料理研究家になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

料理研究家になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

料理研究家は世の中にない新しいレシピを数多く生み出す料理のスペシャリストです。料理に関する豊富な知識と高い技術が求められますが、料理研究家になるためにはどのような方法があるのでしょうか。料理研究家のなり方、必要な技術を得る方法など、料理研究家としてスタートを切るために必要な知識についてご紹介します。

料理研究家になるには何が必要?

日々さまざまな新しい料理のレシピを開発している料理研究家。誰もが楽しめる簡単でおいしいレシピから、その料理研究家のセンスが輝くような独創的なものまで、数多くのレシピが生み出されています。

そんな料理研究家になるためには、どのような条件や方法があるのでしょうか。

学歴や資格は必須ではない

料理研究家とは特定の資格や免許を指す言葉ではなく、その職業になるために必要な資格や免許も存在しません。極端な話ですが、一度も料理を作ったことがなくても、料理研究家と書いた名刺を作ればその日から名乗ることができます。

しかし当然ながら、料理研究家として仕事するためにはそれだけでは足りない要素はたくさんあります。料理研究家を名乗るだけなら簡単ですが、料理研究家として仕事をするためには、多くの知識や技術が求められます。

実力は絶対に必要

料理研究家として仕事するためには、何より料理を作るための知識や技術といった能力が必要です。その能力は個人で独学により徐々に身につけることもあれば、調理学校に通い、学ぶことで高い専門性をともなう能力を手に入れられるでしょう。

また料理の世界への入り口の一つとして、飲食店で働くこともよい選択肢でしょう。その店が独自に研究して編み出したレシピの数々は、これから料理研究家として仕事していく人にとっては大いに参考になる最高の教科書です。

本や動画などで見るだけでなく、実際に調理することに触れ、その実力を高めることが料理研究家になる第一歩です。

料理研究家になるまでの経歴はバラバラ

料理研究家は、誰もが人生の中で触れる料理にたずさわり、また特別な資格が必要とされないことから興味を集めやすいのか、さまざまな方面から人が集まり、さまざまな経歴を持った料理研究家が生まれています。

栄養士や調理師といった専門家からの転身という経歴が多いですが、長年の家事の経験を生かすベテラン主婦から料理研究家を名乗る人もいます。

すでに料理研究家として仕事している人のアシスタントを長年勤めてから独立というケースもありますし、普段別の仕事をしている上での副業として、休日や平日夜だけ料理研究家の仕事をする場合もあります。

また著名で個性豊かな料理研究家はタレントとして活躍することもできますが、反対にタレントから料理研究の道に入ることも。料理研究家になるまでの経歴は千差万別といえるでしょう。

料理研究家に向いている人、適性がある人

料理研究家は誰もがなれる可能性のある職業であり、実際に受け皿は広いといえます。しかし職業とする場合には、料理研究家として長く仕事できるか適性が問われるでしょう。

どのような性格や能力を持っている人が、料理研究家として仕事できる適性を持っているのでしょうか。

何より料理が好き

何よりも大切なことは料理が好きということです。料理研究家は毎日のように同じメニューを少しずつ調整しながら、延々と作り続けることもあります。自分の好きなものを作っていればいいわけではなく、たとえ飽きても食べ続けなければならない、肉体的にも精神的にも過酷な職業といえるでしょう。

そんな状況を支えるのは、おいしいものを作りたい、おいしいものを食べたい、食べさせたいという料理に対する愛情です。そしてその愛情があるからこそ、よりおいしい料理にできるような無限のアイディアが浮かんでくるのです。

探究心が強い

世の中には多くの料理のレシピがありますが、料理を構成する材料や調味料の組み合わせは無限大。料理研究家はおいしいと思えるレシピを求め、日夜終わりのない研究を続けています。

その組み合わせには必ずしも同じ文化で生まれ育った食材と調味料を使わなければいけないわけではありません。時には他文化からとりいれた食材により、思いもよらない味が生まれることもあるでしょう。

料理研究家は幅広いジャンルの料理を学び、それらのよいところを盗み、自分の料理に落とし込んでいくため、深く強い探究心を持っていることが望まれます。

自分の強みを見つける自己分析力

さまざまな経歴を持った料理研究家が生まれると同時に、その世界で生き残っていくためには他の料理研究家との差別化が必要になってきます。

「10kgやせるダイエット料理専門家」「働く男のためのスペイン料理研究家」「意中の彼を落とせる日本食マイスター」など、特定の分野や目的に特化した肩書を持つ料理研究家が増え、その活躍の場を広げています。

自分の過去の経歴や経験の中から、どんな分野の知識があるのか、どんなジャンルなら研究をしていけるのかを分析し、自分の強みとしていけるかが料理研究家としてとても大切なことです。

かつての職人芸のように「腕があれば必ず売れる」というようなことは、これからの料理研究家の分野では難しくなっています。自分がどのようなジャンルの料理研究家として活躍できるか、活躍したいかを分析できることも重要な適性の一つです。

コミュニケーション能力

料理研究家という名前がついているからには研究職と思われるかもしれませんが、仕事をとり、維持・拡大していく上で、非常に重要なのがコミュニケーション能力です。

地域のご婦人を集めての料理教室や、行政が主催するイベントの一つとしての料理体験講座など、直接誰かに料理を教える機会をつくり、またその機会を維持していくためには、参加者に満足してもらわなければいけません。

また、インターネット上でレシピを発表することで、ブログの読者などと交流することもありますが、適切に対応することで口コミが広がり、名前が売れていくことで大きなメディアへの露出につながることが期待できるでしょう。

料理研究家は人気商売の側面もある職業です。人々からの支持を集められるようなコミュニケーションをとれることが、料理研究家として息の長い仕事ができる秘訣の一つといえるでしょう。

料理研究家になるための学校・教室

料理研究家になるためには資格や免許は必要ありませんが、料理を研究できるだけの知識や技術は持っておくことが望まれます。

それらはどのような学校・教室で学ぶことができるのでしょうか。

調理を学べる専門学校

知識・技術を身につけるための確実な方法として、調理を学べる学校が挙げられます。料理研究に直結しやすい調理師や管理栄養士の資格をとれるような学校ならば、必要な知識をしっかり学ぶことができるでしょう。

料理研究家になるまでの年齢制限はないため、学校でしっかり学び、飲食店で実践の経験を積むことで、より料理研究家として深みのある知識や技術を身につけられることが期待できます。

特定ジャンルの資格を学ぶ

料理に関する資格には、特定のジャンルに特化した資格も存在しています。

例として野菜の産地や季節による変化などの専門的な知識を身につけられる「野菜ソムリエ」や、和食に関する知識が問われる「和食マイスター」など、選ぶのが難しいほど多くの種類の資格があります。

自分がどんなジャンルの料理研究家として活躍したいかを決められたら、それに合わせた資格を取得するのがよいでしょう。

ただし小さな認定資格の場合には、必ずしもその資格について学べる専門学校があるとは限りません。資格取得に必要な知識を学べる関連した資格の講座はないか、また通信教育に講座はないかというような調査も必要になる場合があります。

料理研究家になるには?まとめ

料理研究家を名乗るためには、資格や免許による認定は必要ありません。しかし誰でも名乗ることはできますが、料理研究家として仕事するためには、知識と技術、経験が求められます。

料理研究家になるために何より大切なのは料理が好きという気持ち、そしてどんな料理研究家として活躍できるのかを分析し、実行できる能力です。

料理研究家として必要な知識や技術は専門学校で学び、どんなジャンルの料理研究家として名を売れるのかを分析し、世界中にどこにもいない一人だけの料理研究の専門家になれれば、成功への道はひらけるかもしれません。

料理研究家への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

ユーキャン

料理研究家の参考情報

平均年収300万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

料理研究家の関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB