テレビプロデューサーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

テレビプロデューサーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

番組制作の統括であるテレビプロデューサーになるには、番組制作に関する知識や技術、センスを磨く以外に精神的にも肉体的にも強さが必要です。このページでは、テレビプロデューサーになるために求められる適性や、向いている人の特徴、テレビプロデューサーになるための学校選びなどの情報をまとめました。

テレビプロデューサーになるには何が必要?

テレビ番組を好きな気持ちと、番組を通じて思いを伝えたいという情熱が大事

テレビプロデューサーになるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まずは伝えたいという情熱を持ち続ける事が一つです。

華やかに見える職業ですが、単に伝えたいというだけではテレビプロデューサーを目指すことは出来ても続けることは難しいかもしれません。体力的にもかなりハードですし、過酷な労働条件のなかで地味な作業や日々の努力によって成り立っています。

テレビプロデューサーの仕事はモノづくりをする仕事であり、担当番組が報道やバラエティー、ドキュメンタリーなどどんなジャンルでも視聴者に伝えたいという情熱が大切です。

的確な指示が出来ることも大切

最近ではテレビを視聴する人が少なくなっている傾向にあります。制作費削減で豪華な番組を作りにくくなったことも原因と言えるでしょう。

ですが、人気ドラマやバラエティーなど人気を誇っている質の高い番組は多く制作されています。人気番組は番組の内容次第なので、全てを統括するプロデューサーが指揮を取る必要があります。良い番組企画を生み出すために的確な指揮が取れる事がテレビプロデューサーに求められます。

判断力もテレビプロデューサーの大切な要素

テレビ制作の上で担当するディレクターや放送作家が質を上げるためにお金のかかるアイデアを出す事は多いと言われています。

番組を作るのはお金がかかるものですが、本当にお金をかけて番組を作る必要があるのかという事を見極める判断力が大切。削減されている製作費の現状も考えて、有効にお金を使うための判断力がある事がテレビプロデューサーに求められます。

体力も必要なテレビプロデューサーの仕事

テレビプロデューサーの仕事はかなりハードなので、基礎体力がしっかりある事も重要です。番組を作るために多くの人を動かして、企画会議や予算の配分なども行います。

当然総合的な責任もかかってきます。夜遅くまで仕事をすることも多く、その日は帰れないこともあり長時間労働になりやすいです。より良い番組を制作するためにも体が資本。自己管理を行い、体調を崩さないようにする事も大切です。

絶対必要ではないがテレビプロデューサーに関する資格があるほうが有利

テレビプロデューサーとして業務に就くには必要な資格は特にありません。一般的にADからディレクター、アシスタントディレクターなどを経験してからテレビプロデューサー職に就くことになります。

テレビプロデューサーとして海外のロケなどを担当する事もあるので、TOEICや実用英語技能検定の資格を取得する事がおすすめです。

テレビプロデューサーに向いている人、適性がある人

テレビプロデューサーになるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

まとめる力はテレビプロデューサーの適性のひとつ

テレビプロデューサーに求められる適性として、まずは人をまとめる力が挙げられます。番組制作におけるリーダーがテレビプロデューサーです。ロケ現場やスタジオ収録を行うディレクターや番組制作の業務を行うアシスタントディレクターをまとめる必要があります。

チームで番組を制作している事からチームのメンバーが番組内容について迷うこともあるでしょう。そんな時にテレビプロデューサーはアドバイスをして的確に導く必要があります。スタッフをまとめたり、面倒見が良く、チームのメンバーを奮い立たせることが得意な人はテレビプロデューサーとしての適性があると考えられます。

お金を使い方が上手い人はテレビプロデューサー向き

テレビプロデューサーの主な仕事は限られた製作費の中で面白い番組を作り出すことです。質の高い番組を制作するにはお金が当然必要になってきます。ディレクターや放送作家の希望通りに製作費の中で番組を作り出すことは簡単な事ではありません。

担当する番組の製作費を上手くやり繰りすることで赤字を出さないように制作する能力が必要になります。お金の使い方が上手く、やり繰りが上手な人はテレビプロデューサーに向いています。

決断力がテレビプロデューサーに求められる

制作を統括する立場としてテレビプロデューサーの決断力は大切です。タレントをキャスティングする際に、番組にそのタレントが出演して番組が盛り上がるかを考えないといけません。

タレントの知名度やセンスなどを考慮して番組のキャスティングを決める事になります。そのタレントを信じてキャスティングする決断力を持っている人は面白い番組制作が出来るテレビプロデューサーと言えるでしょう。

気持ちを盛り上げる事が上手い人

テレビプロデューサーは番組制作の統括をする立場としてリーダー的な立ち位置です。偉そうというイメージがあると思いますが、実はそうではありません。テレビプロデューサーは一番周りに気を遣う事が出来て機転の利く人が多いです。

現場で指揮を取るディレクターやスタッフやタレントなど番組に関わる人が気持ちよく仕事が出来るように気持ちを盛り上げる事もテレビプロデューサーの仕事。より良い番組制作に関係者の気持ちを考えて盛り上げる事が出来る人はテレビプロデューサーに向いています。

冷静に難しい事を楽しめる人

テレビプロデューサーの仕事の醍醐味は難しさを克服することも挙げられます。テレビプロデューサーは統括する立場としてある程度自分の好みで番組を作ることが出来ます。自分の意見を反映させて番組を作ることが出来る反面、責任が重いという難しさもあるのです。

管理する立場として思い通りになる楽しさと思い通りにならない難しさを感じる事になります。テレビプロデューサーとして思い通りにならないことも多く、そんなときにもめげずにどうすれば良いのかと解決策を冷静に考える人がテレビプロデューサーとして適性があると言えます。

テレビプロデューサーになるための学校

テレビプロデューサーなるために学校に通う事は、自分と同じようにテレビプロデューサーを目指す仲間に出会えるという事。テレビ局に採用される倍率もとても高い事からライバルとして仲間に出会えることは良い刺激になるでしょう

映像制作の基礎が学べる専門学校

テレビプロデューサーになるために、専門学校に通う人もいます。テレビプロデューサーはいきなりなれるわけではなく、アシスタントディレクターやディレクターなどで番組制作の経験を積む事でテレビプロデューサーの道が開けます。

専門学校に通う事でドラマや映画、バラエティ番組を実際に制作する実習や歴史などを学ぶことが出来ます。専門学校に通う事で、テレビプロデューサーとして必要な基礎知識を学び、スキルを身につける事が出来るでしょう。

サポート内容を比較して学校選びを

テレビプロデューサーになるための専門学校は全国にあり、選択肢は豊富にあると言えます。学校によっては現役のテレビプロデューサーの指導を受けられる授業が用意されていることがあります。現場の雰囲気に近い環境で学ぶことが出来て、質疑応答などでテレビプロデューサーとしての不安を解消することも出来るかもしれません。

就職サポートが手厚い学校であれば、卒業後の進路も安心することが出来ます。就職率が高い専門学校を選ぶことも専門学校選びのポイントになりそうです。

大学でもテレビプロデューサーになるための勉強が可能

テレビプロデューサーになるために学校に通う選択肢として専門学校以外に大学で学ぶことも一つの方法です。テレビプロデューサーになるには映像学や演劇学、舞踊学や経済学を学ぶことが大切になりそうです。

また、大学を卒業してテレビプロデューサーを目指すのであれば有名国立大学などの難関大学を卒業しておくとなりやすいと言えるでしょう。採用試験に合格しなければテレビ局に勤める事が出来ないので、ある程度以上の有名な大学を卒業しておくこともポイントになりそうです。

テレビプロデューサーになるには?まとめ

まずは情熱や健康な体がテレビプロデューサーを続ける原動力に

伝えたいという情熱と体力。テレビプロデューサーになるには、どんなに仕事がハードでも続けられる力が必要です。加えて、判断力や人をまとめる力がある人は番組制作の統括である立場のテレビプロデューサーの仕事で強い武器になると考えられます。

テレビプロデューサーへの道はADやAPを経験して開けるものです。専門学校や大学で映像制作についての知識を学ぶことが大切と言えます。

テレビプロデューサーへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

テレビプロデューサーの参考情報

平均年収1000万円~1500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

テレビプロデューサーの関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB