振付師の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計まとめ

振付師の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計まとめ

振付師の給与や初任給はいくらでしょうか?有名なアイドルグループや印象的なCMを担当する振付師は、年収数千万に上ると言われています。しかし、成功しているのは一部の人だけで、ほとんどの振付師は副業がメインの収入となっています。

振付師の初任給

振付師に初任給はある?常に仕事をもらえるわけではないので統計を出すのは難しい

振付師の給与はほとんどの場合、任された仕事の大きさや契約内容によって異なります。1曲分振付を考え、ダンサーたちに教えるまでの仕事の金額がいくら、と決められることがあります。

ライブツアーなど、1~2時間の公演の振り付けを担当する振付師もいます。特定のアイドルグループや歌手について専属振付師として活躍している場合もあり、振付師として有名になると仕事を受注しやすくなるでしょう。

振付師の仕事のみで生計を立てられる人は、日本国内に一握りしかいないと言われています。有名な振付師の場合、数百万円から数千万円の契約をすることもあります。一般的な会社員のように月々の給与が決まっているわけではなく、その人の実力や経歴、受ける仕事の大きさによっても金額が大きく変わるので、一概に初任給の統計を出すのは難しいでしょう。

振付師が副業に選びやすい「ダンスインストラクター」の仕事内容と初任給

一部の成功している振付師は年収数千万と高収入を得ることが可能です。しかし、振付師の仕事をしながら、ダンスインストラクターなどの副業で大部分の収入を得ている振付師がほとんどです。

ダンスインストラクターのメインの仕事内容は、ダンスの基礎を生徒に教えることや振り付けを教えることです。新たな振り付けを考案し、考案した振り付けを生徒が踊れるように指導するなど、振付師の仕事と重複する部分もあります。そのほか、ダンスインストラクターとして授業カリキュラムを組み立てたり、生徒を集めるための宣伝活動を行う、音楽の編集をするなどの業務をこなす必要があります。

ダンスインストラクターとして仕事をする場合、働く場所はダンススクールや専門学校、フィットネスクラブ、カルチャースクール、自分が開業しているダンススタジオなどが多いです。働く場所や生徒によって、年齢層や目的はさまざまです。趣味としてダンスを楽しむ人から本気でプロダンサーを目指す人まで、どのような指導をしたいかによって働き方を変える必要があるでしょう。

フィットネスクラブのダンスインストラクターとして正社員で就職した場合、初任給は17~20万円程度が相場です。どのような経歴があるか、年齢、勤務地の場所によって初任給に影響が出ます。

振付師の平均給与

振付師の働き方は大きく分けて2種類!どちらも実力主義の厳しい世界

振付師として働く場合、働き方はほとんどの場合2つに分かれます。1つはプロダクションに所属して仕事をする方法です。

振付師としての実力や経歴だけではなく、その人の個性やトーク力、発信力などを見込んで芸能プロダクションに所属することもあります。国民的アイドルグループの振り付けを担当した有名振付師は、タレントなども所属する芸能プロダクションに所属しています。

登録しているダンサーや振付師を、テレビやCM、映画、舞台、イベントの現場へ派遣するキャスティング会社などに所属する振付師もいます。プロダクションやキャスティング会社などに所属した場合、定期的に仕事をもらえることが多いです。

ただし、仕事の内容はフリーランスで振付師をしている人に比べてあまり選べないこともあります。また、プロダクションに所属するにはオーディションに合格する必要があり、実力やセンス、ダンサーや振付師としての経歴が問われます。

プロダクションなどに所属して活動している振付師の場合も、仕事量やその人の実力によって月々の給与は大きく変わります。そのため統計を出しにくいものです。プロダクションや事務所に所属したほうが定期的に仕事をさせてもらいやすいですが、所属先のプロダクションに仲介料をいくらか取られます。

フリーの振付師として働く場合は自分で営業活動を行い、仕事を獲得する必要があります。つてや人脈を頼りに仕事を紹介してもらえることもあるでしょう。フリーの振付師の場合も仕事量や個人の実力、経歴によって収入は異なり、平均などの統計は取りにくいところがあります。

副業に選ばれやすい「ダンスインストラクター」の働き方と収入とは?

振付師の仕事だけでは収入が不十分なため、ほとんどの振付師が他にも仕事を持っています。副業として選ばれることが多いのがダンスインストラクターです。ダンスインストラクターとして働く場合、フリーのインストラクターか、正社員や契約社員のように雇われている場合とでは給与が異なります。

フィットネスクラブで社員として働くダンスインストラクターの場合

フィットネスクラブで社員として働くダンスインストラクターの給与の相場は、17~30万円前後ではないかと言われています。年齢や経験によって基本給はアップしますが、30代、40代以降は同年齢の会社員に比べて給与水準が低くなる傾向があります。

フィットネスクラブの正社員として働く場合、一定以上の給与を得るためには役職につき、クラブの経営や会社の運営について関わる立場になる必要があります。その場合、クラブの利用者に指導するなど、現場の仕事からは離れることになります。

フリーのダンスインストラクターの場合

フリーのダンスインストラクターの場合、給与は歩合制か固定制かによって異なります。固定制の場合、60~90分の1コマのクラスを担当して5000~8000円の報酬が相場です。常連の生徒が増え、人気のクラスとなればプラスアルファで手当てがつくこともあるようです。

歩合制の場合、生徒が何人いるかによって収入が変わります。生徒1人につきいくらの報酬が入るかは、フィットネスクラブやダンススタジオとの契約内容によって異なります。例えば仮に生徒1人につき2000円の報酬が入る契約だった場合、1コマで5人の生徒が入ると1万円の収入となります。

1か月のうちに何コマ担当するか、クラスやスクールをどれくらい掛け持ちして仕事をするかによって収入は異なるため、フリーのダンスインストラクターの収入の統計を出すのは不可能です。

大きなダンス大会で優勝したり、有名歌手と共演経験があるなど、宣伝になる肩書がある人の方がダンスインストラクターとして良い条件で働ける可能性が高いです。

振付師の平均年収

振付師の年収は?キャリアを積み努力次第では収入が増えていくかも

振付師の年収は、ダンスインストラクターなどの副業での収入も含めると200~500万円前後の年収を稼いでいる人が多いのではないかと考えられます。振付師としての収入も、フリーのダンスインストラクターとしての収入も、能力や経験、働き方によってかなり差が出るものなので、詳しい統計を出すのは難しいでしょう。

一般的な会社員と異なり勤続年数によって順調に給与が上がっていくことはありませんが、キャリアを積むことで収入を増やすことは可能です。振付師としての実績が増え、人気が出たり話題になると仕事のオファーが来やすくなります。

また、ダンスインストラクターとして長年の経験で上手な教え方や、常連客がつきやすくなる指導方法のコツなど、自分なりにつかんでいくことができます。振付師として芸能界やエンターテイメント業界で仕事をすることで人脈やつてが増え、仕事につながることもあります。

振付師の仕事だけで生計を立てていくのは難しいですが、ダンサーとしての経歴・経験を生かし、培ってきたセンスを生かして時間をかけてじっくりと仕事に向き合うつもりで仕事に臨むと良いかもしれません。国内外に名前が知れ渡るほど有名な振付師になるのは難しいですが、キャリアとして積み重ねてきたものは仕事量や収入に反映されていく可能性が高いです。

仕事の幅を広げるためには、エンターテイナーとして常にセンスを磨く必要がある

振付師の仕事をするためにはダンサーとしてダンスの基本をマスターするだけでなく、芸術性や他と差別化できるほどの個性とセンスが必要とされます。

芸術に関わる仕事をする人たちは豊かな感受性を持ち、さまざまな刺激に触れて新たな作品を生み出します。振付師もアイデアを形にしていくアーティストの一人として、常に刺激を求めることでセンスを磨くことができるでしょう。

例えば、今まで挑戦してこなかったジャンルのダンスの習得に挑戦することです。メジャーなダンスジャンルはヒップホップやジャズなどで、ダンサー時代に修得済みの振付師が多いです。マイナーな民族ダンスを習ってみるなど新しい挑戦をしてみるとアイデアの幅がぐっと広がります。

時間と金銭的な余裕があるのであれば、海外へダンス留学してみるのもおすすめです。世界レベルのダンスレッスンを受けることで、新たな発見があるかもしれません。また、海外のダンスや芸術に触れることで、振付師としての感受性を刺激されることでしょう。

一人のエンターテイナーとしてセンスを磨き、引き出しを増やすことで仕事の幅が広がったり、振付師として新たな挑戦をすることができるでしょう。それは結果的に振付師としてのキャリアアップと収入アップにつながります。

振付師の給与・年収まとめ

振付師の収入だけで生活できる人は一握り?

振付師の仕事の収入だけで生計を立てられる人は、国内でほんの一握りだと言われています。ほとんどの振付師がダンスインストラクターなどの副業がメイン収入となっています。

振付師の収入は仕事内容や契約内容、その人の経歴や実力によって大きく変化するため、一概に統計を出すのは不可能です。ダンスインストラクターはフィットネスクラブやジムに雇用されている場合と、フリーで仕事をしている人がいます。

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

振付師の関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB