テレビプロデューサーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

テレビプロデューサーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

なりたい職業でも人気の高いテレビプロデューサー。番組制作の統括を行うテレビプロデューサーの給与や年収は、いくらくらいなのでしょうか?このページでは、テレビプロデューサーの初任給・平均的な給与・平均的な年収などについてご紹介します。

テレビプロデューサーの初任給

新人テレビプロデューサーの給与は平均30万円

テレビプロデューサーとして働く場合、初任給は30万円〜前後が相場といわれています。

男女問わず人気のテレビプロデューサーですが、給与面では比較的高いな給与が期待できると言えます。どこで働くかによっても多少の差があり、地方局よりもキー局の方が得られる給与は大きい傾向にあります。

テレビプロデューサーになるまでには下積みが必要になり、いきなり高収入を得る事は難しいことは覚えておいて下さい。

転職したときの給与は経験や役職で左右されやすい

テレビプロデューサーの世界では、よりレベルの高い場所で経験を積むために転職をする人が多いです。地方局からキー局への転職をした場合の初任給は、これまでの経験によって決まるのが一般的です。

基本的にテレビプロデューサーとして10年以上働いているなどの一定の経験があれば給与は大幅にアップすると考えられます。勤務する局によっても異なるので確認しておく必要があります。

異業種からテレビプロデューサーへの転職は殆ど不可能

異業種からテレビプロデューサーへの転職は殆ど不可能と言えます。異業種から転職する場合にはアシスタントディレクターからスタートする事になるでしょう。

どんなにスキルや知識があっても、テレビプロデューサーは番組の統括という立場であるため、下積み期間は必要になります。

テレビプロデューサーを目指すためにアシスタントディレクターになる給与は年齢に関係なく新卒の年代と同じ給与になる事が多いです。転職前の仕事内容によって慎重な判断が必要でしょう。

テレビプロデューサーの平均給与

テレビプロデューサーの平均給与は約83万円

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」 のデータ によると、テレビプロデューサーの平均給与は、全国平均が約84万円となっています。

テレビプロデューサーの仕事は企画会議やキャスティング、スタッフの指示など深夜まで働かないといけない事が多く、下積みのあいだは特にハードです。泊まり込みで仕事をしなければいけない事も多いですが、テレビプロデューサーの給与レベルは高めと言えます。

視聴率が良かったり、有名人と一緒に仕事ができるやりがいも大きな仕事です。

番組数に応じて給与もアップすることが多い

テレビプロデューサーの給与は、勤務期間に応じでアップすると言われています。経験を積んで多くの番組制作を担当するようになれば、高収入も期待できます。

男女でも平均給与に差がある

テレビプロデューサーは男女ともに人気のある職業ですが、厚生労働省の統計によると男性と女性では平均給与に差があります。比率で言っても男性の方が圧倒的に多く、男女関係なくプロデューサーとして同じ仕事内容をこなす必要があります。

男女で給与に差が出やすいのは女性の場合には結婚や出産で現場を離れるケースが多いためと言えます。ですが一時現場を離れてテレビプロデューサーとして職場復帰している人もいます。

さらに女性の場合は、女性ならでのアイディアや発想で番組企画を作る事ができることで、男性が圧倒的に多いプロデューサーの世界では需要が高いです。平均給与には差がありますが、女性の魅力を活かした企画が出来る事は大きな強みと言えそうです。

求人を探す際は給与以外の手当もチェック

テレビプロデューサーの統計では、給与とは別に支給される賞与もチェックしておく必要があります。

一般的な企業では年に2回の賞与が支払われる事が多いですが、テレビプロデューサーの場合には年4回の賞与が支払われる事もあるようです。企業によってはボーナスの支給自体がない事もあるので、ボーナス事情には差があります。

年代によっても平均給与に差がある

テレビプロデューサーの平均給与は一般的な仕事と比べると高めの傾向にありますが、年代によっても給与には差があります。

20代の平均給与は約53万円と言われています。30代の平均給与は約70万円、40代になると約83万円とされています。20代の年収もかなり高額になっていますが、年齢を重ねて経験をつける事でさらに高額になるテレビプロデューサーの給与です。

地方局よりキー局のほうが給与は高め

テレビプロデューサーが務めるテレビ局は、地方にも多く存在しています。キー局はフジテレビなど放送におけるネットワークの中心となる放送局の事で、キー局の方が給与は高い傾向にあります。

経験や実績によっては給与アップにつながることも

テレビプロデューサーの給与は一般的に見て高額ですが、高い実力があれば大幅な給与アップが見込める仕事です。

経験がモノを言うテレビ業界では、センスや実力があれば番組も多く担当する事が出来るようになります。担当する番組の視聴率が良ければ、テレビプロデューサーとしてさらに高い給与を得られるでしょう。

資格取得が給与や手当に反映されるケースも

テレビプロデューサーの仕事は経験主義の世界と言えますが、資格を取得しておく事で給与アップにつながる可能性もあると考えられます。ただし、働く放送局によっても異なります。

テレビプロデューサーになる前に、アシスタントディレクターやディレクターとして経験を積む事で海外ロケに対応できるように語学力の資格を取得したり、デスクワークを効率よくするためにオフィスに関する資格を取得すると良いでしょう。資格を取得する事は有意義な事と言えます。

テレビプロデューサーの年収統計

テレビプロデューサーの年収は1000~1300万円前後

テレビプロデューサーの平均年収を、厚生労働省の統計一覧の平均給与と年間賞与から算出すると、約1169万円になります。

新人の場合月々の給与が30万円〜であれば、年収は400万円台になりますが、経験を積む事で飛躍的に年収はアップして、テレビプロデューサーの一般的な年収は1000〜1300万円程度と言われています。

下積み期間が長くテレビプロデューサーに上り詰めるまでは長期的な期間が必要で、テレビ業界は多忙なため、肉体的にもハードな仕事内容になります。それでもハードな仕事内容と比較すると年収レベルは高い傾向にあると考えられます。

実力があれば平均給与以上の給与や年収の可能性も

テレビプロデューサーの平均給与は高い傾向にありますが、平均以上の給与や年収を稼いでいる多くの人は、経験もさる事ながら実力がある人のようです。

テレビプロデューサーとしての実力とは、いかに視聴者に分かりやすく的確に斬新な視点で形に出来るかという事。番組制作に欠かせないディレクターやアシスタントディレクターをまとめる事も大切。

担当した番組は次の日に視聴率が発表されるので、視聴率が良い多くの番組を担当する事によって、年収1500万円以上を目指すことも夢ではありません。実力をつけて平均以上の年収を獲得するには、経験を積み誰もが思いつかない斬新な企画力が必要になります。

もちろん、運に左右される事もあるかもしれません。成功の道は簡単ではありませんが、地道な努力を重ねる事が大切と言えそうです。

テレビプロデューサーの給与・年収まとめ

テレビプロデューサーの年収レベルは高め。やりがいも得られる仕事

テレビプロデューサーの平均給与や年収レベルは、精神的・肉体的なタフさも求められる仕事内容と比較すると高めの傾向と言えます。

経験がモノをいう世界であるため、実力がつけば担当する番組が増えて給与アップも見込めます。テレビプロデューサーという職業は、伝えたいという強い情熱と努力を続ければ自分の理想が叶うかもしれない、夢のある仕事と言えるでしょう。

テレビプロデューサーの参考情報

平均年収1000万円~1500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

テレビプロデューサーの関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB