音響スタッフになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

音響スタッフになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

音響に関する技術的なサポートを行う音響スタッフになるには、一体どんなスキルや資格が必要なのでしょうか。仕事として続けるには音響機器や音楽への情熱を持ち続けられるかがポイント。今回はこの記事で、音響スタッフに必要なスキル、向いている人の特徴などについてご紹介します。

音響スタッフになるには何が必要?

音響スタッフになるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まずは音楽が好きで音響機器を操作することが誰よりも好きという情熱を持ち続ける事が一つです。

単に音楽が好きで、音響機器に興味がある程度であれば、音響スタッフを目指すことが出来ても仕事をし続けることは難しいかもしれません。地味な作業の積み重ねや日々の努力によって成り立っているからです。

音響スタッフは演奏者が快適に演奏するために音響機器を操作するのが仕事になります。マイク毎の性質を理解して、どの楽器に割り当てていくか、どのように音づくりをしていくか、エフェクトはどうするかなど多岐に及ぶ内容になっています。

音響スタッフは高度な技術が必要になるので、誰よりも音楽が好きで音響機器について負けないくらいの情熱があることが求められます。

耳の良さが音響スタッフの仕事に役立つ

音響スタッフとして働くには耳の良さを持つことも大切です。音の大小の違いや楽器のチューニングを聞きわけられることはもちろんの事、機材の調整によって音の響きがどう変わるかを適格に聞き取れる耳が求められるのです。

耳の良さがなければミュージシャンや役者の要求に応えることはできないでしょう。慣れてくればそれぞれの細かい音について聞きわけられるようになりますが、研ぎ澄まして聞ける耳が音響スタッフには求められます。

体力も必要な音響スタッフの仕事

音響スタッフの仕事は意外とハードなので、基礎体力がしっかりとあることも重要です。音響機器を操作することが音響スタッフの仕事ではありますが、コンサートやライブイベントは前日のリハーサルから当日の本番後の撤収まで休む暇もなく仕事をし続けなければいけません。

スタジオでのレコーディング作業は長時間になりやすく徹夜して作業を続ける場合もあります。ミュージシャンが快適に演奏できるように音響機器を操作するためにも体が資本。自己管理をしっかりと行い、体調を崩さないようにすることも大切です。

絶対必要ではないが音響スタッフに関する資格があるほうが有利

音響スタッフになるには、資格を取得しなければいけない訳ではありません。

資格を持っていれば一定の知識やスキルの証明になり、就職や待遇でも有利に働く可能性はあります。音響スタッフとして働く人が取得する資格で代表的なものは舞台機構調整技能士や音響家技能認定が挙げられます。

語学力で仕事の幅を広げる

音響スタッフになるには英会話が出来ないといけない訳ではありませんが、英語の意味が理解できれば仕事の幅が広がる可能性はあります。

音楽は日本語以外にも英語の歌詞が多く出てきます。英語力があれば、次はこの音響スタッフに任せたいと思ってもらえる可能性もあるかもしれません。

いずれにせよ、語学に関する意欲を持つことも音響スタッフとしてプラスになると考えられます。

音響スタッフに向いている人、適性がある人

音響スタッフになるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

コミュニケーション能力は音響スタッフの適性のひとつ

音響スタッフに求められる適性として、まずはコミュニケーション能力があげられます。音響スタッフは現場で多くの人と関わる仕事です。他者とのやり取りが出来ないと収入は入りにくくなり、コミュニケーション能力は必須です。

多くの人と会話して情報交換や共有をする事で新しい情報を知り、新しい仕事に繋がるかもしれません。下ばかり見て仏頂面な音響スタッフが良い音が出せたとしても成功は出来ないでしょう。誰とでも話せる最低限のコミュニケーション能力がある人は音響スタッフの適性があると言えます。

電気に精通している人は向いている

音響はそもそも電気によって成り立っています。電気に関する知識や考え方は音響スタッフとして働く上で必要になるでしょう。電気に精通していれば音響スタッフとして重宝されますし、適性があると考えられます。

コンピューターに強い人は音響スタッフの適性の一つ

音響機器の作業環境はアナログからデジタルに移行されているのが現在です。WindowsやMacなどの基本操作ができることは基本ですが、DAWの操作能力も必要になります。

音響スタッフとしてコンピューターの根幹的な理屈を知っていることも有利になるでしょう。コンピューターだけで楽曲の制作が出来る時代なので、コンピューターに強い人は音響スタッフの適性があると言えます。

機敏に動くことも音響スタッフに求められる

コンサートやライブなのでは、機材の設営などを行う事が多いです。そんな時に重い音響機器を運ぶことになりますが機敏さが求められます。音響スタッフが扱う機材は重たいものが多いですが、機敏に動いて力仕事が苦にならない人は音響スタッフに向いていると考えられます。

音響スタッフになるための学校

音響スタッフになるために学校に通うことは、音響スタッフを目指す仲間に出会えるという事。ライバルとして仲間として良い刺激を受けることが大きな魅力です。

音響の基礎が学べる専門学校

音響スタッフになるには、専門学校に通う人も多いです。音響という専門的な分野の仕事であるため、機器の使い方や用途、細かい音の聞き分けなども必要になってきます。

専門学校に通う事で、音響スタッフとして必要な基本知識を学び身につける事が出来るでしょう。実習に近い形で学べる事で、現場の雰囲気をダイレクトに感じることが出来るのも大きなメリットです。

サポート内容を比較して学校選びを

音響スタッフになるための専門学校は全国にあるので選択肢は豊富です。学校によっては実習中心の授業がメインになっていたり、プロによる指導が受けられたりするかも知れません。プロから音響スタッフとしての心得や大変さなどを直接聞くことが出来るのは大きな魅力。

職業支援が手厚い学校なら卒業後の進路の不安も軽減されるはずです。社会人で昼間働いている人であれば夜間コースのある学校を選ぶ事も一つと言えます。

大学でも音響スタッフになるための勉強が可能

音響スタッフになるために学校に通う選択肢として専門学校以外に大学に通う事も一つです。美術や音楽、教養学や総合科学などを学ぶ事で音響スタッフに関する学びが出来ると言えます。

修行積んで音響スタッフになることも可能

音響スタッフになるには、専門的な学校で知識を学ばなければいけない決まりはありません。現場で働きながら技術を身につける事も選択肢の一つです。

求人情報を検索すれば北海道から沖縄まで全国的に求人があり、未経験でも採用される可能性はあるでしょう。最初から現場に飛び込むことは知識を自分で経験しながら身に付けることが出来るメリットがあります。

雇用形態としてもアルバイトや契約社員からのスタートが多く、音響スタッフとしての見習いとしてサポートがメインになると考えられます。

音響スタッフになるには?まとめ

資格があればベター。まずは情熱やコミュニケーション能力が音響スタッフを続ける原動力に

音楽や音響機器に誰にも負けないという情熱とコミュニケーション能力。音響スタッフになるにはどんなに仕事がハードでも続けられる力が必要です。加えて耳の良さやコンピューターに強い人は細かい音を聞き取る音響スタッフの仕事で強い武器になると考えられます。

未経験でも仕事に就くことは可能ですが、資格や学歴があれば良いでしょう。専門学校や大学で音響スタッフとしての基礎知識を学んだり、舞台機構調整技能士や音響家技能認定などの資格を持っていたりすれば、就職や現場で有利になる可能性があるでしょう。

音響スタッフの参考情報

平均年収350万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

音響スタッフの関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB