくるでしょう。

新聞や雑誌からの情報収集も仕事の一つ

ステノキャプショナーの仕事はただ字幕打ちを行うのではなく、正しい国語力も仕事には必要になります。そのため、普段から新聞や雑誌を読んで正しい人物名や建物名などの情報収集を行うのも、仕事の一つだといわれています。

というのも、番組内で出演者が正しいことを伝えていても、字幕で間違った文字を打ち込んでしまった場合、正しい情報を伝えることができなくなってしまいます。場合によっては視聴者からクレームを受ける可能性もあるため、正しい情報収集はステノキャプショナーにとって大切な仕事だといえるでしょう。

ステノキャプショナーの仕事のやりがい

自分が入力した字幕が人の役に立つ

ステノキャプショナーの仕事は、番組内で交わされる出演者の会話や伝えられる情報、ナレーションなどを字幕として伝えることが仕事です。そのため、耳の不自由な方や聴覚障害者の方の役に立てることにやりがいを感じられるという意見が多くなっています。

視聴者からの意見を直接聞くことはできませんが、音や声の聞こえない方に情報を伝えるステノキャプショナーの仕事は、社会貢献にも繋がります。そのため、「確実に人の役に立っている」というやりがいを感じられることで、大変なステノキャプショナーの仕事でも続けることができるのでしょう。

自分が知らない情報を得られる

仕事の一環でもある情報収集をすることで、自分が知らなかった情報を得られるというのも、ステノキャプショナーのやりがいだという意見がありました。知らない情報を知ることができれば、仕事に活用できるだけでなく、生活をする上で自分自身の役に立つことがあるそうです。

また、友人や家族との会話で自分が得た情報を伝えることで、周りの人の役に立つこともあるでしょう。ステノキャプショナーは字幕打ち以外にもやりがいを感じることができる仕事なので、情報収集が好きな方ややりがいのある仕事を探している方には、おすすめの仕事かもしれませんね。

自分の特技を生かすことができる

人によっては「集中力が切れにくい」「新しいものを覚えるのが得意」「コツコツと続ける仕事が得意」など、さまざまな特技があると思います。ステノキャプショナーであれば、これらのような特技を生かすことができるので、やりがいを感じられるという意見も挙がっていました。

ステノキャプショナーは番組終了までミスのない字幕打ちと、番組の進行に遅れをとらないタイピング技術が求められます。しかし、集中力が高く、集めた情報をしっかり記憶できるという方は、特技を生かせることにやりがいを感じられるのではないでしょうか。

ステノキャプショナーの仕事内容まとめ

ステノキャプショナーの仕事は簡単ではないが、十分にやりがいを感じられる

番組の内容をリアルタイムで字幕打ちを行うステノキャプショナーは、1分間に300文字以上のタイピング技術が求められます。さらに、正しい情報を伝える必要があるため、出演者の言葉を正確に聞き取る技術や国語力も重要となっています。そのため、誰にでも簡単にできる仕事とはいえないでしょう。

しかし、「人の役に立てる」「社会貢献できる」などといったやりがいを感じられる仕事なので、大変ではありますが長年ステノキャプショナーを続けている方は多いです。また、知らないことを知ることができる、自分の特技を生かせるといったやりがいも感じることができるのも、ステノキャプショナーとして働く魅力といえるでしょう。

ステノキャプショナーは、文字通り目に見える形で人の役に立ちたいと考えている方には、非常におすすめの仕事だと言えます。

ステノキャプショナーの参考情報

平均年収240万円~300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ステノキャプショナーの関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB