不動産会社社員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

不動産会社社員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

不動産会社社員になるには、どのようなスキルや能力が必要なのでしょうか?基本的には、資格などがなくてもなれる職業ですが、情熱やコミュニケーション能力、さらに忍耐力や体力があれば採用されやすいです。本記事では、不動産会社社員になるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

不動産会社社員になるには何が必要?

不動産会社社員にはコミュニケーション能力が必要

不動産会社社員になるためにはいろいろな要素が関係しますが、まずはコミュニケーション能力が必要です。不動産会社社員の仕事は、部屋の紹介や案内、入居スケジュールの調整、契約書の説明などがあります。

不動産会社は住居という生活に大きくかかわる商品を提供しているため、部屋のメリットやデメリット、契約の条件などをはっきりと説明できなければなりません。年齢や性別に関係なく誰とでも上手にコミュニケーションができる能力は必要です。

不動産会社社員には忍耐力も重要

不動産会社ではいろいろな人とかかわりを持ちます。その中には、家賃などで無理な交渉をしてくる人や契約の段階で拒否をしてしまう人もいます。

さらには無理なスケジュールで部屋の入居を求めてくる人もいます。不動産会社社員は訪ねてくるすべてのお客様に公平に接しなければならないため、時には忍耐力が必要です。

会社内においても、契約のノルマを設定しているところもあり、プレッシャーを抱えながら仕事をすることもあります。特に春や秋の繁忙期には、不動産の契約に力を入れているところもあり、仕事がきつく感じることもあるでしょう。どんな状況でも仕事をこなすことのできる忍耐力は重要です。

情熱を持つことも大切

不動産会社の仕事は人々の生活にかかわることです。新築の建物やマンションの購入は一生の買い物になるため、不動産会社の仕事は大きな責任が伴います。

不動産会社社員には、お客様が気持ちよく建物や土地を取得できるように精一杯のお手伝いをしたいという強い情熱が必要です。マンションやアパートの賃貸にかかわり、お客様の生活の基盤を陰で支えていきたいという思いを持つならば、仕事を続けていくことができるでしょう。

不動産会社社員は体力も必要とする仕事

不動産会社社員は、受け持つお客様のスケジュールに合わせて仕事をします。複数のお客様を抱えているなら、時間が被らないように上手にスケジュールを組みながら仕事をします。

お客様の中には日中は仕事のために、平日の夜や休日にしか時間を取ることができない人もいます。そのような場合でも、可能な限りお客様の都合に合わせて予定を組みます。場合によっては夜の遅い時間まで仕事をしたり、休日出勤をしたりすることもあります。不動産会社社員として働くためには、ある程度の体力が必要です。

不動産会社社員に向いている人、適性がある人

パソコンが使用できる人

不動産会社ではパソコンのスキルを必要とします。不動産会社では以下の作業でパソコンを使用します。

  • 物件情報の検索
  • 書類の作成
  • 領収証の作成
  • 店頭広告の作成
  • 店頭広告の作成
  • 間取り図の作成
  • ビジネスメールの使用

不動産会社で働くためには、ワードやエクセルなどのソフトを使いこなせるスキルや検索サイトを使って必要な情報を探し出しだせる能力が必要です。パソコンでの作業が苦手な人は、不動産会社へ入社した後に苦労することもあります。

地域の情勢に詳しい人

不動産会社はお客様の希望に沿った物件を紹介します。その際には、ただ物件を紹介するのではなく、地域の環境や交通のアクセスを紹介できる知識が必要です。

該当する物件に関して、どんな人に向いているのか、仕事場までどんな交通手段で通えるのか、付近にスーパーマーケットやコンビニエンスストアがあるのか、周辺には幼稚園や学校があるのかなどを説明できれば、お客様に信頼してもらえます。

不動産や法律の知識は不動産会社で働くのに必要

不動産会社で働くには不動産や法律の知識が重要です。不動産取引では金融、保険、建築などの法律が関係していることがあります。もし、いい加減な対応や説明をすると責任問題にまで発展することもあるので、トラブルにならないためにも法律に関する知識は必要です。

また、不動産会社社員は不動産に関する知識の習得も必要です。不動産に関する知識は幅広く、賃貸や売買、開発や管理など、担当するジャンルによって必要とする知識は変わります。そのためお客様に分かりやすく情報を提供できるように一つ一つを学んでいかなければなりません。

交渉力も大切な要素

判断力は不動産会社で働くための大切なスキルのひとつです。不動産会社社員は、建物のオーナーと部屋の借主の仲介役を務めることもあります。部屋の借主はなるべく安い値段で部屋を借りたいですし、建物のオーナーとしてなるべく高い値段で借りてもらいたいと思っています。

賃貸契約を締結するためには、不動産会社社員が上手にバランスをとってお客様に納得してもらうよう交渉しなければなりません。そのため、不動産会社社員は交渉力を持っていると働きやすくなることでしょう。

不動産会社社員になるための学校・教室

不動産業で働くために、学校に通うという選択肢を選ぶ人もいます。学校では不動産会社社員として働くための知識や技術を身につけることが可能ですし、不動産会社への就職を目指す仲間と励ましあいながら切磋琢磨できます。

不動産会社への就職を目指すためにビジネスの専門学校に通う人も

不動産会社社員への就職を目指す人は、ビジネスの専門学校に通う人が多いです。不動産会社で働く場合は、簿記や会計や税法などの知識を習得していると就職を有利にできます。ビジネスの専門学校では、不動産で必要なそうした知識をより実践的に身につけることができます。

建築の専門学校へ通う人も

不動産会社への就職を目指す人の中には、建築の専門学校に通う人もいます。不動産会社では、アパートやマンションなどの建物に関する基礎知識を持っていることも重要です。

基礎知識があれば、お客様に建物の構造や部屋の間取りなどを正しく説明できます。建築の専門学校では、土木工学や空間デザイン、インテリアデザインなどを中心に建築の基礎を学ぶことができます。

自分の目指す方向に合った専門学校選びを

不動産の専門学校は全国にたくさんあり、選択肢も豊富です。専門学校の中には、不動産会社へ就職するために有利となる資格を取得できるところや、海外研修などのカリキュラムを用意しているところもあります。

専門学校の中には夜間コースを設置しているところもあります。日中にアルバイトをしている人は、夜間コースのある専門学校に通うのもひとつの選択肢です。

専門学校によって学ぶことのできるスキルや知識は異なります。カリキュラムや校風も専門学校によって異なります。そのため、複数の専門学校を比較検討して自分の目指している方向に合った専門学校を選びましょう。

就職に役立つ可能性が高い学部・学科

不動産会社への就職を希望する人の中には、大学や短大に通う人もいます。大学や短大でも、専門学校と同じような不動産会社への就職のためのカリキュラムが用意しているところもあります。さらに、就職のための資格取得のサポートを行っているところもあります。

以下のような学部・学科名の場合は、不動産会社社員を目指す人のためのカリキュラムが用意していることがあるので、詳しくチェックしてみましょう。

  • 経営経済学科
  • 土木工学科
  • 建築学科
  • 経済学科
  • 経営学科
  • 総合経営学科
  • 社会経済システム学科
  • 土木・都市防災コース

不動産会社社員になるには?まとめ

不動産会社社員になるためには、情熱やコミュニケーション能力が重要

不動産会社社員になるには、お客様に正しい情報を伝えることのできるコミュニケーション能力や、住居というお客様の生活の基盤を陰で支えたいという強い情熱が必要です。また不動産や法律に関する知識を習得していると就職を有利にできます。

不動産会社社員を目指すために専門学校や大学に進学する人もいます。カリキュラムは学校によって異なるため、比較検討をして自分に合った学校を選びましょう。

不動産会社社員の参考情報

平均年収400万円〜500万円
必要資格
  • 宅地建物取引士
資格区分 国家資格
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

不動産会社社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB