AIエンジニアの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

AIエンジニアの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

AIエンジニアは、人工知能に特化したエンジニアのことで、さまざまな業界で需要があります。AIエンジニアはプロジェクトの方向性や実証実験を行い、AIが適正に作動しているかをチェックします。最先端の技術力に触れることができますし、高額年収を目指すことも可能です。AIエンジニアの仕事内容についてご説明します。

AIエンジニアとはどんな仕事?

人工知能を専門とする技術者

AIエンジニアとは、AI(Artificial Intelligence)と呼ばれる人工知能の分野に特化したエンジニアのことです。

AIエンジニアが人工知能にデータを学習させ、解析させることによって、機械であるコンピューターが人間と同じような知能を持ち、人間と同じように動作するようになります。

AIが人間と同じような動きをするために、AIエンジニアはプログラミングやアナリティクスなどを行なって、データの解析を行ない、AIの動きがより人間に近くなるように修正します。

現在、AIエンジニアの仕事は将来の新しいサービス形態を生み出すものとして世界中で注目されています。

自動車や産業、さまざまな業界で必要とされている

各業界においてAIエンジニアの需要は増えており、今後も増加していく見込みです。

例えば、自動車業界では自動運転技術としてAIが組み込まれていますし、産業では人工知能が組み込まれている機械が製造工程を担い、人員の削減や効率化のアップに貢献しています。

さらに、文字認識や物体検知などの画像処理の分野でもAIが使われるようになり、AIエンジニアの活躍できる幅は広がっています。

これからも様々な分野でAIが搭載されていることが見込まれており、最先端の技術を持ったAIエンジニアが必要とされています。

最先端の技術研究もAIエンジニアの仕事

IT業界の中でも、特に技術革新が早いと言われているAI業界。この分野で活躍して成功するためには、最先端の技術情報をいち早くキャッチして、開発に組み込むことが必要です。

ITに関する情報をリサーチして、最新の情報に触れることや論文を読んで最新の研究結果をキャッチアップすることは欠かせません。

実際、AIの開発分野にはリサーチエンジニアというポジションがあり、人工知能を開発するための調査や考案、改良や実証などを行なっています。

つまり、AIエンジニアにとって最新の情報を把握して、取り入れていくことは非常に重要ということです。

AIエンジニアの具体的な仕事内容

プロジェクトの方向性の策定

AIエンジニアは通常のIT開発エンジニアのように、提案された要件に従ってシステムを作り上げていくというよりは、自ら積極的にプロセスに参加してプロジェクトの方向性を模索していきます。

例えば、クライアントとの打ち合わせの時には、特定のビジネスシーンでAIを使えそうな部分を見つけ出し、テストモデルを作りながら試行錯誤を繰り返します。

また、人工知能の使用方法に関してもAIの専門家として意見を交わすこともあります。もし、AIエンジニアの技術力を逸脱するようなプロジェクトを組んでしまうと、開発がスタートしても途中で破綻する可能性が高くなりますし、大幅な軌道修正が必要になる可能性もあります。

そうなると費用が余分にかかってしまいプロジェクトは成功しなくなります。そのため、提案されたプロジェクトの目標設定や開発方法に関して、積極的に発言や提案を行なうこともAIエンジニアの仕事です。

アルゴリズムとモデル開発

アルゴリズムとは、AIが動作をする際の手順や問題の処理方法を指示するためのものであり、その種類は非常に多く、アルゴリズムをどのように開発していくかにプロジェクトの成功がかかっているとも言えます。

AIエンジニアは、人工知能が正確に情報を取り入れ、学習を続けるためにアルゴリズムとモデルの開発を行います。まず、AIエンジニアはモデルを開発するために大量のデータを集めます。それから、アルゴリズムにかけます。

そうすることによって、未知のデータが組み込まれた時に結果が予測できるようなロジックが作り出され、AIが正確に動作することが可能になるのです。

実証実験

アルゴリズムを開発したあとは、AIが予定通りに動作しているかを実験します。

AIエンジニアはPoC(Proof of Concept)、概念実証と呼ばれるデモンストレーションを行ってAIの精度が設計通りになっているか、予想外の動きをしていないかなどを注意深くチェックしなければなりません。

AIエンジニアはこの検証結果を踏まえて、次の開発段階に進めるかどうかを判断します。もし、問題が発生しているようであれば、システムの見直しの検討を行います。

AIの開発実験

アルゴリズムの開発、実証実験をクリアしたら、AIの開発実験が進められていきます。有効性が認められたアルゴリズムを使って、人工知能の開発を進めます。

現在のAI、人工知能の活用例

自動車の自動運転走行

トヨタなどの大手自動車メーカーが開発に取り組んでいるAIによる自動運転走行。AIが画像認識や音声認識を行なうことによって、信号や対向車、通行人などを察知し、人間と同じような走行を行います。

まだ開発段階ではありますが、高齢化社会において高齢者の自動車事故を防いだり、長時間の運転による体の負担を軽減できるものとして期待されています。

インターネットの検索エンジン

インターネット上の検索エンジンにも人工知能が使用されています。ウエブサイトの有害性やコピーコンテンツを見分け、ユーザが安心してネット検索を行えるようにしているのです。

人工知能がサイト内の文字数やユーザの滞在時間、有効なキーワードなどを選定して、質の低いサイトは下位ページに、ユーザに有効とされるサイトは上位に表示されるようになっています。

お掃除ロボット

人工知能を使った商品として馴染みがあるのはお掃除ロボット、ルンバではないでしょうか。掃除機に取りつけられた人工知能が障害物を避けるだけでなく、家具の配置や部屋の間取りを学習して、効率よく掃除を行います。

お掃除機ロボットルンバは、2002年に新世代型掃除機として登場し、2012年までには累計約800万台が販売されました。毎年、新しいAI掃除機が開発されており、私たちの生活の中でも人工知能が活躍するようになりました。AIエンジニアの需要が大きくなっていることもうなずけます。

テレフォンオペレーターのサポート業務

最新の人工知能はテレフォンオペレーターのサポート業務もこなします。JR西日本は米国のIBM社のAIシステム、ワトソン(Watson)を電話対応業務に導入しており、電話対応にかかる時間の節減に成功しています。

JR西日本によると限られた業務時間で対応できる電話の件数が増え、サービス向上につながっているとコメントしてます。このようにAIが受電業務までのこなすようになっており、AIエンジニアの技術力が活かされています。

クレジットカードの不正使用チェック

クレジットカードの不正利用による被害は大きく、それを阻止するためにAIが導入されています。

これまでは、人間がカード保有者の動向をチェックしていましたが、今ではAIがクレジットカード保有者の利用行動をチェックして、高額な買い物がされた時などは利用者に連絡が行くようになっています。

また、過去のデータを参考にして、不正利用されるケースと同じようなパターンが確認された時にも、カード会社が状況を確認できるようになっており、被害を事前に防げるようになっています。

AIエンジニアの仕事のやりがい

最先端の技術革新の一端を担える

人工知能に関する研究と実験は、とても速いスピードで進歩しており、最先端の技術力を担える人材はとても価値のある存在です。

ロボットやITが好き、というだけでなく最先端の技術力の一端を担えているという実感はAIエンジニアにとって大きなやりがいになります。

IT業界では新しいデバイスが次から次へと登場していますが、AIに関してはまだまだ研究段階の部分が多く、これから先の日本を大きく変える可能性がある研究と言われています。

今までにないものを作り出していく喜びや、日本の将来を変えていく満足感は、AIエンジニアならではのやりがいと言えます。

開発プロジェクトの規模が大きい

AIエンジニアがかかわる人工知能の開発プロジェクトの規模は大きく、クラウドエンジニアや機械学習エンジニアなどと協力しながら研究を進めていきます。各業界のエンジニアたちをアイデアを出し合い、開発を進めていく時、AIエンジニアとしてのやりがいを感じることができます。

多くのエンジニアたちとプロジェクトを成功させるために努力する時、今まで知らなかった新しい技術力を目の当たりにして、エンジニアとしての刺激を受けることがあるでしょう。

AIエンジニアの業界は今後も拡大していくと見込まれていますから、これからもAI開発に従事していこうという動機づけになります。

新しいサービスを作り上げていく喜び

人工知能であるAIは、私たちの生活のいろいろな分野で使用されていますが、将来、さらにAIの使用範囲は広がると言われています。

例えば、高齢者が増加する日本において、介護サポートをするAIが登場して、体力の必要な入浴サービスや高齢者の身の回りの世話などをAIが行うようになるかもしれません。また、飲食業界では人工知能ロボットが接客を行う時代がきてもおかしくはありません。

つまり、AIエンジニアには世界の将来を大きく変えるようなサービスを作りをすることができるのです。AIエンジニアとしての知識とスキルを駆使して、最新のAIロボットを作り上げる時、とても大きな仕事をしているという実感を味わえます。

高年収が期待できる

IT業界は高額年収が期待できる業界ですが、特にAIエンジニアは高年収が期待できる職業です。

具体的には、機械学習やデータサイエンス、プログラミング言語や統計処理などの知識をスキル持つAIエンジニアは重宝され、大企業であれば年収1,000万円に達することも可能です。

人工知能の開発技術が注目されるようになって日が浅いため、高い技術力を持つエンジニアが不足しているようです。特に、大企業がデータ管理の業務に関してAIを導入している事例が多く、今後さらにAIエンジニアの給与水準は高くなる見込みです。

AIエンジニアの仕事内容まとめ

AIエンジニアの仕事は高度な人工知能を開発すること

今回はAIエンジニアの仕事内容について特集しました。AIエンジニアは人工知能に特化して専門家として活躍しており、私たちの生活の中でもAIエンジニアの技術力が発揮されています。

AIの普及によって日本のサービス形態は変化していくと言われており、最先端の技術力を支えているという満足感がAIエンジニアとしてのやりがいにつながります。

また、一流のエンジニアとして実力が認められれば高額年収も期待できる仕事です。とても魅力があり、やりがいもあるAIエンジニア。是非、挑戦してみてはいかがでしょうか。

AIエンジニアの参考情報

平均年収600万円~800万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種コンピューター

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

AIエンジニアの関連記事

コンピューターに関する他の職業KANREN JOB