サウンドクリエイターの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

サウンドクリエイターの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

音の専門家、サウンドクリエイターとして働くうえで、資格や試験に合格していれば就職や転職に有利に働く可能性はあります。このページでは、サウンドクリエイターに関連する資格のMIDI認定試験の情報などを紹介していきます。

サウンドクリエイターに役立つ資格「MIDI検定」

MIDI検定とは、電子音楽の規格を活用するための資格

社団法人音楽電子事業協会が行っている認定試験がMIDI検定です。MIDIとは電子音楽の標準規格のことで、MIDIに関する知識や能力を持った人材育成を目的としているのがMIDI検定です。

具体的にコンピューターを使って音楽を活用して制作や編集をするための資格になります。サウンドクリエイターとしては取得しなければ業務につけない資格ではありませんが、MIDI検定の資格を取得しておくとゲーム音楽関連の資格としておすすめです。

あらゆるシーンで音楽を活用できる

MIDI認定を取得することで、オリジナルの曲の制作や通信カラオケデータの作成、ゲーム音楽を作成する技能を身につけられます。ネット配信や携帯プレーヤーなどあらゆるシーンで音楽をフル活用することが可能になります。現代の社会において、便利に活用することができます。

MIDI検定の試験概要

合格率 級によって合格率は異なる
受験資格
  • 3級 特になし
  • 2級 3級の合格者
  • 1級 2級の合格者
受験費用
  • 1級 19,440円
  • 2級1次 5,500円
  • 2次 13,200円
  • 3級 3,300円
出題範囲
  • 3級 MIDIの基礎、MIDIメッセージ、ノートデータ、コントロールデータ、システムメッセージ、MIDIの知識
  • 2級 設定、企画、音色、表現、効果、同期
  • 1級 課題曲楽譜の作成

級によって難易度は異なる。十分な試験対策を

MIDI検定は筆記試験と実技試験の2つがあり、4級から1級までランク分けされていて、4級と3級はMIDIとミュージックメディアに関連する知識をはかります。

3級 2級 1級
合格率 62% 58.4% 31.3%

級によって難易度は異なり、合格基準は100点満点中80点以上になります。3級の合格率は約62%、2級の実技試験は58.4%、2級の筆記試験は58.4%になっています。1級になると合格率はぐっと下がり、31.3%になっています。

4級の資格取得はAMEI認定者のセミナーを受講するだけで取得ができますが、1級や2級の取得には音楽を効率よく伝達するためのMIDI規格を十分に理解して活用するための学習が必要になるでしょう。

級に合わせた学習をしよう

MIDI認定は、級によって出題範囲も異なるので、それぞれの級に合わせた学習方法が大切です。

4級は入門クラスで講座を学んだ後に試験を受けることができます。2級と3級については、認定指導者によるMIDI2級・3級講座が全国で開催されています。受験する講座を選んで受講する学習方法が良いでしょう。受験対策セミナーも開催されているので積極的に利用してみてください。

また、音楽電子事業協会から検定試験のガイドブックが購入できるのでテキストとして利用すると良いでしょう。過去問は公式ホームページに掲載されているので試験勉強で積極的に利用することをおすすめします。

1級に関しては課題曲を任意の環境で制作して提出する特殊なものです。自宅での制作もできますが、1級の実施試験対策として過去の課題曲セットが販売されているので購入が可能です。

その他のサウンドクリエイターに関連する資格

サウンドクリエイターに関する資格はさまざま

MIDI認定の資格以外にもサウンドクリエイターに関する資格はいくつかあります。

サウンドクリエイターになるための特別に必要な資格はありませんが、幅広く活躍したい人は資格取得は有意義なことといえるでしょう。

  • サウンドレコーディング技術認定試験
  • ProTools技術認定試験
  • 映像音響処理技術者認定試験

一覧にあるサウンドレコーディング技術認定試験は、音楽的な素養と機器操作・技術的な要素が必要になる資格です。レコーディング技術だけじゃなく音楽に関係する仕事において、重要な資格であるといえます。

ProTools技術認定試験は、技術をA〜Eのランクで発表するもので、技術レベルの指針とすることができます。音楽の録音・再生技術を身につけることができます。

映像音響処理技術者認定試験は、番組やコンテンツなどを手がける際に必要な知識や技術を証明する試験です。取得しておくとサウンドクリエイターとして幅広い活躍ができると考えられます。

他にも、楽器演奏やマルチオーディオ業務などの実務経験があると就職に有利とされています。

サウンドクリエイターに役立つ資格・技術を学べる学校

神戸電子専門学校

神戸電子専門学校は60年の歴史を持っています。多くの業界の企業と連携体制を確立していて、400社以上の説明会やセミナーを実施しています。

理想の就職をバックアップしてくれるのは大きな魅力です。サウンドクリエイターを目指す人にサウンドクリエイト学科やサウンドテクニック学科があります。多くのジャンルの音作りに必要な創造力と技術の習得でサウンドクリエイターを目指すことができます。

1年次では楽曲制作やレコーディング、音響効果などの基礎を学び、音作りについて重要なことを学びます。2年次にはクオリティの高い楽曲作成を目標にして技術を磨きます。

豊富な知識や実績のある講師陣が魅力的

神戸電子専門学校では実務経験や指導経験の豊富なプロフェッショナルが揃っています。現役のサウンドクリエイターで活躍する専門講師も在籍しています。

業界の現場を知っている教員が実務レベルの指導から心構えまでしっかりと教育してくれます。業界についての就職相談も行っているので、サウンドクリエイターになるにあたっての不安も解消してくれます。

神戸電子専門学校では、各クラスに担当教員を置くクラス制を採用していて、それぞれの個性や目標、熟知度まで手厚くサポートしてくれます。不安がない環境でのびのびと学習できる環境とサポートが魅力的です。

東京工学院専門学校

東京工学院専門学校は、情報やビジネス、クリエイターなどの分野に多彩な学科を持つ総合学院です。現場に即した実務教育が魅力的で、少人数制で学生一人ひとりに丁寧に指導していきます。

少人数制ということから、機材などに触れる機会も多く、本格的な設備で基礎からじっくりと実習に打ち込むことができます。サウンドクリエイターを目指す人のために音響芸術科が設けられていて、音を耳で感じて手で作り出すスキルが養えます。サウンドクリエイターになるための資格も取得しやすい環境です。

手厚い奨学金サポートが魅力的

東京工学院専門学校では、チャレンジしたいという気持ちがある学生に対してサポートが充実しています。独自の奨学金制度や田中育英会奨学金制度や校友会奨学金制度などいくつも種類が用意されています。

入学後も就職への自信やアピールになる資格取得を積極的に支援しています。特定の資格に合格した学生に対して奨学金を支給する制度もあります。手厚い奨学金のサポートによってサウンドクリエイターを安心して目指すことができます。

サウンドクリエイターの資格・試験まとめ

サウンドクリエイターになるならMIDI認定の試験合格を目指そう

サウンドクリエイターの仕事自体は特別な試験や資格に合格していなくても業務につくことは可能ですが、資格を取得した方が転職などに有利になる可能性は高いです。MIDI認定試験に合格すれば、コンピューターを使って音楽を活用することで制作や編集ができる知識やスキルの証明に役立ちます。

サウンドクリエイターに関連する資格試験は、他にも多くの試験が行われています。まずはMIDI認定試験の合格を目指しつつ、自分の理想となるサウンドクリエイターに役立つ資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

サウンドクリエイターの参考情報

平均年収400万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

サウンドクリエイターの関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB