運転手になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

運転手になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

運転手を目指す人が必要なものにはどんなことがあるのでしょうか。乗客の命を預かる路線バスやタクシーの運転手、または大きなトラックでものを運ぶトラックの運転手など、それぞれ必要とされるべきものがあるようです。

運転手になるには何が必要?

運転が仕事の中心となるわけですから基本的な運転技術に加え、危険を回避して臨機応変に動くことができる高い能力が必要です。そして、必須な資格は各種運転免許証となります。

乗客の命を預かるタクシーやバスの運転手は、乗客が心地よいと感じる運転を心掛けることも大切。町中を走行するときは危険が潜んでいるので、どんな状況でも危険を回避し、快適かつ安全な運転を常に心がける必要があります。

優れた運転能力は必須

バスやトラックを運転する場合、通常の普通自動車とは大きさも全然違います。それだけ高い運転能力も求められます。

またタクシーはサイズ的には自家用車と同じですが、こちらも乗客の命を預かっているので心して運転しなければなりません。

視力や運動能力、体力も大事

運転手として働く場合、一定以上の視力や聴力、運動能力を持ち合わせていないといけません。これは安全な運転をするための基本的な能力です。

信号の色の識別や近くに人がいないか確認するためにも必要な能力です。運転免許を取得する際に試験場で視力検査を行うのはこういった安全性をもって運転するためです。

接客力

運転手として働くうえで意外と必要になってくるのは接客力です。乗客を乗せるときにお客さんが車内で気持ちよく過ごせるような会話と気配りが必要です。これは特にタクシーや路線バスの運転手に必要となる能力でしょう。

お客様と良い関係を築くために

タクシーの運転手として接客が上手い人は、自ら乗客に名刺を渡して営業をかけ、次回も自分のタクシーに乗ってもらえるように努力している人もいます。

このようにちょっとしたところでアクションを起こせる接客力があれば、売り上げも伸びますし、社内の評価も上がることでしょう。

安定した精神、ストレス耐性がある

意外と接客する場面も多くコミュニケーションの必要な運転手の仕事ですが、色んな乗客と関わる機会が多い分、気難しい人と出会う確率も多い仕事です。そのため運転手自体が安定した精神を備えていて、どんな状況でも慌てず落ち着いて運転できる能力が必要です。

またトラックの運転手になると接客の機会はありませんが、長距離移動などで逆に一人になる時間も多く、退屈に感じることもあるようです。深夜に長距離をずっと同じ体勢で運転することは容易ではありません。

そのため意外とストレスのかかる仕事でもあります。イライラやストレスなどで事故を起こさないためにもストレスに強いということが大切になってくる業種です。

人の命を預かる仕事、自分の命も

バスもタクシーもトラックも、一つ間違えたら凶器となる乗り物です。バスやタクシーの運転手は乗客の命を預かっているという緊張感を常に持っておく必要があります。

またトラックの運転手も、長時間に及ぶ運転で疲れが出ても睡魔に負けない体力が必要です。事故を起こさないようにいつでも気を張りつめて運転するという心がけが必要です。

運転手に向いている人、適性がある人

運転が上手い

運転手の基本としてまずは運転が上手いということが大前提になります。大型バスやトラックは通常の小さな車と構造や動きも違います。

実際に現場で活躍するときは時間通りに間に合うように、かつ安全性に気を配りながら、という配慮も必要です。

臨機応変に動かせる

運転に慣れていても町中ではどんな危険が迫ってくるか分かりません。大きな事故につながらないように、色んな場面で臨機応変に運転できる能力を持ち合わせておくことが必要です。

真面目な性格 時間を守る能力

日本の交通機関は、時間をきっちり守ることで評価が高いですね。路線バスの場合は特にきっちりと時間を守る必要があります。バスの運転手は毎日通勤や通学でバスを利用する人が遅れないように、しっかりと時間を守っています。

乗客の安全性にも気を配りながら時間も厳守することは簡単なことではありません。バスの運転手として仕事をする上で苦労する部分でもあります。こういった面を見ても、何が何でも時間を守るというまじめさが大切な職業です。

トラック運転手も時間管理が大変

トラックの運転手も時間を守って指定地に向かうことが大切です。トラックの運転手が決められた時間に荷物を到着させてくれることで、日本の運送は上手く回っています。

走行中の道路は渋滞や事故など様々な障害が起きますが、トラック運転手の「時間通りに届ける」という真面目さが多くの人を助けています。

接客力やコミュニケーション能力がある

運転手の仕事内容は、とにかく運転する仕事ということで人と関わることが好きでない人も運転にさえ集中していれば良いという風に思われがちです。しかし実際は乗客とのコミュニケーションがとても大切な仕事です。

バスは色んな人が乗る仕事 会話力は意外と必要

バスの運転手の場合、町中を走る路線バスには色んな乗客が乗ってきます。毎日バスを利用する人であれば顔を覚えてくれることもあるでしょう。常連さんでもそうでない人でも、目的地まで気持ちよく送り届ける手段の一つとして会話力は必要です。

また観光バスであっても添乗員やバスガイドとの会話や打ち合わせが必要となります。旅先でテンションが上がっている観光客に、気持ちのよい時間を過ごしてもらう気遣いも必要です。

タクシーの運転手は心配りが大切

タクシーの運転手の場合もさまざまな乗客と関わることになります。仕事終わりで疲れている人や急いでいる人など、本当に色んな人が乗ってきます。

中にはあまり話しかけられたくないと思っている人もいることでしょう。だからこそ、ただ話しかければ良いというものでもないのです。乗車料金を頂くのですから、タクシーの運転手は乗客ひとりひとりに合わせた接客力が求められます。

トラックの運転手も意外と話す機会あり

バスやタクシーの運転手に比べると、トラックの運転手は人と話す機会が少ないものですが、指定場所に到着した時など届ける場所によっては相手と良い関係を築いておく必要があります。

会社に属さずに個人で運転手をする場合も、自ら接客や営業をかけていく必要があります。そんな場面でもコミュニケーション力は必要とされます。

運転手になるための学校・教室

まずは教習所で免許取得の訓練を

運転手になるための学校といえばやはり自動車教習所でしょう。特殊な自動車免許を取得するための最短ルートだと言えます。

自動車の知識が身に付く学校

バスやタクシー、トラックの運転手になるために必ずしも卒業しないといけない学校というのはありません。しかし、高校在学中など早い段階で運転手を目指したいと考えている場合は、自動車関連の大学・専門学校に進学して自動車の知識を学ぶことも一つのルートです。

整備など自動車そのものの知識が深まる

自動車や運転好きの人が多い自動車関連の学校。整備士の資格が取れることが多く、自動車そのものの知識が深まります。

もし運転手になりたいと考えている場合、こういった学校で学んでから就職しても良いですね。自動車の詳しい知識も持ち合わせているということで就職に有利に働くことでしょう。

運転手になるには?まとめ

運転技術はもちろん、会話力や体力など色んな能力が必要

運転手になるには運転が上手いことはもちろんですが、長距離運転にも耐えられる体力や乗客とのコミュニケーション、接客能力など、意外な能力も必要だということが分りました。

運転手として働くには様々な形がありますが、自動車を扱うという部分ではどんな運転手になるにしても真面目さが大事です。事故を回避するためです。

運転するための免許の取得から始まり、普段から色んな人と関わり会話を楽しむということも良い運転手に近づける方法の一つでしょう。

運転手の参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格
  • 大型自動車第二種免許
  • 大型自動車第一種免許
  • 大型特殊免許
  • 普通自動車第二種免許
  • 普通自動車第一種免許
  • 中型自動車免許
  • 準中型自動車免許
  • けん引免許
資格区分 免許
職種運輸・乗り物

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

運転手の関連記事

運輸・乗り物に関する他の職業KANREN JOB