芸能マネージャーの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

芸能マネージャーの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

スケジュール管理や現場対応など、華々しい芸能人の活動を支える芸能マネージャーの仕事ですが、芸能マネージャーとして就職したり転職するためには必要な資格があるのか、その資格をどのように取得できるのかをこの記事では紹介いたします。

芸能マネージャーの資格とは?

芸能人のスケジュール管理、出演交渉、現場対応など様々な仕事をこなし、芸能人の活動を支える芸能マネージャーですが、芸能マネージャーとして就職するのに必要になる可能性が高い資格は「普通自動車運転免許」です。

さらに、コミュニケーション能力を必要とされる仕事なので「JESC認定コミュニケーションスキルアップ検定」の資格などがあれば企業によっては評価されるでしょう。

この記事では、芸能マネージャーとしての就職に有利な資格について解説していきます。

普通自動車運転免許

マネージャーは、マネジメントする芸能人やタレントの送迎、タレントの車の管理などを任されることがあるので普通自動車免許がほぼ必須です。

事務所によっては8人乗りワンボックスカーを運転する、担当芸能人の所有する高級車やMT車などの車を運転するという場合もあります。ですから、免許だけでなくある程度の運転スキルも必要です。

JESC認定コミュニケーションスキルアップ検定

担当芸能人だけでなく、芸能事務所の他の社員、テレビ局、スポンサーなど様々な関係者と密接なコミュニケーションを取る必要のあるのが芸能マネージャーの仕事です。ですから、コミュニケーションスキルアップ検定の資格を取得していれば芸能マネージャーとしての就職や、実際の現場で役立たせることができます。

JESC認定コミュニケーションスキルアップ検定は、民間資格であり、2級・準1級・1級にランク分けされています。資格取得のためには、指定のコミュニケーション能力認定講座を受ける必要があります。

講座では本来のコミュニケーションとは何か、コミュニケーション能力を高めていくことで自分や周りの人の可能性をどのように開花させることができるのかを実践的に学び、コミュニケーションスキルを習得できます。

ビジネス系の資格があれば有利

コミュニケーションスキル検定以外でも、ビジネス系の資格があれば、芸能マネージャーとして就職・転職する際に有利に働きます。

例えば、マネージャーの仕事には事務処理や書類作成の仕事などもあるので、WordやExcelに関連した資格、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)などの資格を取得していれば有利と言えます。

その他の芸能マネージャーに関連する資格

芸能マネージャーとして就職する際に、普通自動車運転免許の資格はほぼ必須ですが、ほかにもミュニケーションスキルアップ検定の資格などがあれば、そのスキルを評価され就職に有利に働きます。

コミュニケーションスキルアップ検定の受験資格や費用

JESC認定コミュニケーションスキルアップ検定の受験資格や費用、試験問題の内容は以下の表のようになります。

受験資格
  • 日本語での受講可能な18歳以上の方

※1級の受験については準1級認定の資格が必要

受験費用
  • 2級講座 29,000円(税別、テキスト代、認定証費用込)
  • 準1級講座 54,000円(税別、テキスト代、認定証費用込)
  • 1級講座 57,000円(税別、テキスト代、試験料、認定証費用込)
各級の講座の内容 ■2級講座
主に1対1のコミュニケーションと基本スキル

■準1級講座
チームや企業などの集団の中でのコミュニケーション能力とスキル

■1級講座
各部署のリーダーやマネージャー、部下への指導など、 管理職向けレベルのコミュニケーション能力とスキル

コミュニケーションスキルアップ検定の合格基準や難易度

コミュニケーションスキルアップ検定の2級・準1級は、一般的な資格試験とは異なり現時点では筆記試験はありません。

この資格講座を運営している日本コミュニケーション能力検定協会によると、2級・準11級は、すべての講義・エクササイズ(実習)へ積極的に取り組むことが合格基準となっています。筆記試験はありません。

1級は、すべての講義・エクササイズ(実習)へ積極的に取り組むこと、講座内での学習レポートへの記述内容から理解度や実践力を判断し、基準を満たしていれば合格です。

同協会によると、コミュニケーションスキルアップ検定の合格基準は、2級・準1級が、約99%、1級が約95%です。資格取得の難易度は高くありません。

芸能マネージャーに役立つ資格が取れる学校

芸能マネージャーとして就職するには、普通自動車運転免許の取得がほぼ必須です。

他にもコミュニケーションスキルアップ検定などの資格があれば芸能マネージャーとしての就職や転職に有利です。これらの資格を取れる学校を紹介します。

普通自動車運転免許は自動車教習所

自動車免許の取得方法は2つあります。まずは、運転免許試験場で直接受験する、一発免許と呼ばれる方法と、自動車教習所や合宿免許を利用し取得する方法があります。

一発免許で合格すれば費用の節約ができるというメリットがあります。しかし独学で勉強しなければならず、筆記試験や技能試験に落ちてしまう可能性も高いというデメリットもあります。

自動車教習所を卒業し、運転免許試験場での適性検査と学科試験に合格すれば、技能試験免除で免許が交付されます。費用はかかりますが、高い確率で合格できます。

日本コミュニケーション能力検定協会の主催する講座

JESC認定コミュニケーションスキルアップ検定合格の資格を取得するためには、日本コミュニケーション能力検定協会の主催する講座を受ける必要があります。

東京・大阪などで開催されています。申し込みの方法や、開催日程は同協会のホームページを参考にしてください。

参考リンク:コミュニケーション能力認定講座とは?|コミュニケーション 能力認定協会

マネージャーの仕事を学べる専門学校もある

芸能マネージャーになるための資格を身につける以外に、実際に必要とされる能力やスキルを身につけたいという方におすすめなのが、マネージャーの仕事を学べる専門学校に入学することです。

例えば、「学校法人専門学校 東京ビジュアルアーツ」では、マネージャーの仕事に必要な能力やスキルを学ぶことができます。

学校法人専門学校 東京ビジュアルアーツで学べること

東京ビジュアルアーツの「マスコミ出版・芸能学科」では、業界に必要な知識やスキルを身につけることができます。マネージャーの仕事に関連したスキルとしては次のようなものがあります。

  • タレントプロモーション
  • 取材・ライティング
  • イベント企画
  • 制作宣伝
  • マネジメント業務

こうした内容について、プロの現場と同じ最新設備の備わったキャンパスや、実際の業界や他の学科とコラボしたカリキュラムなどで学ぶことができます。

芸能マネージャーの資格・試験まとめ

運転免許はほぼ必須!ほかの資格もあれば有利

芸能人の活動を支えるマネージャーの仕事は、芸能人やタレントのスケジュール管理や現場対応、出演交渉など幅広い仕事をこなします。

担当する芸能人の送迎などのために、普通自動車運転免許の取得はほぼ必須です。コミュニケーションスキルアップ検定などのビジネスに役立つ資格があれば、就職や転職に有利に働きます。

必要な資格を身につけて、エンタメ業界に欠かせない芸能マネージャーとして就職・転職するのはいかがでしょうか。

芸能マネージャーの参考情報

平均年収500万円〜600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

芸能マネージャーの関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB