役員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

役員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

役員の仕事内容は案件に対する決断が重要視されます。この決断を行えるためには入念な準備の元、既存の枠組みに囚われない発想も大切とされます。役員の決断によって成し遂げられた後のやりがいについても詳細にお伝えします。

役員とはどんな仕事?

各分野のトップとして決断を行う

役員の仕事で大切な内容は重要事項の決断です。決断にいたるまでの下準備として情報収集や交渉があります。

役員は会社内で各分野のトップとして存在します。権限も多く集中して責任も大きな仕事と言えます。例えば、人事分野担当の役員である場合、採用から社内異動、さらには人材配置の体制決定まで多くの決定権限があります。

役員の決断には多くの人が影響を受ける事も特徴です。自社の社員から取引先、更にはサービスを提供する先のお客様まで影響度合いが大きい内容となります。

既存業務以外の情報収集も大切

重要事項の決定に至るプロセスとして社内状況を適切に把握する事も大切です。必要情報である為、日々多くの社内情報が報告という形で役員の元には集まります。

しかし、社内情報だけでは重要事項の決定を行えません。なぜなら、役員の決定が必要な内容は会社の前例にとらわれない内容であるケースも多い為です。現状から変えるには今までの常識とは違ったモデルも必要です。

この為、既存業務以外の情報収集が大切と言われます。社外人脈から情報収集を行うという動きはこの既存以外という要件で当てはまる行動です。役員は常に、新しい会社の流れをつくるという意識が大切とされます。

既存の枠組みにない可能性を模索する

役員は直面する課題のみを決断する事に業務が限定されません。既存の枠組みを超えた仕組みづくりという決断を求められる場合もあります。

例えば、会社の組織変更という課題があります。人事と総務において手続きフローで共通点も多い事が情報収集の段階で認識されたとします。ここで、人事総務課という形に既存の枠組みを超えた形でまとめる決断をする事も役員の仕事としてあります。

仕事を行う中で部署の区切りのように当然存在する形を見直す、根本的な対策を役員は求められます。広い専門知識と経験、洞察力など多くの知識と能力が組み合わさる難しい業務となります。

会社の方向性を見失わないことが大事

役員の仕事内容における特徴として、役員の決断次第で案件の方向性は大きく変わります。例えば、小売業で年間100店舗出店の積極展開を方針に挙げていたとします。

しかし、撤退権限を持つ役員が業績を勘案して同じ年に150店の閉店方針を打ち出したらどうでしょうか。積極出店から正反対の方向となります。

この方向性は役員というポジションにも関連してきます。通常、部長や課長などマネジメントを行う立場においても更に上長のチェックという形があります。方向性を著しく誤る場合は、上長よりストップがかかります。

役員の場合は、分野における最高責任者であることが多い為、施策に対するストップはむずかしい側面があります。役員は権限が大きい為、会社の方向性を見失わないことが大切となります。

役員の仕事の具体的な内容

報告内容を確認する

役員の元には他の社員から多くの報告が集まってきます。この報告内容を確認して、適宜指示を出すことが求められます。報告には大きく分けて「現状分析に役立つ報告」と「進捗確認の報告」の2通りに分かれます。

「現状分析に役立つ報告」は役員が重要判断を行う上で役に立つ報告となります。例えば、日々の売り上げや営業件数などが該当します。定期的に集まる情報を役員自身が確認して決断に役立てることが大切です。

「進捗確認の報告」は現在進行している案件について状況説明が行われます。順調であり、確認するだけで済む案件もあります。しかし、途中であっても結果が伴わず徹底が必要なケースもあります。この決断を役員に求める為、報告する形となります。

稟議案件の決済

役員の大切な仕事内容として稟議案件の決済があります。役員は社内規定にて稟議案件の最終決定者となることも多いです。

稟議案件では役員決済に到達するまでに実行者から中間管理職まで多くの社員が携わります。役員決済が遅れるという事は多くの関わった社員の仕事が滞留する原因となります。否認する形になっても、早めの判断が求められる仕事内容となります。

また、最近の傾向として稟議案件は権限移譲を的確にできるかも問われる事となります。役員決済が必要な内容かどうかを判断していく事も仕事内容となります。

取締役会で重要事項を検討する

多くの役員が集う取締役会において重要事項の検討メンバーとして参加します。役員は各分野のトップと位置づけられる為、自分の管轄では重要意見として注目が集まります。

取締役会の議題は極秘で進められているプロジェクトも多くあります。守秘義務はもちろん問われますが、最先端の内容に関与できます。役員としての力の見せ所でもあります。

取締役会の開催が必要な案件は会社の今後を左右する内容が大半です。決断が役員自身のみならず、多くの社員の成果にも多大な影響を与えます。責任が重い仕事内容と言えます。

対外交渉を「会社の顔」として行う

社外の方と商談を行う際、先方も役員クラスである事が通常です。役員同士の交渉というお互いに会社を代表した商談となります。

取締役会の決議が必要な案件など必須手続きがある案件以外は、商談の場における決定が重要となります。責任の大きさも役職に比例して大きく、会社の今後を左右する内容も少なくありません。

いかに交渉の場につくまでに準備ができているかも大切です。役員の仕事として結果に直結する決断となる事が多く、重要視されます。

役員の仕事のやりがい

会社の新しい形を模索できる

役員の決断によって会社の今後は大きく変わる事もあります。既存の方法からは想像のつかない新しい形を導入することも役員には可能です。この新しい形が成果を出すと、とてもやりがいになります。自分の考えが形となり、新しい仕組みが目に見える形となります。

更に、役員は複数回にわたり変更に携わる事も多くあります。このような時に役員自身は初期の不完全であった頃を知っている為、どれだけ進捗したかを振り返る事による充実感も高いと言えます。

最新の専門知識をインプットできる環境

社員からの報告や社外への情報収集を通して最新の専門知識をインプットできる事もやりがいです。常に自分が専門的に行う範疇に対して、最新情報を収集できる事は張り合いとなります。

役員として専門分野を極める事は専門家として社外にも広く認識されます。転職においても大きなアピールポイントとなります。また、国単位での有識者会議メンバーとして声がかかるなど対外的な賞賛も多くなる点にもやりがいを感じるポイントです。

成功時に社員から賞賛される

役員の仕事は成功時の成果も大きく表れる特徴があります。成果の内容も社員の業務効率がとてもよくなる事や社員の金銭報酬の増加など直接社員に恩恵がある内容も多いです。

この為、成功時に社員から大きく賞賛されます。同じ会社で担務にあたる仲間から感謝され、賞賛される事は次の仕事に対する活力にもなり、やりがいとなります。また、今後の業務についても社員からの報告1つでも信頼感を感じられるようになり、次の業務に対しても好循環となります。

高い金銭価値と待遇

会社に対する影響の大きさから収入面でも高額になる傾向が役員にはあります。高額報酬に見合うだけの、他に変わりがいない仕事を行えるという役員の仕事特性もポイントです。

また、給与支給以外にも役員の待遇は様々な特別対応があります。例えば、専属秘書によるスケジュール管理や社用車による移動などです。それだけ役員の業務内において決断業務など基幹となる内容に注力してほしい狙いがあります。他の社員とは別対応を貰える部分にもやりがいを感じます。

役員の仕事内容まとめ

準備を整えて決断できる事が大切

役員の仕事内容は難しい問題に対しても決断できる事が大切です。常に情報収集など事前準備を整えながら決断という行動に結びつけます。会社の方向性に関わる重大事項も多く、既存の枠組みに囚われない発想も大切です。

決断が行え、成果として結果が出た場合はできる人としての周辺評価も高まります。評価の高まりは仕事のやりがいにも繋がり、役員として重責に見合った形となります。

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

会社役員の関連記事

オフィスに関する他の職業KANREN JOB