社長になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

社長になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

高収入も夢ではない社長という職業。テレビなどで見ている社長たちの世界は華やかそうに見えますが、日々地道な努力を続けて会社を持続させ、発展を目指していくのが社長の仕事です。今回は、社長になるにはどのようなスキルが必要か、また向いている性格的特徴などをご紹介します。

社長になるには何が必要?

だれでも社長と名乗れば社長にはなれますが、実際に仕事をするためには業界について詳しい知識が必要になることが多いでしょう。自社が抱えている課題の中身を分析し、理解しなければなりません。

社長になるためには、どの分野、業界での社長として経営していくのかを考えて、経営、その業界について調べる必要があります。会社にとって有益になる情報をアドバイスしていく必要があるため、専門知識がなければ難しい世界です。

論理的思考も大切な要素

企業経営に関する損益や収益の計算書など、財務に関する書類を用いて会社の経営状況を把握することもあります。

そのような時に多くのデータをもとに、どうするべきか、どうすれば良くなるか、どうすれば効率化や合理化できるかを、整理して改善できるところを探す必要があります。そのため論理的に考え、物事について常に客観的に考えていく必要がある仕事です。

プレゼンテーション能力も必要な社長

自ら考え、最終的な決断をくだす力も社長に求められるスキルです。相談することも必要ですが、色々な人から影響を受け、ころころ意見を変えては周りも困惑してしまいます。

最終的な方針は他人の意見に左右されない強い心をもち、全責任を自分が持つくらいの気持ちでないとやっていけません。そのために決断力というのは社長にとって大事なスキルでしょう。

数字に強いということも社長に求められるスキル

会社の業績が好調であるかを理解するためには、社長は数字に関しても強くなくてはいけません。一年先の見通しも把握しておくために、会社のなかで数字に関して一番強くないと会社経営の戦略や戦術を修正することもできません。

数字に強いことは、会社の数字の精度を上げることにもつながります。今までの収益や損益などが資料に反映されていなければ、経営戦略を間違えてしまう恐れもあります。目的や目標をかかげることも大事ですが、まともな会社経営を成り立たせるためには数字に強い社長でないと、最悪の場合、会社がつぶれてしまうこともあり得るでしょう。

スピード感があることも大切な社長の仕事

業界にもよりますが特にIT業界ですと、トレンドの移り変わりはとても早いです。完璧なものを求めることも必要ではあります。日々周りの企業に出遅れずにスピード感を持って行動することも必要になります。

特に中小企業の場合は、大手企業にクオリティで勝とうとするとかなりの時間やコストがかかってしまうため、大手企業が新しいサービスを打ち出せば、それに追いつくことは難しいです。

素早く商品やサービスを打ち出すことで、販売後の結果を見て分析や修正から改善までができます。社員からの報告を受けて素早い判断と指示を出せるスピード感を持っていることは、社長という仕事でとても役に立つでしょう。

社長に求められる適性や、スキルがある人

社長になるには、判断力、分析力など、持って生まれたスキルや適性、性格が影響されることも多いです。

精神的にタフであることも社長に求められる適性

会社を何年にもわたって営んでいくうえで、トラブルやピンチに遭うことは度々あります。挑戦していけば、失敗はついて回ってくるものです。そんな時に落ちこまずに次のことを考えて行動できるような精神的なタフさが社長には求められる能力でしょう。

他にも社員からの反発で、一人悩んでしまうこともあるなか、孤独との戦いでもある社長は精神的にもタフでないとやっていけない仕事でしょう。

分析をするのが好きな人も向いています

会計から人事、マーケティングなど、様々な観点からのあらゆる情報を参考に、適切な経営戦略を立てることから人事関係に財務状況までを数字を見ながら改善策がないかを、常に考えて経営していかなければなりません。

情勢、会社状況について、経営に関することを分析し、理解する力がある人は向いているでしょう。好きな人にはもってこいだと思います。

コミュニケーション能力も持っておくべきスキル

人脈を広げるためにも、どんな人にも会わないといけない社長にとって、コミュニケーション能力は必要になってきます。今後の企業のため、銀行に行って資金調達、取引先との会合、時には経営者向けのセミナーで交流を行うなど、コミュニケーション能力を発揮しなくてはいけない場が多いです。

特に最近では自分から情報発信していかないといけないので、どんな場所でもどんなところにも出向いて自分の会社をアピールしていかないとなりません。人脈以外にも、中小企業の社長となると、人材配置から人材育成、労働環境や社内制度の整備のために、社内はもちろん、支店の社員にも話を聞きに行って状況を把握しないといけません。

他にも会社が大きくなって組織形態が安定してくると会社全体の監督や調整役として動くことの方が増えるので、あらゆる場面でコミュニケーション能力が重要になってきます。社長という仕事は多くの人々の話を聞いて理解し答えることができる、高いコミュニケーション能力が求められます。

現状把握能力が求められる仕事

社長の仕事は、会社の目標を掲げて計画から実行までのプロセスを考えないといけません。どの企業でも実効性のある計画を作るにあたり、今の会社の状況と目標までにある経営課題を正確に現状把握することが大事になってくるのも社長という仕事の特徴です。

経営課題を洗い出して、優先順位を考えたうえで、具体的な改善方法、計画案を出すことも社長の仕事です。特に新しく事業を始めようとする時には会社の資金の把握からリスク把握まで、社内全体の状況を把握しておかなければ大きなトラブルに発展することがあります。あらゆるトラブルの対策を練るためにも、現状把握能力は必要不可欠です。

誠実な人にも向いている

どんな職業でも大切なことではありますが、社員を大切にし、全社員の話を聞くタイミングを作ったりして、社外でも社内でも信用されるような人柄であることは「会社の顔」として必要になるでしょう。

人と接することが好きで、難しい話を分かりやすく説明でき、大事な書類をきちんと管理できると思ってもらえる、信頼できる誠実さを持っている人は向いているといえます。

社長になるための学校

社長になるためには資格は必要ありません。ですが学校や教室を活用することは、自分と同じように社長を目指す仲間に出会える可能性もあります。社長になるために起業をするなら、そのための情報共有ができるのも魅力のひとつです。

経営やマーケティングについて学べる大学

社長になるには、経営や経済について学べる大学に通う人が多いです。職業柄、専門用語も覚えることが多く、社長に就いた時に有利になる資格を取れる学校に行っておくべきです。

大学に通うことにより、経営やマーケティングなどについて必要な知識を学んでスキルを身につけることができるでしょう。さらに中小企業診断士や簿記などの資格を目指せる学校を選んでおくのも社長として就任した時や起業した時に、会社の経営判断の際に役に立つでしょう。

未経験でも仕事に就くことは可能な職業ですが、資格や学歴はあるとベターです。

社長になるには?まとめ

社長は精神的にタフであることと会社の発展を目指す向上心が社長を続ける原動力に

世間に出てしまえば実力主義な世界の社長の仕事は、自ら情報発信して会社を存続、発展させていくための地道な努力の積み重ねと、会社に対して全責任を負うプレッシャーにも耐えられる精神的な強さが必要になります。

しかし社長という仕事は人間性が高められる仕事でもあります。社長は、生半可な気持ちでは続けられません。だからこそ、今までの高い志や向上心などが役立つ仕事といえるでしょう。

資格を持っていることや、これまでの経験は、現場で有利になる可能性があるでしょう。

会社社長の参考情報

平均年収1000万円~3000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種オフィス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

会社社長の関連記事

オフィスに関する他の職業KANREN JOB