芸能マネージャーになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

芸能マネージャーになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

芸能マネージャーはタレントの仕事や成長をサポートし、一緒に仕事をこなしていくタレントのパートナー的存在です。芸能マネージャーの仕事次第でタレントの仕事量が決まることもあり、とても重要な役割を果たしています。この記事では芸能マネージャーになるにはどうしたらいいか、求められることや芸能マネージャー養成学校をご紹介します。

芸能マネージャーになるには何が必要?

芸能マネージャーになるなら普通自動車免許は取得すべき

芸能マネージャーの仕事の1つとして、タレントを仕事現場や自宅に送り迎えしなければいけません。公共交通機関やタクシーが少ない地方や深夜の移動など、車が必須の場面も多くなります。

芸能マネージャーの求人には、普通自動車免許取得が必須条件となっている場合がほとんどなので、芸能マネージャーを目指す人はまず普通自動車免許を取得しておきましょう。

また、車でさまざまな場所に移動することになるので、ある程度道順の把握をしておく必要があります。都内などよく移動する場所の地理は覚えておくと良いでしょう。

スケジュール管理能力

忙しいタレントは毎日いくつもの仕事をこなします。芸能マネージャーはタレントのスケジュール管理も仕事のうちなので、いつどこでどんな仕事をして、そのあとはどこで仕事をするのか、移動時間はどれくらいかかるかなど細かく時間を管理しなければいけません。

仕事内容によっては時間が押してしまい、予定通りに仕事が終わらないときもあります。後に入っている予定と調整するなど、臨機応変な対応が求められます。

コミュニケーション能力

芸能マネージャーは職業柄、たくさんの人と関わりながら仕事をしていく必要があります。自分が担当するタレントだけでなく、他のタレントや芸能マネージャー、スタッフなどさまざまな業界業種の人と関わります。

また、コミュニケーション能力が高いことで人脈を広げることができ、新たな仕事を貰えるチャンスも増やすことができます。自ら積極的にいろいろな人と交流を持ち、情報収集やタレントの売り込み営業ができる人は芸能マネージャーとして活躍できるでしょう。

タフさ

芸能マネージャーはハードワークであることが多く、体力的にも精神的にもきつくなってしまうことがあるでしょう。出勤時間や帰宅時間が不規則であったり、毎日いろいろな現場を行き来してタレントの仕事をサポートしたりします。

多少の疲れやストレスにも耐えられる体力的、精神的なタフさが求められるでしょう。特に学生時代に運動部に所属し、体力や精神を鍛えた体育会系の人が当てはまるのではないでしょうか。

ビジネスマナー

芸能マネージャーはさまざまな業界、業種の人と関わります。関わる人たちに失礼の無いよう、社会人としてのビジネスマナーを身につけておかなければいけません。芸能マネージャーと周囲のスタッフやタレントとの信頼関係によって仕事が貰えることもあり得ます。

信頼できない人に仕事は任せられないですよね。芸能マネージャーとして、自分の担当するタレントはもちろん他のタレントや芸能マネージャー、スタッフなど関わる全ての人に対してマナーを守った対応をし、信頼関係を構築することを心がけると良いでしょう。

芸能マネージャーに向いている人、適性がある人

行動力がある人

芸能マネージャーは、タレントの知名度アップやイメージアップのためにタレントの売り込み営業をしたり、逆にイメージダウンにつながる恐れのある仕事は断ったりします。

いい仕事の話が来たらチャンスを逃さないよう即行動できる人は芸能マネージャーに向いているでしょう。積極的にタレントを売り込んだり、仕事で関係のある人たちに挨拶へ回ったりと自ら動いていける人が望ましいです。

体力がある人

タレントは朝から晩まで仕事をしていて忙しそうなイメージがありますが、芸能マネージャーも同じです。

タレントが仕事をしている間は自分だけ先に帰ることはできませんし、どんなに仕事が朝早くても夜遅くてもタレントが仕事をしている時間は芸能マネージャーも仕事をしています。タレントより早く起きて自宅やホテルに迎えに行き、タレントを自宅やホテルに送ってから帰宅になるので帰宅時間も遅くなるでしょう。

毎日不規則な生活リズムになる場合もあり、多忙なタレントのマネージャーになれば睡眠時間や休息時間をしっかりとれない日もあります。ハードワークに耐えられる体力の持ち主は芸能マネージャーに向いています。

英語などの外国語に自信がある人

タレントによっては海外での仕事も多い可能性があります。その場合は現地のホテル手配や外国人スタッフとの打ち合わせなど外国語を使う場面も多くなるでしょう。

芸能マネージャーが外国語でコミュニケーションを取れることは必須ではありませんが、もしタレント海外で活躍するチャンスがあったときは、芸能マネージャーが直接現地スタッフとコミュニケーションを取れる方がスムーズに事が進みます。

英語で日常会話レベルのコミュニケーションはできるようになっておくといいかもしれません。

人と関わることが好きな人

芸能マネージャーは本当に多くの人と関わりながら仕事を進めていきます。タレントの仕事内容によっては毎日初対面の人と会話するなんてこともあり、人と関わることが好きな人や人見知りせずにコミュニケーションできる人が向いているでしょう。

毎日固定の人とのみ関わりたい人や初対面でコミュニケーションを取ることが苦手な人はストレスを感じやすい仕事といえます。

芸能マネージャーとしての夢や目標がある人

芸能マネージャーを目指す人の中には、なぜ芸能マネージャーになりたいのかが曖昧で熱意が感じられない人もいるでしょう。芸能マネージャーになりたい理由や芸能マネージャーとして成し遂げたいことが明確にある人は、熱意ややる気が伝わりますし、芸能マネージャーとして仕事をこなしていけるでしょう。

これから芸能マネージャーを目指す人は、なぜ芸能マネージャーになりたいのか、芸能マネージャーになってどんなことを成し遂げたいのか、自分のどんな部分を芸能マネージャーの仕事に活かせるのかを考えてみましょう。

芸能マネージャーになるための学校・教室

放送芸術学院専門学校 タレントマネージャーコース

放送芸術学院専門学校のメディアクリエイト科 タレントマネージャーコースでは、基本的なビジネスマナーはもちろん、マスコミ業界の知識、タレントの売り込み方法、マネジメント方法など幅広く学ぶことができます。

イベント制作や番組制作などさまざまな現場で活かせる知識を網羅できるため、将来芸能マネージャーになったときも実際の現場で使える知識を得られます。

講師の方々は誰もが知っている有名人のマネージャーをしていて、現役のプロマネージャーから直接ノウハウを学ぶことができます。

東京スクールオブミュージック専門学校 プロマネージャーコース

東京スクールオブミュージック専門学校の音楽テクノロジー科 プロマネージャーコースでは、タレントやアーティストのマネージャーとしてのマネジメントやビジネスを学ぶことができます。

東京スクールオブミュージック専門学校は名前の通り音楽業界に強く、カリキュラムも音楽業界について深く学べる内容になっています。音楽業界の基本的な知識や音楽史、著作権、コンサートマネジメント、タレントマネジメント、PCスキルなど音楽業界で必要となるさまざまな知識を学ぶことができます。

講師の方々はもちろん、数々の有名なアーティストのマネージャーを務めた経験のあるプロの芸能マネージャーです。講義は実際にアーティストのイベントやライブで使われているライブハウスやスタジオ、イベントホールで行われることもあり、実践的なスキルを習得できます。

音楽業界で活躍するタレントやアーティストのマネージャーになりたい人は、ぜひ東京スクールオブミュージック専門学校を検討してみてください。

芸能マネージャーになるには?まとめ

人と関わることが好きで、体力や精神に自信のある人が向いている仕事

芸能マネージャーは有名なタレントのそばで仕事や成長をサポートします。憧れの有名人のそばで仕事ができることに魅力を感じる人もいると思いますが、実は想像以上にハードな仕事です。

しかし、芸能マネージャーはタレントの仕事や成長をそばでサポートできることにとてもやりがいを感じられます。芸能マネージャーを目指している人は、ぜひタレントとともに仕事をやり遂げたときの感動を経験してみてください。

芸能マネージャーの参考情報

平均年収500万円〜600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

芸能マネージャーの関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB