サウンドクリエイターの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

サウンドクリエイターの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

ゲームやアニメ、映画などさまざまなサウンドを作るサウンドクリエイター。サウンドクリエイターは実力主義で、経験やスキルによって年収が決まるケースが多く、人それぞれ年収額が大きく異なります。このページでは、サウンドクリエイターの平均年収や平均給与などをご紹介します。

サウンドクリエイターの初任給

サウンドクリエイターの初任給は20万円前後

サウンドクリエイターの初任給は約20万円となっています。一般的には大学や専門学校でサウンドクリエイターに必要なスキルを学び、ゲームメーカーなどに就職します。

新卒入社であれば他職種と変わらず初任給は20万円前後ですが、中途入社であれば過去の経験などによって初任給が変わるため、20万円より高額になる場合が多いです。

新卒でも高額な初任給が貰える可能性あり

新卒入社の多くは未経験からのスタートになるので、当然初任給は低くなります。しかし、専門学校などでサウンドクリエイターに関する高度な専門スキルを学んでいたり、アルバイトでサウンドクリエイターとして仕事をしたことがある学生は、即戦力を求めるレベルの高い企業に就職できることが多いです。

新卒から即戦力を求めるようなレベルの高い企業は、その分初任給も高い傾向にあり、後ほどご紹介するサウンドクリエイターの平均給与額と同程度貰える場合もあります。学生のスキルや企業によって初任給の額が異なるため、就職前にしっかり確認しましょう。

過去の経験やスキル次第で初任給アップも

中途採用の場合、過去の経験や選考時点で所有するスキルによって初任給の金額が異なります。例えば、過去にゲームメーカーなどでサウンドクリエイターとして働いた経験があり、中途入社でも即戦力になれる人材であれば、ある程度の金額を保証してくれる企業が多くなっています。

逆に、完全未経験からサウンドクリエイターに転職する場合は初任給の金額が低くなる傾向にあり、入社後のポテンシャルを期待して採用してもらえるケースがほとんどです。そのため、未経験から転職する場合は初任給の金額にこだわりすぎず、入社後にスキルを身につけてからの昇給を狙うと良いでしょう。

サウンドクリエイターの平均給与

今回ご紹介するサウンドクリエイターの平均給与は、厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」 のデータを参考にしています。

平均給与は30万円前後

サウンドクリエイターの平均給与は30万円前後となっています。サウンドクリエイターは仕事の成果や実力で給与が決まることが多く、平均給与よりも大幅に高い金額を貰っているサウンドクリエイターもいれば、長い期間平均を下回る給与で働いているサウンドクリエイターもいます。

サウンドクリエイターとして給与アップさせるためには、地道な積み重ねで実績を作り、スキルアップすることが最善でしょう。

企業規模によって給与額が異なる

サウンドクリエイターの給与額は実力だけでなく、企業規模によってもある程度差が出ている傾向にあります。企業規模が大きいほど給与額が高く、ベンチャー企業は給与額が低いケースが一般的です。

もちろん、ベンチャー企業でも大手と変わらないくらいの給与を貰える場合もありますし、大手企業でもさほど給与額が高くない場合もあります。しかし、一般的な傾向として大手企業の方が、給与額が高いので、給与アップを狙う方は大手企業への就職、転職を視野に入れてみてもいいでしょう。

求人は給与以外もしっかりチェック

就職や転職のときは、ついつい給与額ばかりに目が行ってしまいますが、給与以外にもしっかり目を通し、気になる点は面接時に確認しましょう。サウンドクリエイターにも、ゲームのサウンドを作る仕事、映画のサウンドを作る仕事、アニメのサウンドを作る仕事など、企業によってどの分野のサウンドを作っているかが異なります。

特定分野のみのサウンドを作っていて、特定分野のサウンドを作る技術を深く身につけられる企業もあれば、多分野のサウンドを作っていていろいろな分野のサウンドを経験させてもらえる企業もあります。

せっかくサウンドクリエイターとして就職できたのに、やりたい仕事ができなかったら残念ですよね。自分がサウンドクリエイターとしてどんな仕事がしたいのかを明確にし、それを実現できる企業に就職することをおすすめします。

そのためにも、仕事内容や職場環境、福利厚生などをしっかり確認し、自分の希望とマッチするか見極めることが必要になります。

サウンドクリエイターの平均年収

今回ご紹介するサウンドクリエイターの平均年収は、平均給与と同じく厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」 のデータを参考にしています。

平均年収は500万円前後

サウンドクリエイターの平均年収は500万円前後です。サウンドクリエイターの年収は年齢やスキル、雇用形態、性別によって金額が異なるので年収額は人それぞれですが、ある程度経験を積んだサウンドクリエイターは500万円前後貰っていると考えてよいでしょう。

雇用形態や性別によって年収に差がある

サウンドクリエイターは正社員として企業に勤めるだけでなく、アルバイトやフリーランスなど雇用形態によってかなり差が出てきます。時給制アルバイトとして働くサウンドクリエイターの平均年収は200万円前後ですし、年収1,000万円以上のフリーランスサウンドクリエイターもいます。

サウンドクリエイターとしてスキルをつけるために、まずアルバイトから始めることは良いことですが、早めに正社員として働くことを考えた方が良さそうです。また、正社員としてある程度の期間働き、実力がついたらフリーランスとして独立する人もいます。

フリーランスは年収金額の幅が広く、ほとんどは300万円から1,000万円以内に収まっています。正社員として働いた経験を活かしてフリーランスに転身し、うまく仕事を貰えると年収1,000万円も可能な仕事です。しかし、年収アップを期待してフリーランスに転身しても仕事がもらえないと収入も増えないため、正社員時よりも年収が下がるケースも多く見られます。

フリーランスのサウンドクリエイターに転身するときは、フリーランス転身後のことをよく考えてからにすると良いでしょう。

男女の年収比較

また、男女の年収を比較すると、男性サウンドクリエイターの平均年収は550万円を超えているのに対し、女性サウンドクリエイターの平均年収は400万円ほどとなっていて、男性サウンドクリエイターの方が、年収が高い傾向にあります。

これは、女性は出産や育児によって休みを取り時短勤務をする場合が多いために、男性より女性の年収額が低くなってしまっていると考えられます。そのため、出産や育児をしていない女性サウンドクリエイターは男性とあまり変わらない金額の年収を貰っていることがほとんどです。

実力次第で年収大幅アップも

サウンドクリエイターの年収は実力主義で決まる企業が多く、若いうちから年収が大幅アップすることも少なくありません。若くてもスキルがあって仕事で成果が出せる人は高額な年収を貰っていますし、経験年数が長くても仕事であまり成果を出せていない人は年収があまり上がらない場合が多くあります。

企業によっては年功序列で年齢に応じて年収が決まる阿合もありますが、サウンドクリエイターなどのクリエイティブな職種は実力主義で年収を決める企業が増えてきているため、スキルアップをすることが年収アップの近道と言えるでしょう。

もし未経験であっても、何かしら自分でサウンドクリエイターの勉強をし、ある程度スキルを身につけた状態で就職や転職をすれば、全く勉強もしていない状態での就職・転職よりも給与や年収の金額が高くなる可能性もありますし、採用に有利です。

つまり、年収をアップさせるには日々の勉強を怠らず、スキルアップに励むことが大切です。

サウンドクリエイターの給与・年収まとめ

実力次第で高額な年収がもらえる

サウンドクリエイターは、その人が習得しているスキルや仕事の経験値などによって大きく年収が異なる場合が多いです。

実力主義の企業であれば、頑張り次第でどんどん年収がアップするため、やりがいも感じられるでしょう。サウンドクリエイターとして働くうえで、日々勉強を続け、スキルアップに励むことが収入アップを考える上で大切です。

サウンドクリエイターの参考情報

平均年収400万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

サウンドクリエイターの関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB