芸者の給与・年収は?実力主義な世界な芸者の収入事情まとめ

芸者の給与・年収は?実力主義な世界な芸者の収入事情まとめ

海外からも注目されている日本の芸者。芸者の平均の給料や年収はいったいいくらなのでしょうか?今回はこの記事で、芸者の平均給与や年収、そして給与アップの為の手段や高収入を目指せる可能性についてご紹介します。

芸者の初任給

見習い芸者の給料はほぼ無給になっている

基本的に一番下の地位ですと仕込みさんから始まり、半玉(京都では舞妓とも呼ばれている)になるとお座敷に呼ばれますが、芸妓になるまでの修行期間扱いとなっており、給与はでません。置屋によっては1万円~2万円のお小遣いがでる所や、自活をさせている置屋では、時給が出ます。時給は約2,500円といわれています。

しかし見習い期間から給与が発生する置屋の場合は、通いで学ぶ場所という置屋である可能性が高いのと、その給与には着物、稽古の金額を差し引いた金額を渡される事になる事を考えておきましょう。

一般企業で働くのとはまた違った仕組みとなっていますが、生活面からみると見習い舞妓からデビューし、年季奉公を終えるまでは置屋が生活を見てくれる為、生活には困リません。この点はメリットのひとつでしょう。

仕込みから約1年はほぼお手伝いや稽古、舞妓、芸妓さん達の身支度を手伝い、舞妓になるまでが多忙かつ、しなければいけない事が沢山ある上に、無給もしくはお小遣いくらいという厳しい現実が待っています。舞妓さんになれるまでに覚える事も多いため、ある程度、覚悟して考えておくほうがよさそうです。

転職したときの給料は低め、実力次第で上がる可能性も

芸者の世界は実力社会であり、給与制も採用されていますがほとんどが歩合制なので、今までサラリーマンとして働いていた人にとっては、かなり少ないと感じる人も多くいるでしょう。

ですが、実力を持ち合わせて徐々にスキルアップしていけば、能力次第では高収入も夢ではありません。学歴、経験は不問なので前職のスキルによっては役に立つ場合もあり、努力次第で収入をあげていく事もできるでしょう。

置屋によって上記に挙げたように給与制の置屋の場合もあるので、気になる置屋があればネット上で調べてから相談してみる事は必要でしょう。給与は転職前より下がる可能性が高いですので、転職する前に念のため貯金を残しておく事と、芸者になって人気芸子までのし上がる覚悟をもって動くことが必要になるでしょう。

異業種からの転職の際には、芸者の形態や所属する置屋も詳しくチェックしておくこと

芸妓になる前の修行期間についても調べておくべきです。基本的に衣食住や稽古の費用や着物代などを置屋が負担してくれるので、生活に困るという事はありません。

最近では、ハローワークやネット上でも求人を募集されている所もあります。芸者が沢山いた時期に比べると、芸者さんを呼べるお店が少なくなっている為、後継者も減少しています。そういう意味では目指しやすくもなってはいます。

年齢制限は置屋によりけりという所が徐々に増えてきています。見習い期間も昔ならではが多いです。短期間の見習い期間から芸者の立場として座敷に出られるところも少ないですがあります。

現状中学卒業から同時にという所が多いですが、年齢制限を20代前半くらいまで上げている傾向にあるので、狙うなら早めが良いです。

芸者の平均給与について

芸者の平均月給は約20万円前後

フリーランスのように、芸者には決められた給料というものはありません。置屋の形態や宴席に呼ばれる回数などで変動が激しいです。しかし、舞妓が芸妓になるまでの5~6年、働きながら置屋に今まで掛かった費用を返済しなければいけない事や、お給料の内容や仲介料も置屋によって変わります。

芸者を呼ぶお金を玉代とよび、それは芸者にとっての給与といえます。大体一回の宴席に芸者に5万円くらい支払われる事が多いです。置屋は芸者を育てる場所でもあり、置屋の主人(おかあさんと呼ばれている)が仕事をプロダクションのように取ってきてくれるので、そこから置屋が仲介料(別名看板料)を計算されている事が多いです。

さらにその他諸々の諸費用を引いた計算が給与となるので、時給で貰える事、宴会の席での拘束時間としては約2時間程度、宴会にほぼ毎日呼ばれていれば、約20万円前後は稼げるでしょう。

看板料金、他の諸々の費用を引いた計算が給料となる為、最初はそこまで稼げませんが、芸者個人でお客様に交渉する事で上がる可能性はあります。コミュニケーション能力や気遣いが出来る事が必須にもなってくるので、芸者になったとしても努力を怠らない事が大事です。

スキルや芸事を磨くことによってさらに給与アップにつながることも

芸者として自分で仕事を探し、お座敷代とさらに、チップなどつけてもらえるようになれば、さらなる収入が得られます。最初の約2時間の業務拘束時間は置屋が仕事を取ってきてくれますが、さらなる収入は個人の交渉力が問われます。

基本的に、芸者として働き始めてから人気芸子になるためにも、お客さん同士のコミュニケーションを上手く誘導させるように、空気を読みながら宴会の場を上手く終わらせるように考えるスキルを身につける事が必要になります。

人気芸妓として呼ばれる事が増えれば、玉代が6,000円になるケースも少なからずあるので、給料アップの為にも日々鍛錬が必要です。

芸者の平均年収について

芸者の年収は、人によって変動する

見習いは大体の所が無給である事がほとんどです。芸妓になるまでの5~6年はほぼ無給、もしくは微々たるお金が支給となります。

芸者として一人前になった時に、置屋から独立するか、置屋で給与制として働くか、人によって年収はまちまちになります。独立する人ですと、色々個人で必要とする諸費用によっても変わります。

その人の実力次第で年収は変わります。芸妓の最高位の丈夫になれたら、高収入も望める可能性はありますが、5年くらい時間をかけて自力でスキルを磨いていった人のみがなれる狭き門です。厳しい世界ではありますが、世界では芸者の文化は注目されつつある職業のひとつでもあるので、活躍する場は増えていくと思われます。

収入としては、安定するか安定しないかは芸者によってまちまちです。安定した収入というのを考えているとしたら、覚悟が必要でしょう。経験やスキル重視が強い世界ではあるので、最初の頃は少ないと感じていたとしても、実力次第では時給が上がり、年収アップも見込めます。

給与以外の要因によっても変動有り

前述してきた芸者の給与などは、あくまでも平均の数字です。宴席に出るとお客さんから直接チップを貰えるケースもあります。チップの金額によって月収が上がる可能性はあるでしょう。芸者にとって、大切な収入のひとつでもあるので、収入アップを目指す為にも覚えておくべきでしょう。

独立してからの事を考えておくべき

芸者には引退の年齢はないです。ですが、芸者というのは長く続けていける職業ではありません。独立してやっていくには、かなり稼いでいかないといけません。

舞妓になってから約5年間お座敷で年季奉公というほぼ無給で、違う道に進む人も少なくはないです。実際に芸者の時に身につけた接客技術や礼儀作法、芸事は、独立、もしくは違う職業に転職した際にも役に立つでしょう。

全員が年季を越えて辞めるという訳ではないですが、実際に芸者としての今までの経験を活かして違う職業で成功した人もいます。芸者の世界に入る前に収入の事も考えた上で、独立した後の事も、半玉(舞妓)の内に考えておくべきでしょう。

芸者の給料・年収まとめ

芸者の平均年収はスキルや経験次第

芸者の平均給与、年収レベルは、全体的に低めかつ精神的、肉体的にもタフさも求められる仕事ではありますが、日本の文化としてとても注目されている職業です。

インバウンドの観光客が数多く日本に訪れている昨今、日本の文化を海外に伝えていくという意味においても、芸者の果たす役割は大きくなっていくでしょう。お金以上のやりがいを、仕事を通じて得ることもできるのではないでしょうか。

潜在的なスキルやセンス、経験も豊富であれば、実力次第で収入も上がり、地位も上がっていくでしょう。芸者という仕事はタフでないとやっていけない大変な仕事ではありますが、地位を上げる事、そして人気を得る事ができれば高収入も狙えるかもしれません。

芸者として身を立てたいと考えるならばお金などはまず考えずにしっかりと腰を据えて、芸事のスキルを上げていく必要があるでしょう。

芸者の参考情報

平均年収-
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

芸者の関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB