音響スタッフの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

音響スタッフの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

コンサートや舞台などで音全般のサポートを行う音響スタッフは、人気の高い職業でもあります。音を担当する職業として楽しそうなイメージがありますが、実は地道な努力を続けた上に成り立っているようです。本記事では、音響スタッフの具体的な仕事内容、仕事のやりがい、魅力などについてご紹介します。

音響スタッフとはどんな仕事?

音響全般の技術的サポートをする

音響スタッフはミュージシャンのコンサートや演劇の舞台、音楽の製作現場で使用するマイクを決めたり、収録の音のバランスを調整したり、音響に関する技術的なサポートを行います。

音響専門会社や番組製作会社などに所属しています。機材を扱う知識や技術などが求められる仕事です。

現場によって名前が変わる音響スタッフ

音響スタッフの特徴として現場によって名前が異なります。PAやサウンドエンジニア、音声、ミキサーなど様々な呼ばれ方をします。厳密に言えば仕事内容には違いがあるのですが、音に関する仕事である事は変わりありません。

スピードや効率も要求される仕事

音響スタッフは収録時のマイクの種類や位置を調整するのが仕事ですが、収録現場は多くの人が仕事をする場所なのでスピーディーに行う必要があります。

ミュージシャンとのレコーディングでは長時間になりがちで、的確に音を調整しなければいけないので、待たせることなく効率よく時間を使う能力も求められるでしょう。

コンサートや舞台があれば休まずに仕事をすることも

コンサートや演劇舞台がある時には、音響スタッフは大忙しです。前日のリハーサルから本番前の音のチェック、撤収から打ち上げまで全て参加する必要があります。

音響スタッフとして舞台やコンサートが重なれば寝る間もなく休まずに働くことも。日によって早く帰れる可能性もありますが、基本的に不規則になりがちで、体力的にもハードな仕事と言えるでしょう。

音響スタッフの仕事は意外とハード。体力が必要

音響スタッフはあまり忙しいイメージがないと思いますが、意外と力仕事も多い職業です。音響機器は重量があり現場によっては運ばないといけない事もあります。

コンサートや舞台がある場合にはリハーサルから本番まで寝ないで仕事をしなければいけない事もあり、拘束時間は長めです。不規則な勤務体制になる事も多いので、体力も必要になると考えられます。

音響スタッフの給料レベルは高めの傾向

勤務場所によって異なりますが、音響スタッフの給料は他の職業に比べると高めの傾向が多いようです。一般的に18〜20万円前後の給与からスタートし、年収400〜500万円と言われています。

自分の音響センスが買われて、大物ミュージシャンと仕事が出来るようになると年収がアップする可能性もあり、夢のある仕事と言えるでしょう。

音響スタッフの具体的な仕事内容

音響スタッフの仕事は、コンサートや舞台などで使用する音全般のサポートをすることにつきます。

音響サポート以外に音響スタッフがする仕事

音響スタッフの仕事は、音全般のサポートだけではありません。経験を積む事で任される仕事は幅広いです。

打ち合わせ・機材の搬入

音響スタッフの仕事の一つに打ち合わせが挙げられます。コンサートや舞台などでは毎回コンセプトやテーマが異なります。どのようなテーマでどんな音が欲しいかということを主催者と入念な打ち合わせを行います。

仕込み図を見ながら打ち合わせをおこない、機材を搬入します。機材の搬入は重い機材やデリケートなものが多く慎重に行わなければいけません。音響機器の中には200kgを超えるものもあり、一人では搬入出来ない場合には協力してもらい数人で運んでいきます。

システムチューニング

音響スタッフの仕事は音全般のサポートをする事ですが、サポートをするには音を合わせるチューニングが必要です。システムチューニングも音響スタッフの大切な仕事の一つ。打ち合わせの後にシステムチューニングを行い、求められている最高の音を出せるように準備します。

下積みからはじまる音響スタッフの仕事

音響スタッフの仕事は、地道な下積みから始まります。多くの音響スタッフは専門学校や大学を卒業して就職します。

学校で基礎知識を身につけたとしても本格的な音響サポートが出来る事はほとんどありません。およそ2年は下積みをするのか一般的です。2年というのは音響スタッフの世界では2年間かけておおよその仕事がこなせるようにするのが目標と言われているからです。

2年かけて徐々に仕事の幅を広げていくイメージ

音響スタッフの1年目は、先輩が行う音響チェックを見て学んだり、音響機材を運んだり、清掃などの雑用がメインです。最初はサポートに回る事が多いので、地味な作業ばかりに感じるかもしれません。

地道な作業の積み重ねていくうちに徐々に音響機器について触れる事も増えるでしょう。2年目になれば後輩の面倒を見ながら先輩をサポートして仕事の流れや作業工程を覚えていきます。

転職は2年が区切りになることが多い

音響スタッフの一般的な下積み期間が2年であることから、2年や3年を一区切りに転職を考える人も多いようです。スキルアップのために転職を繰り返し、さらにレベルの高い人がいるところで修行する人も多いです。

音響スタッフの場合は特集や専門の転職サイトで特集が開かれている事も多いです。年間を通じてアルバイトや正社員問わず求人数は多い仕事です。経験を積んでスキルを高めれば給料アップの道も開ける可能性もあるでしょう。

音響スタッフの仕事のやりがい

舞台やコンサートを影で支え成功した時

コンサートや舞台などの公演中に舞台効果で盛り上げるのは音響スタッフの仕事です。コンサートの成功は音響スタッフにかかっていると行っても過言ではありません。

実際にステージに立つわけでも紹介される訳でもありませんが影で支えているのが音響スタッフです。観客席の隅々まで最高の音を届けて舞台やコンサートが成功した時に大きなやりがいが感じられるでしょう。

みんなで一つのものを作り上げる感動

ライブでもコンサートでも舞台でも音響スタッフ以外に照明や舞台芸術などあらゆる部門の人が関わっています。

他の部門の人とのチームプレーも重要で、みんなで一つのものを作り上げる事に音響スタッフとして大きなやりがいを感じられます。自分がベストな音響を提供して成功に終わった時の喜びを共有できる事は、なによりも嬉しいことです。

感動を与えて感謝された時

音響スタッフとして大きなやりがいの一つに何まないところから最高の音づくりをして感動させる音を届けられる事です。

終演後にスタッフやアーティストから良い音を出してくれた事を感謝されたり、観に来たお客様が笑顔でコンサートや演劇を楽しんだりする姿を見ると達成感や充実感も感じられます。

音響スタッフとして実力がつけば大物アーティストから指名される事もあり、スキルアップしがいのある仕事である事も大きなやりがいでしょう。

音響スタッフの仕事内容まとめ

音響スタッフは地道な努力や音に対するセンスが求められる仕事

音全般のサポートを行う音響スタッフは、音に精通しコンサートや舞台で最高の音を演出する仕事です。コンサートやライブの裏方の中でも、その公演が成功するか否かの重要な役割を担っていると言えるでしょう。

最初は音響機器の搬入や雑用がメインですが、慣れてくると音響機器を使い、音を作り上げる仕事も任されるようになります。力仕事も多く、リハーサルから本番が終わるまで長時間労働になるので不規則な生活になりがちです。

コンサートや舞台がある時期は忙しくプライベートをゆっくり過ごす事は難しいかもしれません。ですが、最高の音を届けることが出来て感謝される事は、何よりのやりがいに感じられるはずです。

音響スタッフの参考情報

平均年収350万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

音響スタッフの関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB