品質保証になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

品質保証になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

メーカーの商品や食品を適切にチェックして保証する品質管理になるためにはどんなスキルなの必要なのでしょうか?今回の記事では品質保証に必要な能力やスキルについてまとめました。また品質保証になるためのおすすめの学科選びについてもまとめています。

品質保証になるには何が必要?

専門的な知識を持っていることは重要

品質保証の仕事は、製品やサービスが要求された一定の品質を保っているかを確認して保証する仕事です。品質保証が扱うものには、設計や製造、開発やサービス、実装や文章などがあります。そのため品質保証になるには、保証を確認できるための幅広い知識が必要です。

例えば食品を保証するためには、原材料についての詳しい知識が必要です。情報には、通常の原材料に加えて甘味料などの食品添加物や原材料に含まれるビタミンについての情報が正確であるかの確認が必要です。

さらには、そうした成分を取り入れることに問題はないのかのチェックも必要です。品質保証になるには、どんな分野でも対応できる知識を持っていることが大切です。

英語のスキルもあればベター

品質保証には、幅広い知識に加えて英語についての知識も必要です。品質保証が扱うものの中には、海外から取り寄せているものもあります。

海外の企画書は英語で表記されているため、内容を正確に理解できるだけの英語のスキルが必要です。内容によってはかなり高度で複雑なものもあるため、ビジネスでも使えるような英語力を持っていることは大切です。

ただし品質保証の仕事では、英語で会話することはほとんどないため、英会話のスキルについては求められることはありません。

メンタルの強さも品質保証に必要な能力

知識以外で品質保証になるのに必要な能力としてメンタルの強さがあげられます。品質保証は製品やサービスのデータを分析することが仕事ですが、その結果を正しく伝えることも重要な仕事の一つです。

場合によっては、商品や製品のクレームをして感情的になっている人を相手にしなければならない時もあります。そのため正しいことを正しいとはっきり伝えるための精神力が必要です。クレームなどはいつ起こるか予測ができないため、どんな時にでもすぐに対応できるように備えておくことが大切です。

観察力を身につけることは大切

品質保証が携わる分野は幅広く、製造から出荷までをチャックします。製造部分では原材料や部品の確認を行いますし、製造途中でも作業の工程の確認や改善を任されることもあります。さらに出荷前では品質に問題がないかの最終チェックを行います。

品質保証はミスやクレームを減らすために必要とされる仕事です。どんなミスでも逃さないための観察力を身につけることが、品質保証になるための重要な能力です。

品質保証に向いている人、適性がある人

慎重な人

品質保証になるためのスキルはいくつかありますが、まずは慎重にコツコツと仕事ができる人は品質保証に向いていると言えます。

品質保証がミスをするとリコールなどにも発展する恐れもあり、それによって会社に大きな損失を与えるリスクも抱えます。特に食品については、品質保証のミスによってアレルギー問題などの重大事故に発展する恐れもあります。そのため、与えられた責任をきちんと果たせる慎重な人が品質保証には向いています。

法規を守れる人

品質保証を守らなければならない分野として法規があげられます。製造における工程や製造された商品が、すべて法規に基づいたものでなければならず、それを確認するのは品質保証です。

法規には、通常の法律だけでなく社内法規もあります。会社で用意されたマニュアル通りにきちんと仕事がなされているかをチェックするのも、品質保証の仕事の一つです。守ろうという意識の高い人は品質保証に向いているでしょう。

フットワークの軽さも大切なスキル

品質保証に必要なスキルにフットワークの軽さがあります。品質保証は単に幅広い知識を持っているだけではありません。扱っている製品や商品の情報が新しくなったり改定されたりしたならば、それに対応しなければなりません。

品質保証は、常に最新の情報を得たいというフットワークの軽さが必要です。積極的に知識を取り入れることで、会社の従業員たちから信頼される品質保証になれます。

打たれ強いことは重要

品質保証の仕事は、毎日の与えられた業務を淡々とこなすというよりかは、イレギュラーで入ってきた業務に対応することがメインです。仕事によっては、大きな責任を任されることもありプレッシャーを感じることも少なくありません。

しかし場合によっては品質の保証にミスがあり、それによってお客様からのクレームを受けることもあります。クレームには「商品に異物が混じっていた」、「規格外の製品が入っていた」などケースはさまざまですが、適切な対処を取ることが求められます。

そのため、どんな状況でも精神的に落ち込まないで前向きに仕事をするための打たれ強さが必要です。

品質保証になるために役立つ学校・教室

希望するメーカーによって習得する専門的知識が異なる

品質保証で働くための特別な資格はありませんが、品質保証なるためには専門的な知識を持っていることが重要です。

希望する就職先のメーカーによって必要な知識は大きく異なります。食品会社への就職を目指すならば、化学や農学のついての知識を身につけていることが大切です。また精密機器会社への就職を目指すならば、機械工学や電気電子についての知識を身につけておくと良いでしょう。

希望する会社が決まっているのであれば、どの分野の知識が求められるのかを採用ホームページなどで確認できます。逆に大学に進学してから品質保証を目指すならば、先行している大学とマッチしている会社を対象に絞ることができるでしょう。

学科を選んで必要なスキルを習得する

専門学校や専修学校では品質保証になるためのカリキュラムを用意しているところもあります。講義や実習によって品質保証に必要な分析力を習得できます。目指すメーカーによって学科名が異なっているため、自分の進みたい就職先に合わせた学科を選ぶようにしましょう。

以下のような学部・学科名の場合は、品質保証を目指す人のためのカリキュラムが用意されていることがあるので、確認してみるといいでしょう。

  • 環境分析学科
  • 生命バイオ分析学科
  • 健康化学分析学科
  • くすり総合学科
  • 食品栄養科
  • 高度調理技術マネジメント学科

資格を目指して就職を目指すことも

品質保証になるための必要な資格はありませんが、企業によっては品質管理と兼任しているところもあります。品質管理には「品質管理検定」という資格があり、この資格を取得することで品質管理についての知識を持っていることを証明できます。

品質管理の知識は品質保証として働くために役立つ知識もあるため、状況によっては、品質管理についての勉強をしながら品質保証を目指すこともできるでしょう。

中途採用で品質保証を募集していることも

メーカーによっては、中途採用で品質保証を募集しているところもあります。品質保証には幅広い知識が求められるため、品質保証の経験者を求めることもあります。品質保証の仕事は、転職をしながらスキルアップを目指すことができる仕事です。

品質保証になるには?まとめ

幅広い知識は大切。どんな状況でも対応できるメンタルの強さがあるとベター

品質保証になるためには仕事を正確に行うための豊富な知識や優れた観察力が必要です。加えて英語などのスキルやどんな状況でも適切に対応できるメンタルの強さが求められます。

品質保証として働くための特別な資格はありませんが、就職を希望するメーカーの特定の分野についての専門的な知識は必要です。また品質管理の資格を習得して役立てる方法もあります。

専門学校や専修学校では品質保証になるためのカリキュラムが用意されているところもあります。即戦力としての就職を目指すにはおすすめの選択肢の一つです。

品質保証の参考情報

平均年収300万円~700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

品質保証の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB