華道家の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

華道家の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

イベント会場や施設などに飾る生け花を手掛けている「華道家」。最近では生け花に興味を持つ方が増えているといわれていますが、仕事として行う場合は一体どれくらいの収入を得られる仕事なのでしょうか?今回は、そんな華道家の給与・年収についてご紹介していきます。就職・転職で華道家を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

華道家の初任給

華道家の初任給は約14~18万円

華道家の初任給は、約14~18万円といわれています。どんな職種でも、平均的な給与に比べ初任給は低くなっています。しかし、他の職種と比べても華道家の初任給は低くなっているため、満足できる収入を得ることは難しいでしょう。

例えば、生け花教室を開いたとしても生徒が集まるまでに時間がかかりますし、生徒の人数によってはご紹介した初任給よりも低くなる可能性があります。また、アシスタントとして勤めたとしても、初めのうちは少ない給与となってしまうようです。

月に数万円ほどの収入になることもある

フリーランスで華道家をされる場合は、定期的に仕事を受けられるという保証がないため、人によっては月に数万円の収入になる場合があるようです。フリーランスの場合は依頼を受けた数によって収入が決まるため、満足できる給与を得るためにはたくさんの案件を受ける必要があります。

しかし、始めたばかりで実績のない状態では、十分な量の案件を取得することが難しいので、初任給もかなり低くなる可能性が高いです。華道家として仕事をするのであれば、まずはアシスタントとして勤める、またはブライダル会社のような生け花を取り扱っている企業に就職した方が、少しでも高い初任給を得ることができるでしょう。

収入が安定するまでは副業も視野に入れる

華道家の初任給は一般的な職業に比べて低いので、収入が安定するまでは副業を視野に入れてみてはいかがでしょうか?華道家だけでは十分な収入が得られなくても、副業をすることで少しでも安定して収入を得ることができます。

しかし、企業に勤める場合は、その企業によって副業が禁止されている場合もあります。企業に勤める場合はフリーランスで活動するよりも高い初任給を得ることができるようですが、副業を考えている方は事前に雇用契約書を確認しておくことをおすすめします。

華道家の平均給与

華道家の平均給与は約21万円と低め

華道家の平均給与は、約21万円となっています。一般企業や他の職種であれば約25万円が平均となっているため、それに比べると華道家の平均年収は低いといえるでしょう。しかし、これはあくまでも平均的な給与額となっているため、必ずしも低い給与しか得られないというわけではないようです。

というのも、華道家は他の職種に比べて平均的な給与額を出すのが難しいといわれていて、人によって得られる収入額が異なるからだといわれています。つまり、華道家によってはご紹介した平均給与よりも高い収入を得ている人もいれば、より低い収入を得ている人もいるということになります。

生け花教室を開いても高収入を得るのは難しい

職種に限らず高収入を狙う方の多くは、企業に勤めるのではなく個人で開業をされる方が多いです。華道家の場合は生け花教室を開くことができますが、講師を務めるからといって高収入を得ることは難しいといわれています。

というのも、収入となる月謝の金額は自由に決めることができるようですが、他の教室に比べて高い月謝になると生徒が集まりにくくなります。また、月謝の金額を下げたとしても生徒が集まらなければ、毎月の収入は少ないままとなってしまいます。

そのため、生け花教室の講師として働くのであれば、ある程度の資金を貯めてから開業した方が良いかもしれませんね。

有名な華道家になれば高収入を得られる可能性がある

これまでに華道家の収入額は低い傾向があるとお伝えしてきましたが、有名な華道家になれば高収入を得られる可能性があるようです。そもそも、華道家は流派に弟子入りを行い、師範免許を取得できればプロ華道家として活動することができます。

しかし、プロの華道家になっただけでは、知名度が低いため教室を開いたり展示会に作品を出品したりしても、思い通りの結果を出すのは難しいものです。しかし、しっかりと実績を積んで有名な華道家になれば、必然的に知名度が上がるため教室を開けば多くの生徒が集まりやすくなり、展示会に出品すれば目を付けられやすくなるでしょう。

そういったことから仕事へと繋がる道が徐々に増えていくため、高収入を得られる可能性が高くなるようです。華道家として活動するのであれば、実績をたくさん積んで有名な華道家になることを目指すしましょう。

華道家の年収統計

華道家の平均年収は約350万円と低め

日本の平均年収である約400万円に対して、華道家の平均年収は約350万円と低めになっています。職種によっては年収500万円や800万円のものもあるため、比較しても華道家の平均年収は低めといえるでしょう。

しかし、経験と実績を積んだ40代の華道家であれば、約400万円を超える年収を得ている方もいるようです。20代の方であればプロの華道家としての下積みを行い、30代になると企業に勤めていれば役職に就くことができるため、約370万円の年収となるようです。

最初のうちは満足できる年収を得ることは難しいですが、長く務めることで経験と実績を積むことができます。そうすることで、企業に勤めていれば役職に就くことができますし、個人で活動している方でも徐々に知名度が上がり、収入に反映させることができるかもしれませんね。

華道家の年収は人によって異なる

上記では華道家の平均年収をご紹介しましたが、華道家の収入額は人によって異なるため、必ずしも日本の平均年収以下の収入になるといは言い切れません。企業に就職している方やフリーランスで活動されている方によっても異なりますし、教室を開いていても生徒の人数によって収入が異なるからです。

また、知名度が上がったとしても、周囲に生け花に興味を持つ人が少なければ、教室を開いても生徒が集まる可能性は低いといえるでしょう。

一流の華道家になれば年収1億円の可能性もある

知名度が上がり一流の華道家として活動されている方の中には、なんと年収1億円を得ている方がいるようです。このような収入を得ている方は、テレビや雑誌といったメディアへの出演はもちろん、講演会や生け花の依頼を数多く受け持っているといわれています。

華道家の収入は低めとなっている職種ですが、経験を積んで実績が認められれば、高収入を得ることも可能のようです。ちなみに、コンクールに出品して数多くの賞を受賞することができれば、仕事の依頼がたくさん舞い込んでくるといわれています。

どんなことでも一流を目指すのは簡単なことではありません。しかし、華道家としての活動を続け、高収入を狙うのであれば、一流の華道家を目指して頑張ってください。

華道家の給与・年収まとめ

華道家の年収レベルは低めだが一流になれば高収入も夢じゃない

華道家の平均年収は、日本の平均年収と比較しても低いことがわかりました。また、華道家の平均的な収入額は人によって異なるため、他に職種のように明確な平均値を出すのは非常に難しいといわれています。

しかし、経験と実績を積むことで周囲に認めてもらうことができれば、知名度が上がり仕事の依頼や教室に入る生徒の人数が増える可能性が高くなります。さらに、数々の賞を受賞している一流の華道家になれば、メディアへの出演や講演会などの依頼が増えるため、高収入を狙うことも可能です。

とはいえ、どんな仕事でも上を目指すのは簡単なことではありません。ですが、華道家をされる方の多くは、花が好きな方や物作りが好きな方が多いはずです。悩んだり苦労したりすることもあると思いますが、好きなことを仕事として活動されたい方は、ぜひ一流の華道家を目指してみてください。

華道家の参考情報

平均年収250万円~350万円
必要資格
  • お免状
資格区分 免許
職種広告・デザイン・アート

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

華道家の関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB