占い師の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

占い師の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

街中を歩くと路上で手相占いのお店を構えている占い師もいれば、オフィスビルの中に占いのテナントを設けている占い会社もあり、現在では対面方式の占いとは違い、電話やメール、ネットでの占いが注目を集めています。今回は様々な働き方がある占い師の仕事内容についてご紹介します。

占い師とはどんな仕事?

悩みを抱えた相談者にアドバイスをする

占いに来た相談者の相談内容を聞き、その問題に対してどうすれば解決できるのか、解決策を導き出しアドバイスをするまでが占い師の仕事内容です。占いによって導き出した結果だけを相談者に伝えるだけではなく、悩みを解決するためにどうしたらいいのかまで伝えることが大切なことになります。

占い師の仕事はただ占いをするのではなく、相談者の話を聞くことも重要な仕事の一つです。相談者の話を聞かずにただ占いをして自分の話ばかりしている占い師は、相談者のリピーターも増えず今後の占い師としての活動の範囲は広がりづらいでしょう。

占い師としてしっかりと占術を学び、相談者の話を聞くことができる能力が高い人ほど、占い業界で成功を掴める可能性が高くなります。

相談者が抱いている不安を取り除く

占いを利用する方のほとんどは、現在過去未来それぞれに対して不安を抱いて相談しに訪れる方が多くいます。自分ではどうすることもできない、誰かに助けてもらいたい、今の状況を何とかしたい、そんな思いで占い師に相談をしに訪れます。

ただ未来の全体運の占い結果を告げるのではなく相談者一人ひとりが何を求めているのか、カウンセリング能力を身に着けることも占い師の仕事には必要な能力です。相談者の悩みを聞き、心の不安を取り除き解決へと導く占い師の具体的な仕事内容をご紹介します。

占い師の仕事の具体的な内容

ただ占うだけではない占い師の仕事

恋愛に関しての占いがよく相談される内容ですが、この他に金銭面の悩み、仕事の悩み、人間関係の悩みなどの相談を受けることがあります。代表的な占いの種類は、タロット占いや風水、占星術や四柱推命、手相占いなどが挙げられます。どの占いも国家資格がないので、誰でも占い業を始めることができます。

独学でも占いの仕事を始めることはできますが、占星術や四柱推命を用いた占いの方法では養成スクールに通わないと占い会社に所属するハードルが高くなる可能性が高いです。占星術や四柱推命だけではなく、タロット占いや風水なども必要な知識や技術・経験が必要になります。

どんなに占いを勉強しても占い師の仕事内容は、ただ占いを行うだけではなく相談者と会話のやり取りがうまくできなければいけません。占い師は接客業でもあるためコミュニケーション力が必要な職業です。

占い師の仕事に必要になるコミュニケーション力、話術の力不足によって説教のような占いになり、相談者に対して不愉快な気持ちにさせてしまう可能性があります。相談者の中には深刻な悩みを持って訪れる方もいるので、占い師の仕事内容は多種多様に抱える相談者の悩みにそれぞれ対応できる能力も必要になる仕事内容です。

占い師の仕事は相談者を占う仕事だけではなく、人気の占い師になることでこれから占いについて勉強したい方のために講習会も開くことができます。また書籍やコラムを依頼されることもあり、占うだけの仕事内容だけではない職業でもあります。

占い師が活躍する場は主に4種類

占いをするときには占い師と相談者が対面して行うイメージが強いですが、最近ではインターネットを介して占いの依頼を受けることもあり、現在では電話占いが占い師の中で人気の働き方になってきています。

対面方式の占いの方が、電話やメール、ネット占いよりは収入は多いですが、自宅で自分の好きなタイミングで占いの仕事ができてアルバイト並みの収入を得ることができるので、副業として働く占い師が多い傾向が見られます。

電話やメール、ネット占いの仕事は、顔を合わせることがないので比較的相談内容も軽い物が多いですが、いつ深刻な相談を受けるかわからないので心の準備は常にしておく必要があるでしょう。

占いの技術や経験を積み、より相談者に対して適切なアドバイスができること以外にコミュニケーション力も必要とされ、占いをしてもらおうと訪れる相談者の中には繊細な対応も求めることもあります。

相談者の中には占いを過度に信じる方もいるため、占いの結果通りにならなかった、状況が悪化したなどでクレームが来ることもあります。

占い師の仕事のやりがい

占い師の仕事は、どんな相談者が来ても臨機応変に対応できる能力も必要になる難しい接客業の一つではありますが、占い師の仕事をするやりがいは何なのでしょうか?占い師のやりがいについてご紹介します。

占い師は人々を笑顔にすることができる

占いをしてもらおうと訪れる相談者には、軽い恋愛相談や金運、仕事運などの相談から、心の限界まで人間関係やこれからの人生などの悩みを抱えて相談に来る方もいます。相談者一人一人にとって、改善する状況を少しずつ作るきっかけになる占い師の仕事は人々を笑顔にすることができる職業でもあります。

相談者の状況が改善され、環境が良くなる姿が見たい、立ち会いたい、困っている人を助けたいために占い師の道を進む人も少なくありません。家族にも友達にも相談できないけど、誰かに悩みを話だけでも聞いてもらいたいと困っている方には、占い師の存在は時に救世主のような大きな存在になります。

人に不安を与える存在ではなく、相談者の希望を聞き取りより良い状況へ導くことができる占い師の仕事は、精神科や心療内科、心理カウンセラー以上に人々の心の悩みの解決へのお手伝いができることに一番やりがいを感じられる職業ではないでしょうか。

信頼を得ることで仕事が増える

駆け出しの占い師はどんなに困っている方を助けたいと思っていても、相談者が来てくれるまで一苦労です。占い会社に所属すると会社側が相談者を割り振りしてくれるので、占い師としての経験と技術を磨くことができます。

経験と実力をつけることで、相談者から信頼や共感を得ることで、次第に占い師としての収入も安定してきます。収入面が安定することは占い師として周りから信頼を得てきていることにつながるので、収入を安定させることにやりがいを感じている占い師もいます。

占い師の中には自身の長く積み重ねてきた占いの実績を、他の占い師に伝授することにやりがいを持っている方もいます。占いの種類によりますが一定数の生徒を持つ占い師の先生になることで、教える立場としても継続的に占い師の活動をすることができるようになります。

テレビやイベント、雑誌などに取り上げてもらうことで、より大勢の人々に占い師として活動できることにやりがいを感じている方もいます。しかしメディアで取り上げてもらうには、収入が不安定な時期も占い師としての仕事を全うし、相談者から深い信頼を得て知名度を上げなければ仕事依頼は舞い込むことは難しいです。

占い師は信頼関係が直接収入へと関係してくる職業

どんな職業も信頼関係は大切にしなくてはいけないことですが、占い師は特に信頼関係が直接収入へと関係してくる職業です。心に傷を負っている、誰にも相談できない悩みを抱えている相談者もいれば、全体運や恋愛運、金運などを占って欲しい相談者もいます。

しかしときにはただクレームを言いたい、占いではどうしようもない世間話を持ち込んでくる、情緒不安定な相談者もいます。どんな相談者が訪れても親身になって相談者の声に耳を傾けて、いろんな対応ができる占い師になることで新たにやりがいを見出せる職業でもあります。

時には相談結果に文句を言ってくる相談者や、占いとはあまり関係のない世間話をしてくる相談者もいますが、占いをすることがなくても結果的に相談者は話を聞いてもらえるだけで気持ちが楽になる方もいます。

いろんな相談者に順応できる占い師は技術力も伴うとより相談者との信頼関係を結ぶことができ、よりやりがいを感じられる仕事になることでしょう。

占い師の仕事内容まとめ

占いの技術力も必要だが、聞き上手になることも必要

相談者の話を聞き、その人の問題点を探りながら占いで解決へと導く占い師の仕事。

相談者の気持ちに寄り添いつつも、相談者の気持ちに左右されない冷静な判断力とコミュニケーション力が求められる占い師ですが、人々の悩みが尽きない限り、この先も世の中に必要とされる職業の一つになり続けることでしょう。

占い師への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

占い師の参考情報

平均年収200万円~300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種その他

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

占い師の関連記事

その他に関する他の職業KANREN JOB