ジュエリーデザイナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

ジュエリーデザイナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

ジュエリーデザイナーと聞くと、一般的には高級品とされる宝飾品のデザイナーということで、実入りも比較的良いイメージがあります。しかし実際の収入事情は世間が思うほどに高くはないようです。今回は、ジュエリーデザイナーの平均年収や給与、年収をあげる方法などを紹介していきます。

ジュエリーデザイナーの初任給

ジュエリーデザイナーの初任給の平均は17〜20万円

ジュエリーデザイナーの初任給は、平均を取るとおよそ17〜20万円と言われています。求人などを参照すると、一般的には、短期大学卒業・専門学校卒業の新卒で17〜18万円スタート、大学の学部卒などで18〜20万円ほどとなっています。

新人の状態での待遇としては、一般的なサラリーマンの初任給の平均に比べると低めとなっています。年収にすると200〜240万ほどとなっていて、賞与、各種手当などの差でサラリーマンとの差はさらに広がります。

地域や企業の規模によっても初任給は異なり、地方の中小企業の場合では、短大・専門卒で16万に届くかどうか、大卒でも17万程度といったさらに厳しい条件になることもあります。

新人の待遇がどうしても低くなってしまう要因としては、ジュエリーメーカーやデザイン会社において勤務を始める場合、最初は大まかにデザインや商品管理の部門で大まかな立ち位置にある部署に配属されて、いきなりジュエリーデザイン専門の配属になるのは難しいからと言われています。

就職しても最初からジュエリーデザインを任されることは少ない

ジュエリーデザイナーの場合、デザインするにしても専門的な技術や知識を多く必要とするため、最初は営業や販売職、商品企画部署のアシスタント的立ち位置から業界全体の知識を身につけるところから始める企業も少なくありません。

ジュエリーデザインを任すまでにはある程度の下積み期間をおかないといけないと考える企業が少なくありません。ですので、新人のうちは待遇が低くなりがちなことに加えて、専門的な仕事もあまり任せてもらえないようです。

また販売職や営業などの他部署から適性を認められてジュエリーデザイン部門へ移るプロセスの企業の場合、まずは他部署の仕事をこなしながら、デザイナーとしてのセンスを認められなければなりません。

以上から、少なくとも新人時代の待遇は、ある程度厳しいことを覚悟しなければならない職業といえます。

経験やスキルを積むことで給与が増えていく仕事

厚生労働省が実施している賃金構造基本統計調査などの統計データを参照していくと、ジュエリーデザイナーも多くの他の職業と変わらず、経験やスキルを積み上げ、勤続年数を重ねていくと、給与は全体的には増えていく職業です。

新人のうちの給与は低いですが、スキル・経験を身につけていくことで、給与は上がっていくようです。年齢を重ね、勤続年数が多くなっていけば、自然と給与は上がっていくという統計が出ています。

ただ、現場でそつなく仕事をこなせるスキルだけでは通用しないのがジュエリーデザイナーの世界です。ジュエリーデザイナーの難しいところは、ただ単に業界知識や技術だけでなく、市場における需要や流行を的確に把握し、そうした顧客の嗜好に応じた商品を生み出すセンスが要求されることです。

ある程度経験を積んだら、今度はアート的なセンスや感性を磨き、そうしたものをデザインに反映させられる実力も要求されるようになります。こうしたデザインのセンスによって収入も決まる実力主義の世界であり、あまり収入が横並びにはならない傾向にあります。

ジュエリーデザイナーの平均給与

ジュエリーデザイナー全体の平均給与は約30万円

厚生労働省賃金構造基本統計調査などの統計を参照すると、ジュエリーデザイナー全体の平均月額給与は、およそ30万円となっています。サラリーマンの平均月額給与が概ね35万前後であることを考えると、低めの水準となっています。

年齢層別の給与を見てみましょう。20代の平均月額給与はおよそ20〜24万円、30代ではおよそ25〜30万円、40代ではおよそ25〜40万円となっています。

平均的なサラリーマンの場合、30代後半、40代、50代など勤続10〜15年ごとの給与の上げ幅が一際大きく、それが影響して平均給与も上乗せされていく傾向がありますが、ジュエリーデザイナーの場合、必ずしも安定的に収入が増えるとは限らないようです。

現在のジュエリーデザイナーの大半は企業デザイナーですので、ある程度年齢を重ねて役職に就けるようになれば、年収が大きく上がることも望めますが、年代別給与の推移をみるに、ジュエリーデザイナーの役職就任においてはあまり大幅な収入増は期待できないかもしれません。

地域や企業によっても平均給与に差がある業界

他の職種でも似たような傾向にある業界は多いですが、初任給のみならず、ある程度年齢を重ねてからも、やはり地域による収入の差はあり、地方で規模が小さい場合はある程度経験を積んでも月額給与が20万円に届くか届かないかという場合もあるようです。

ただ、ジュエリーデザイナーを雇う企業は、都市圏にも店舗を構える比較的規模の大きい企業であることが多いので、そうした一定以上の規模を持つ企業に就職すれば、地方でも都市圏と同等の収入を得られると考えられます。

アルバイト、派遣社員など非正規雇用のジュエリーデザイナーもいる

ジュエリーデザイナーは、ジュエリーメーカーの顔として正規採用で敷居が高い印象がありますが、デザイン職の割にアルバイト、パート、派遣社員など非正規雇用のジュエリーデザイナーも少ないながらも存在します。

基本的にはアルバイトなど非正規の雇用は営業アシスタントや販売職などの方が多いですが、ジュエリーデザイナーにも非正規採用は少ないながらも存在し、時給1,200〜1,500円あたりが相場のようです。

非正規とはいえデザイン職なので、一定程度のジュエリーデザイン経験を求める求人が多いです。ジュエリーデザイナーの経験のある女性が結婚、出産を経てパートタイムでの雇用を望んでいる場合を想定して、こうした求人が用意されている場合が少なくないようです。

ジュエリーデザイナーの平均年収

ジュエリーデザイナーの平均年収は約300〜500万円

先述した厚生労働省による統計や国税庁のデータ、口コミなどを参照すると、ジュエリーデザイナーの全体の平均年収は、おおよそ300〜500万円となっています。ジュエリーデザイナーは企業の規模や地域、個人の実力によっても収入は左右される職業ですが、平均すると概ねこのくらいのようです。

国税庁による民間給与実態統計調査、厚生労働省の賃金構造基本統計調査から、サラリーマン全体の平均年収はおよそ486万円と出ていますので、サラリーマン全体と比較すると上限は同程度の水準となっています。一般的なサラリーマンと比較すると、30代の平均年収と比較しても100万程度低い計算になります。

ジュエリーデザイナーは高価な宝飾品に囲まれた仕事ということで華やかなイメージを持つ人も少なくないでしょう。しかし実際のところ、年収は決して高い水準とはいえません。

ジュエリー業界は景気に左右されやすい

ジュエリーは一般的に贅沢品、高級品とされています。ダイヤモンドなどの宝石、金、銀をはじめとする貴金属を使ってデザインされることの多い宝飾品は、材質やクオリティによってはあまり価値が変動せず、安定して高価なままの場合も少なくありませんので、一定の資産の証にもなり得ます。

そのため、ジュエリーメーカーの市場は、世の中の景気に左右されることが多いです。景気が良くなれば単純に宝飾品を買う人も増えますし、自分の持っているお金を宝石や金、宝飾品に替える人も相対的に増えます。そうした事情から、ジュエリーデザイナーもまた、景気に左右される職業といえるでしょう。

しかし貴金属や宝石をあしらったアクセサリーは、特に結婚、成人式、誕生日など身近なお祝いごとのプレゼントや、贈答品、名誉に付随する賞品としての一定のブランド価値のある品目になりますので、これからも一定の需要が安定して継続するだろうと考えられています。

そうしたことをかんがみれば、ジュエリーデザイナーはたとえ給与が低めであったとしても、今後の将来性は常に望める職業であるといえるでしょう。

ジュエリーデザイナーとして独立すれば、年収500万超えも望める?

ジュエリーデザイナーとしての最終目標として、独立を視野に入れている人は多いです。企業のジュエリーデザイナーとして重要なポストに就くなど出世する人もいますが、独立して起業したり、フリーランスのジュエリーデザイナーとして活躍する人も少なくありません。

ジュエリーデザインの請負を中心にする場合は、フリーランスで外注という形で活動することが多いですが、ジュエリーの場合、金属の削り出しや加工といったジュエリー制作そのものや、商品管理などもまとめて自分で行う人も少なくありません。その場合は、会社を設立し、経営責任も負うことが多いです。

ジュエリーデザイナーとして独立するためには、業界での一定以上の経験や知識、技術が必要なのはもちろんのこと、独立する際に手伝ってくれる助手など職人仲間や、営業や販売を引き受けてくれるスタッフ、独立した際に取引を行ってくれる企業など、人脈を豊富に培っていなければなりません。

企業のジュエリーデザイナー、あるいは個人のデザイナーとして名前を売り、独立、法人化の際に必要な金銭面だけではなく、人材や人脈をはじめとした様々な資本を準備しておく必要があります。

こうしたプロセスを経て、ある程度の売り上げを個人で見込めるようになってから独立すれば、年収500万円超えも望めますし、ジュエリー業界は上を見れば青天井なので、実力、人気ともに兼ね備えた有名ジュエリーデザイナーとして成長できれば、年収1,000万円超えも夢ではありません。

ジュエリーデザイナーの給与・年収まとめ

給与の上げ幅はあまり大きくない。高収入を得るには独立も視野に

ジュエリーデザイナーは華やかな生活を送っているイメージがありますが、統計を見ると、そこまで年収は高くありません。しかし、宝飾品は常に一定の需要がある品目であり、企業に勤めるデザイナーとして経験を積めば、広く世に親しまれる宝飾品を生み出すことも可能な業界なので、夢があります。

実力を磨き、独立して有名なデザイナーになれば、サラリーマンをはるかにしのぐ年収を得ることも可能です。スキルと経験を磨き、高収入を目指しましょう。

ジュエリーデザイナーの参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ジュエリーデザイナーの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB