化学メーカー社員の仕事内容は?私たちの生活に必要なさまざまな製品の材料を作る

化学メーカー社員の仕事内容は?私たちの生活に必要なさまざまな製品の材料を作る

化学メーカーと聞いても、その社名や商品を思い浮かべることができる人はそれほど多くないでしょう。しかし、私たちが日常的に使っているさまざまな製品の素材となる材料を作る仕事をしている、社会になくてはならない会社です。本記事では、化学メーカー社員の具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

化学メーカー社員とはどんな仕事?

化学製品や工業製品の素材・材料となる商品をつくる仕事

化学メーカーは、さまざまな製造業で作られる製品の素材となる材料を、原料を化学反応させて加工・作成する仕事を行う会社です。

具体的には、仕入れた原材料を合成・分解・重合反応などといった形で化学変化させたり、分解・精製操作などの作業を行ったりして作りだした製品を化学関連や工業分野の事業を行っている企業に提供しています。

化学メーカーによって作られる製品としては、医薬品や化粧品、ゴム製品、アルミやガラス、セメントなどが代表的なものといえるでしょう。

化学メーカー社員が担当する仕事

化学メーカー社員は、所属する部署によって担当する仕事が分けられます。

具体的に担当する仕事は、既存の自社商品を改良したり新しい素材を開発したりする「研究・開発」、研究開発によって生み出された商品を生かすためのマーケティングを行う「企画」、自社商品の特性や用途・扱い方などを各メーカーや海外に向けて伝える「技術営業・技術サービス」、製造に必要な原料の調達を担当する「購買・物流」、商品の製造を担当する「生産技術」、完成した商品の品質を確認する「品質管理」、自社製品を顧客である企業に売り込む「営業」などです。

化学メーカー社員の具体的な仕事内容

研究・開発

研究・開発担当の仕事は、既存の自社商品を改良したり、新しい素材を作り出すための研究を行ったりするものです。

既存の自社商品の改良は、顧客からの要望を受けて行う場合が多く、うまく改良できれば顧客から喜んでもらうことができ、自分が開発した商品が実際に生かされ、会社の利益につながっているという実感が得られます。

一方、新しい素材を作り出す研究・開発では、求める素材を生み出すための研究が長期化し、先が見えないこともあります。さらには、せっかく生み出された商品の用途が与えられず、開発が無駄に終わってしまうこともあります。

しかし、何10年か経ってから、その商品が持っている特性が、新しい業界の製品のために求められる場合もあるのが、研究・開発分野の仕事のおもしろさと言えるかもしれません。

企画

企画では、研究・開発によって作り出された自社商品の機能や性能を、最大限に発揮させるための用途を考案するなどして、マーケティングを行います。新しい「素材」や「製品」が広く用いられるために、市場の開拓を行う仕事です。

技術営業・技術サービス

自社商品の機能や性能を生かした活用方法を広く伝えるために、国内外で商品セミナーを行うなどの業務を行います。一般の営業とは担当が分けられていることも多く、主にベテランの研究・開発担当者など、自社商品についての詳細な知識を持っている社員がこの業務にあたります。

技術力の低い海外に向けて指導のために赴くこともあり、セミナーや指導に必要な詳しい商品知識はもちろん、適切に説明するための語学力も必要です。

購買・物流

自社の商品を製造して販売するためには、工場や機械などの必要な設備を整えたり、膨大な量の原料を調達したりしなければなりません。

製造に必要な機械設備を購入して設置する仕事を行ったり、海外から調達されることもある原料の必要量を確保するため、運搬をいかに効率的に行うかを考えたりするという業務もあります。

生産技術

商品の製造に必要な機会設備が整い、原料が調達されると、いよいよ生産が行われます。生産では、原料を加工し、実際に顧客に販売するための素材や製品にする仕事を行います。

生産技術の担当者は、生産計画の立案や、実績管理、生産コストの管理、コスト削減の推進などといった業務を行います。

品質管理

品質管理担当は、完成した商品の品質を確認する業務を行っています。

化学メーカーでは、工場内で機械による量産体制が取られている場合が多いのですが、機械に任せていれば、完璧な商品ができるわけではありません。

機械の作動の不具合などによって、品質の悪い商品ができることもあるので、人の目で品質の確認を行う必要があります。

もしも低品質の商品を流通させてしまえば、企業の信用を失うこともあるため、品質管理は企業の信用を守るための重要な業務です。

営業

営業では、自社が開発した「素材」や「商品」を顧客に宣伝し、販売する仕事を行っています。

化学メーカーにとっての顧客とは、自動車などの工業製品の部品メーカーや、衣料品メーカー、製薬会社や化粧品会社などの企業が当てはまります。

化学メーカーの営業担当者は、製品を宣伝して販売するだけでなく、顧客のニーズを踏まえてそれに合わせた提案を行う必要があります。

自社が持っている既存の商品を販売するだけでなく、顧客が抱えている悩みや課題を解決するための素材となる商品を提案することも求められます。

そのためには.市場の変化に目を配り、自社商品の機能や性能などの特性を熟知して、顧客側の担当者とのコミュニケーションの中でそのような話題が出たときには、すぐに提案できるようにしておくことが重要となってきます。

化学メーカーの営業担当者は、自社商品の販売だけでなく、企画業務にも通じるスキルを持つことも必要だといえるでしょう。

化学メーカー社員の仕事やりがい

専門分野におけるプロフェッショナルとして仕事ができる

化学メーカーでは、その分野の専門家として、知識豊富な「プロフェッショナル」といえる人たちが多数集まっています。自分が担当する分野について、高い専門性を持ち、そのような人々との関わりによって自らを高め、成長を実感できる職場です。

日常の業務で、知識欲や向上心がある人たちと関わりを持つことで、お互いに切磋琢磨し合い、自分を高めていくことができる、そのような環境の中で仕事ができることは、化学メーカー社員の仕事のやりがいであるといえるでしょう。

作った商品で社会に貢献できる

ものづくりの仕事の魅力は、何と言っても、自分たちが作った製品が、実際に誰かに活用されることです。特に化学メーカーで作られる素材や材料は、人々の生活の中で使われる様々な製品を製造するために利用されます。

それらの製品の用途は、人々があたりまえのように日常的に使っている、生活に必要不可欠なものばかりです。

化学メーカーの社員にとって、自分たちが作った製品が、毎日のように人々の生活の役に立っているという喜びをいつも味わうことができるのも、この仕事ならではの魅力と言えるでしょう。

グローバルな活躍ができる

化学メーカーが製造する商品は、さまざまな産業の基盤となるものばかりです。そのため、多くの分野の業界の企業と取引を行うことができ、広い視野を持って、幅広い仕事を行うことができます。

また、グローバル化が進むこの時代において、積極的に海外事業に進出し、ビジネスを拡大させようとする化学メーカーの企業も増えています。

そのような視野を持つ企業では、海外顧客の獲得や海外を拠点とした事業計画の立案と実施、現地工場の立ち上げなど、世界各地を拠点とした仕事ができるチャンスにも出会うことが可能です。

これまでは、安定志向の傾向が強い職場が多いとされていた化学メーカーですが、これからは世の中のグローバル化や、社会の変化に対応するための変革が進むことが期待されます。

海外で仕事をしてみたい人や、新しいことにどんどんチャレンジしたい人にとって、化学メーカー社員の仕事は、やりがいのある魅力的な仕事になっていくかもしれません。

化学メーカー社員の仕事内容まとめ

幅広い分野で人々の生活を支えるために必要な製品の素材を提供する仕事

化学メーカーで作っているものは、人々の生活を支えるために必要な製品を製造するための材料として利用されるものです。化学メーカーでは、研究・開発や生産・営業などの担当に分かれてそれぞれの仕事が割り当てられています。

化学メーカー社員は、自分の会社で作ったものを顧客である企業に提供することで、社会に貢献するという共通の目的に向かって、それぞれが自分の役割に応じて日常の業務を行っています。

化学メーカー社員への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

化学メーカー社員の参考情報

平均年収600万円~700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

化学メーカー社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB