シューフィッターになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

シューフィッターになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

一人ひとりの足に合った靴を選ぶ専門家・シューフィッターになるには、一体どんなスキルや資格が必要なのでしょうか。今回はこの記事でシューフィッターに必要なスキルや持っていると役立つ資格、向いている人の性格的特徴などをご紹介します。

シューフィッターになるには何が必要?

シューフィッターとは、お客様の一人ひとりに合った最適な靴を選ぶスペシャリストですが、シューフィッターになるためには特別な努力が必要です。

シューフィッターには向上心が必要

シューフィッターになるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まずはお客様の笑顔をみたいという情熱を持ち続けることが大切です。

華やかな仕事にも見えますが、単純に靴が好きというだけでは、靴の製造員や販売員になることは可能でも、シューフィッターとして仕事を続けるのは難しいでしょう。見た目以上にハードな仕事ですし、最適の靴を提供できるようになるためには、知識や経験が必要になるからです。

お客様に勧めた靴がぴったり合えば感謝されることもありますが、逆に合わなければ信頼を失うことにもつながりかねません。そのために、場合によっては仕事についてのストレスを抱え、悩みを持つこともあるでしょう。

失敗や挫折を繰り返しながらも一人前のシューフィッターになれるように、強い信念を持ち続けることがシューフィッターになるためには必要な要素です。

向上心も大切な要素

現代ではさまざまな種類の靴が販売されており、デザインも豊富です。シューフィッターはたくさんの靴の中から最適な靴を選ばなければなりません。新しいデザインの靴が登場したならば、その靴についての正しい知識や理解は必要です。また足の健康についても、常に最新の情報に精通していなければなりません。

お客様に正しい情報やたくさんの選択肢を提供できれば、信頼されるシューフィッターになれます。実績や経験を積んで一人前のシューフィッターになれるように常に向上心を持ち続けることは大切です。

おもてなしの心も重要

シューフィッターはおもにお客様を相手にする仕事です。最適な靴を選ぶだけなく、お客様の足についての情報をえるために、足のサイズや形、横幅やアーチの形状などを計測します。計測の時には足や足の指に触れることもあるため、丁寧に測定することも求められます。

足に痛みを抱えている人については、足の形状から外反母趾や偏平足、浮き趾などのトラブルを瞬時に読み取る必要もあります。

初めてシューフィッターのいる店を訪れるお客様については、安心して靴選びができるように、笑顔で接客することも大切です。お客様のためにできるだけ最善を尽くしたいという思いが、おもてなしの心につながることでしょう。

おもてなしには、最上級の目配りや気配りのほかに、その人がいないときにでも相手に思いをはせるといった意味が含まれています。単に仕事としてこなすだけでなく、お客様が来店したときにでも、すぐに新しい情報や、その人にとって役立つ情報を提供することによってリピートを増やすことができます。

靴選びについては、ぜひこの人にお願いしたいという絶大な信頼を得ることがシューフィッターになるのには重要な要素です。

シューフィッターには体力も必要

シューフィッターには見た目以上に体力を必要とします。靴選びや足の計測では体をかがめることも多く、足腰をかなり使います。計測には正確さも求められるため、かなりの神経を使うこともあります。

靴の販売店によってはシューフィッターを一人、または二人しか配置していないところもあります。一般の社員やアルバイトでは替えがきかないため、そのような店で勤務するときには、休日出勤や残業なども求められることがあります。プライベートの時間が多少削られても仕事に専念したいというモチベーションを持つことも大切です。

シューフィッターに向いている人、適性がある人

シューフィッターになるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

何事においてもマメな人

シューフィッターのおもな仕事は、お客様の足を計測して適切な靴を選ぶということです。正確な計測をするためには、丁寧に仕事ができるマメさが求められます。

特に子どもの足を計測するときには、じっとしているのが苦手な子どもでも、歌を歌ったり話しかけたりしつつ丁寧な計測をすることが必要です。誰に対しても、どんな状況でもきちんと仕事をこなすことができるマメさは大切な要素です。

ファッションセンスがある人

シューフィッターは単に足にあった靴を選ぶだけではありません。最近の流行などについても把握して、おしゃれな靴を選ぶことも必要です。

お客様によっては、ビジネスやデート、旅行などシーン別で靴を使い分けたい人もいます。そうした人に対して適切な靴を選ぶことのできる美的感覚やセンスを持っていることは大切な要素です。

コミュニケーション能力

シューフィッターにはコミュニケーション能力は欠かせません。お客様との会話を通して足に関する悩みや欲しい靴を聞き出します。年齢や予算なども人によって異なるため、上手に聞きだすことは大切です。

忍耐力のある人

シューフィッターになるためには資格が必要です。おもな資格としてはFHA公認シューフィッターという資格があげられます。資格自体の難易度は高くありませんが、3年以上の実務経験が求められます。

資格の取得のために、靴の製造会社や靴の販売店でコツコツと働いて条件にかなうことが必要です。シューフィッターになりたいという思いを持ち続けて忍耐することも求められるスキルの一つです。

シューフィッターになるための学校・教室

シューフィッターになるために学校に通うことは、自分と同じようにシューフィッターを目指す仲間と学ぶことができるため、励ましあったり、刺激しあったりできます。

シューフィッターになるための専門学校

シューフィッターになるための方法として、靴の専門学校に通う人がいます。整形靴科などのある学校を選べば、一人ひとりの足に合わせた靴の選び方や、足の健康に関する基礎的な知識を習得できます。

ただし日本では靴に関する専門学校は少ないため、学べる場所は限られてしまいます。そのため状況によっては、就職してからシューフィッターを目指すほうが良いときもあります。

医療系の大学や専門学校で学んでからシューフィッターを目指すことも

シューフィッターを目指す人の中には、医療系の大学や専門学校へ進学する人もいます。医療系の学校では、足をはじめとした、身体に関する専門的な知識を習得できます。

靴を選ぶだけでなく、足の健康についてもサポートができるシューフィッターになるためにはおすすめの方法です。大学などでは理学療法士や臨床検査技師、義肢装具士などの資格を取得でき、それらの資格があればフットケア指導士の資格の取得も目指すことができます。

シューフィッターの資格の取得のためには実務経験が必要

シューフィッターになるには、専門学校や大学で専門的な知識や技術を学ばないといけないという決まりはありません。靴の販売店で実際に働きながらスキルを身に着けるのも選択肢の一つです。

靴の製造員で修行を積んでシューフィッターを目指すことも可能

靴の販売員以外の方法として、靴の製造員として働きながらシューフィッターを目指す人もいます。靴の構造についての知識を得られれば、シューフィッターになったときに役立てることができます。

シューフィッターについての知識だけでなく足の健康についてのスキルや靴についてのスキルを身につければ、幅広い知識を持ったシューフィッターとして活躍できます。

シューフィッターになるには?まとめ

シューフィッターの仕事は意外とハード。おもてなしの心や向上心も大切

靴が好きなことや靴を通してお客様の笑顔が見たいという情熱。シューフィッターになるためには、どんなに仕事がきつくても向上心やおもてなしの心を持ち続けることが大切です。

また丁寧に仕事ができるマメさも必要です。顧客は男性や女性に限らず、子どもから年配の方まで利用します。どんな状況でも普段どおりに仕事をすることができることも大切です。特に計測するときには、マメさに加えて丁寧さも必要になるでしょう。

お客様の足にあった靴を選ぶだけでなく、喜んでもらえるようなおしゃれな靴を提供できる美的センスがあればベターです。

シューフィッターになるために、必ずしも専門学校や大学に進学する必要はありません。ただしシューフィッターに関する知識や、足の健康、靴の構造についてのスキルや資格を持っていれば就職やスキルアップに役立てることもできます。

シューフィッターの参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

シューフィッターの関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB