中学校教師になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

中学校教師になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

中学校教師になるためには、私たちが思っている以上にさまざまなスキルが求められます。やりがいのある仕事ですが、それなりに責任感がある中学校教師。果たしてどのようなスキルが求められるのでしょうか。このページでは、中学校教師に求められるスキルについて詳しく紹介していきます。

中学校教師になるには何が必要?

中学校教師になるためには、どのようなことが必要なのでしょうか。中学校教師に求められている条件やスキルについて詳しく紹介していきます。

免許の取得と採用試験合格が必須

中学校教師になるには、中学校教諭普通免許の取得をしなければなれません。また、免許を取れたとしても教員採用試験に受からなければ中学校教師になることが出来ません。中学校教師になりたい場合、まずは免許の取得が出来る大学などへ進学することが近道となります。

人に教えるスキル

中学校教師に必要不可欠なスキルは、人に何かを教えるというスキルです。このスキルが身についていないと、人に何かを教えることができません。教える相手は多感な時期の思春期の子どもなので、大人として接する必要もあります。

子どもから大人へと成長する子どもたちが納得するような教え方をしなければ教師として正しい方向へ導くことが難しいので、配慮した上で指導を行うことが求められます。

健康な体

中学校教師は体力勝負の仕事でもあります。体を壊してしまうと生徒たちへの指導にも影響を受けてしまうため体調管理をしっかりしておく必要があります。また、先生によっては授業だけでなく部活や生徒指導で時間が割かれてしまうこともあります。そのため、自分の休みをコントロールしながら仕事にあたらなくてはいけません。

中学校教師に就任した後は健康な体を維持することができるように、常に自分の健康面をケアするように心がけることが大事です。

中学校教師に向いている人、適性がある人

中学校教師に向いている人や、適性がある人はどのような人なのでしょうか。中学校教師になると能力を発揮する人ができる人物像について詳しく紹介していきます。これから中学校教師になろうと考えている方は、このような条件に該当するかセルフチェックをしてみましょう。

向いている人

中学校教師に向いている人は、次のような特徴を持った人です。このような人が中学校教師になればうまく生徒と付き合うことができ、良い教師として評価される可能性があります。

人と接することが好き

中学校教師は生徒と向き合う場面が多くなるので、人と接することが好きでないと中学校教師として仕事をすることは難しいでしょう。人とのコミュニケーションが好きで、深く関わりたいという方には中学校教師の仕事はオススメです。

人に教えることが好き

中学校教師はさまざまな場面で、生徒に「教える」という機会があります。これは、勉強に限ったことではありません。生徒が正しい方向へ進むように指導をすることも関係があります。人に何かを教えることが好きという方には中学校教師の仕事は適任であると言えます。

効率よく仕事ができる

中学校教師は時間の合間を見つけて自分の仕事をこなしていく必要があります。特に部活動や生徒指導の教師になれば、時間が部活動の指導など取られてしまう可能性があるので、効率よく様々な仕事をこなさなければなりません。

効率的に動くことが得意な方には、中学校教師になってもうまくスケジュール管理をしながら仕事に取り組むことができるでしょう。

体力がある

中学校教師は、休みを惜しんで仕事をしなければならない場面もあります。特に行事ごとが重なる時期は、体力がなければ乗り切ることができません。

教師が立て続けに休んでしまうと生徒からの信頼度も下がってしまうので、体力があるかはとても大切です。中学校教師を目指すのであれば、さまざまな激務をこなすことができるような体力を身につける努力が必要です。

適性のある人

中学校教師はどのような方に適性があるのでしょうか。適性のある方の特徴を紹介していきます。

正義感が強い

思春期を迎える生徒は、時に間違った行動を起こすことがあります。生徒が間違った行動を起こした時に正しい方向へ導くことも中学校教師には求められます。教師が大人のお手本となるため、間違った行動をしては生徒に示しがつきません。そのため正義感のある方は中学校教師に向いています。

責任感がある

中学校教師は、生徒の大切な時期を親御さんよりも接することになるので、責任感を持って接しなければ間違った方向へ生徒がいくこともあります。間違った方向へ育たないためにも、責任感を持って教師は接する必要があるので、責任感がある方は中学校教師に向いています。

熱く語ることができる

生徒と接する上で、淡々と与えられた仕事をこなすのではなく情熱を持って接することもあります。熱く人に語りかけることができる方は、中学校教師になっても生徒の心を動かすような話をすることができるので、情熱がある方には適しています。

このように、中学校教師はさまざまなスキルが求められます。もちろん、全て現段階で揃ってなくてもこのようなスキルを身につけていけば良い教師になることができるので、これから中学校教師を志す方は今回紹介したようなスキルを身につけてください。

中学校教師になるための学校・教室

中学校教師になるための学校や専門学校はあるのでしょうか。中学校教師になるためには教員免許が必要です。教員免許をとるためには、大学、短大、大学院に通学し必要な科目を履修し習得する必要があります。

どこで取るのが良い

教員免許をとるのであれば、どこで取るのが良いのでしょうか。短大、大学、大学院では取得できる免許が異なりますが、どれが優れているということはありません。教員免許は定められた科目をきちんと履修すれば習得できるので、まずは教員免許が取れる大学に進学することが中学校教師になる近道となります。

採用試験は一定期間受けることが可能

教員免許を取得した後、教育委員会の採用試験を突破しなければ中学校教師として雇ってもらうことができません。採用試験は1度きりではありません。20代であればある程度受けることができます。

また、教員試験に合格するまでは、非常勤講師として学校で指導することも可能です。もし不合格になってしまった場合は、落ち込むのではなく非常勤講師になって翌年に行われる採用試験に臨むようにしましょう。

私立中学校の教師として採用される方法も

中学校教師は公立の中学校が最もなりやすい方法ですが、それ以外の方法でも教師の道がないわけではありません。私立中学校でも教員を新たに募集しているケースがあります。

私立中学校は公立に比べて転勤がないので、同じ学校に勤務し続けることになります。しかし、採用条件が厳しく滅多に募集されないので、私立は運がよければと割り切って検討するようにしてください。

中学校教師になるには?まとめ

情熱溢れる人物が中学校教師になれる

中学校教師になるためには、教員試験で採用されなければ中学校教師として働くことができません。採用してもらうためには、人物は中学校教師にふさわしくなければ採用されないので、中学校教師に求められる生徒に情熱を持って接することができるような人物を目指すよう心がけてください。

中学校教師になる方は、それなりの覚悟が必要不可欠になります。教師として教壇に立ちたいと考えている方は、「教師になれれば良いや」ではなく中学校教師になりたいという強い気持ちを持って試験に挑むようにしてください。

中学生という揺れ動きやすい年代に責任が発生する仕事は大変なことも多いですが、しっかりと生徒を卒業させることができた際の達成感はひとしおだと言えるでしょう。

中学校教師の参考情報

平均年収400万円~700万円
必要資格
  • 中学校教諭普通免許状
資格区分 免許
職種教育・保育

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

中学校教師の関連記事

教育・保育に関する他の職業KANREN JOB