運転手の給与や年収は?バス・タクシー・トラック運転手の平均年収まとめ

運転手の給与や年収は?バス・タクシー・トラック運転手の平均年収まとめ

バス、タクシー、トラックの運転手は1日に長時間労働を強いられ、人手不足かつ安い給料のイメージが強い職業です。しかし、運転手は個人の給与に差があり、人によっては快適な生活と高年収を手にしています。運転手業界の平均年収はどれくらいなのか?徹底調査しました。

運転手の給料・年収は安い?

運転手という職種の給料は安いと思われがちですが、実際のところはどうなのでしょうか?

本記事では、統計データなどを参考にバス運転手・タクシー運転手・トラック運転手の平均年収など、職種ごとの平均的な給料を調査してみました。

運転手を目指そうと考えている方は、給料の比較情報を見てから具体的な職種を決めるのも良いでしょう。とにかく個人の実績を反映させたい方はタクシーやトラックの運転手、安定した収入を求めるならバスの運転手となります。

では、職種ごとの給料を見ていきましょう。

バス運転手の平均給与

バスの運転手概要

バスの運転手には様々な種類があります。路線バス、観光バス、夜行バス、送迎バス。また、会社の規模や待遇によっても年収は変わってきます。ここではバスの種類ごとにまとめました。

路線バス運転手

路線バス運転手の平均給与は440万です。昔は公営である路線バスのほうが、給与水準が高い傾向にあると言われていましたが、現状は民間委託が進んでいたり、嘱託社員やアルバイトを雇ったりする傾向も増えているので、給与水準は下がりつつあります。

観光バス

観光バス運転手の平均給与は430万です。このように路線バスと大差はありません。しかし、観光バスは繁忙期と閑散期の差が激しく、営業所に待機する時間が増えてあまり給料がもらえないような時期もあります。

夜行バス運転手

夜行バスの運転手の平均給与は470万と高額です。夜行バスは長距離運転が前提となり、拘束時間が非常に長いです。また、夜間の走行であることから重大な事故を起こさないよう十分な注意を払う必要があります。

送迎バス運転手

送迎バスの平均年収は420万と低めの傾向にあります。しかし、1日に運転する時間が少ないです。勤務時間は7時間以上とはなるのですが、実際はお客さんの待ち時間などもありますので、運転する時間は2時間~3時間程です。また、給与は14万と低いですが実際は各種手当が付くので35万ほどとなります。

バス運転手の平均賞与は?

会社によっては賞与が全くでない会社から3回賞与がある会社と様々です。年齢によって幅広くはありますが、30万~70万と賞与の差は大きいです。傾向としてはベテラン運転手のほうが収入は高い傾向にあります。

昔と比べて収入は下がっていると言われてはいますが、バス運転手の競争率は激しく、現在も人気職であることは変わりません。

タクシー運転手の平均給与

タクシー運転手概要

タクシーの運転手の年収は平均300万と低い水準です。しかし、これは地方ドライバーといった収入が少ない地域も平均に含めてあり、地域によって年収は大きく変わります。

理由はタクシー運転手の多くは歩合制度を採用しており、売上に左右されやすい傾向にあります。そのため、個人差は大きいです。ここでは都内と地域の差についてまとめました。

都内のドライバーは年収が高い

都内ドライバーの場合、平均値を上回る年収のドライバーが多いです。東京ハイヤー・タクシー協会によると都内では約400万の年収が平均と言われています。なぜ都内のほうが稼ぎやすいのか解説します。

タクシー利用人口が多い

都内ではタクシーの利用者が非常に多いです。東京ハイヤー・タクシー協会による統計データを見ますと、1日の平均乗車は32人であり、タクシー台数と合わせて算出すると、年間の利用者はおよそ3億人にも及びます。都内でのタクシー需要は非常に多いため、比較的年収が上がりやすい傾向にあります。

東京23区では高年収も狙える

やる気とやり方が良ければ、売上を上げることも十分にできます。売上をあげるポイントとしては乗車回数を増やすこと、勤務時間を増やすこと、客単価を上げることの3つがあります。

しかし、運転手は体力がいる仕事となりますので、無茶をしすぎると事故に繋がりかねません。安全性を重視し、体調面の管理もしっかりと整えましょう。

地方ドライバーの場合は?

都内以外のドライバーは利用者自体が少なく、年収も低い傾向にあります。タクシードライバーの平均年収を下げている要因と言われています。

しかし地方は、多忙に追われずのんびりと自分のペースで働けるのでメリットが全くないわけではありません。体力のあるうちは都内、体力がなくなってきたら地方と考えるのもありです。

トラック運転手の平均給与

トラックの運転手概要

トラックの運転手は長距離ドライバーをイメージされる方が多いと思いますが、地域配送から引っ越し会社、運送と様々な業種があります。また、タクシーの運転手と同様、歩合制が多いことから個人差が大きくあります。

ここではトラックの業種別により平均年収についてまとめました。

小型トラック運転手の平均給与・年収

厚生労働省による賃金構造基本統計調査によると、小型トラック運転手の平均給与は30万前後です。賞与についてはばらつきが大きく、16万~53万と幅広いです。年収にすると400万が平均給与となります。

大型トラック運転手の平均給与・年収

大型トラックの場合、小型に比べて平均給与は高い傾向にあります。平均すると34万前後であり、賞与については小型との差はそこまでありません。21万~50万程となります。年収にすると450万ほどとなるので、全体的に小型ドライバーを上回る傾向にあります。

長距離ドライバーのほうが稼げるのか?

トラックの運転手は走った距離に応じて給料が上がります。そうなると必然的に長距離型ドライバーの給料はよくなります。また、長距離の場合は大型ドライバーであることが大半です。大型ドライバーは専用の免許が必要なので、その分給与は高めとされています。

しかし、長距離運転は長い時間拘束されます。さらに高速道路は深夜に走行したほうが安くなりますので、深夜帯に走ることが多いです。また、適度に休憩を取り睡眠時間を確保する必要もあり、自己管理が問われます。

そのため、給与は高いけど割に合わないと感じる人は少なくありません。では、小型ドライバーが全く稼げないのかと言われるとそうではありません。会社の待遇にもよりますが、小型ドライバーでも年収が高い方もいます。

稼ぐためには絶対に長距離ドライバーをやる必要があるのかと言われると、決してそうではありません。しかし、長距離ドライバーは深刻な人員不足に陥っているので需要は高まっています。

タクシーやトラックはなぜ個人差が激しいのか?

歩合制による個人差

タクシーやトラックの運転手の多くは給与形態に歩合制を採用しています。これは会社の売上や業績に対して固定給に加算する制度のことを指します。そのため、仕事をすればするほど稼げるのでモチベーションのアップには繋がりやすいです。

しかし、実態は仕事をもらえばもらうほど稼げるといったことはありません。仕事の中でも割に合う仕事と割に合わない仕事があり、その結果個人差が大きくなる傾向にあります。

例えば運賃で給与を決める会社は、走った距離に応じるのではなく、対応した仕事に対する運賃によって給与に反映するような会社があります。同じ距離で運賃2万円のところもあれば、その半額の1万円のところもあります。

さらに、運賃のいい仕事というのはベテランの方に回される傾向にあり、新人になればなるほど割に合わない仕事をさせられてしまう傾向にあります。

もちろん、全ての会社が同じとは言い切れません。あくまでそういった会社もあることを念頭に入れておくある必要があります。

未経験でもチャンスはある

割に合わない仕事を回されやすい傾向にあるにしろ、運転手は業界未経験であってすぐに稼ぐことができる業種ではあります。会社の中には免許取得を支援してくれるような会社もあります。

どれくらい良い仕事がもらえるのかの差はありますが、走れば走るほど給料があがるのは事実なので、努力が反映されやすいとは言い切れます。コツコツと真面目に下積みを積んでいけば、運賃が良い仕事も回されやすくなります。

運転手の給料・年収まとめ

個人差は激しいものの平均年収は高め

サラリーマンと比べると運転手はどの業種でも平均年収は高めであり、特にタクシーやトラックの運転手は歩合制を採用しています。さらに未経験者でもチャンスがあるので頑張るほど稼げる職ではあります。

しかし、運転手は総合して安全運転を心掛けなければならず、重大な責任を背負うことになります。そのためにも無茶をしすぎることは考えず、安全と身体を第一にすることが一番重要です。

ミイダスで「あなたの適正年収」を診断可能!

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値、スキル、パーソナリティを診断・データ分析できるサービスです。

運転手の参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格
  • 大型自動車第二種免許
  • 大型自動車第一種免許
  • 大型特殊免許
  • 普通自動車第二種免許
  • 普通自動車第一種免許
  • 中型自動車免許
  • 準中型自動車免許
  • けん引免許
資格区分 免許
職種運輸・乗り物

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

運転手の関連記事

運輸・乗り物に関する他の職業KANREN JOB