重機オペレーターの給与・年収は?初任給や日給換算のお給料事情まとめ

重機オペレーターの給与・年収は?初任給や日給換算のお給料事情まとめ

重機オペレーターは、建築現場に必要不可欠な仕事です。技術力が高いオペレーターになると給与が高く、さまざまな現場で活躍することができます。専門性の高い重機オペレーターの仕事はどの程度給与をもらうことができるのか、このページでは詳しく紹介します。ぜひ参考にしてください。

重機オペレーターの初任給

重機オペレーターの初任給について詳しく紹介していきます。初任給はすでに重機を扱うために必要な資格を保有している方と、これから資格を取得しようと検討している方では、初任給が異なります。その点も踏まえて紹介します。

初任給は会社次第

重機オペレーターの初任給でもらえる給与は、平均すると16万円〜20万円です。

初任給は他の業種と変わりはありません。資格を保有していなくても、重機オペレーター見習いとして就職をすれば、16万円前後は初任給として受け取ることができます。

一方、専門学校などで大型特殊免許などを取得し、技術講習をしっかりうけてすぐに重機を扱うことができるのであれば、見習いオペレーターよりも高い給与が期待でき、20万円前後は初任給で期待できます。

しかし、これらはあくまで平均値なので、どの程度給与がもらえるかは会社によって異なります。会社が比較的大規模工事を請け負っている会社であれば初任給も高く、逆に戸建ての家の建築などをはじめとした小さな現場であれば、給与も低くなります。

重機オペレーターとして少しでも高い雇用条件を期待しているのであれば、会社選びを慎重に行いましょう。また、重機オペレーターの初任給の特徴として次のようなものがあげられます。

初めの頃は安い

雇用条件が良い会社でも、最初は比較的安い会社が多いので、数年間でどの程度給与が昇給するのかも見極める際に必要です。給与の高い企業になれば、初任給が安くても次第に多くなることもあります。

一方、初任給が高いのになかなか給与があがらないという会社もあります。長期的な視野で給与を評価して、自分にぴったり合う会社を選びましょう。

日給で換算されることが多い

重機オペレーターでは、月給ではなく日給で換算している企業も少なくありません。そのため、給与計算が稼働日によって計算されるというケースも珍しくはありません。

初任給が支給された時は、稼働日を計算すると、日給を算出することができます。一般的には、初任給クラスでは日給に換算すると、6,000〜8,000円程度の会社が多いでしょう。

初任給を高くする方法は

初任給を少しでも高くする方法は、重機オペレーターとして技術力を磨く必要があります。重機オペレーターとして筋が良ければ任される仕事も必然的に多くなるので、結果的に給与が高くなります。

そのため、見習いで重機オペレーターをはじめるよりも、重機オペレーターに必要な資格専門学校で取得をした上で就職をすることをオススメします。

重機オペレーターの平均給与の統計

重機オペレーターの平均給与の統計をみていきましょう。一人前の重機オペレーターになると、どの程度給与を受け取ることができるのでしょうか。重機オペレーターの報酬は、月収よりも日給で算出されることが多いので、日給で平均給与を算出していきます。

日給で換算すると1万円〜1万5,000円

重機オペレーターの給与は日給に換算すると1万円〜1万5,000円程度になります。週に5日稼働すると、20万円〜30万円になります。もちろん、会社によって給与は異なるので、平均よりも多くなる会社もあります。

日給の違いは、担当した現場と技術力が大きく影響します。技術力が高く繊細な作業が可能で高度な現場を担当することができれば、日給でも2万円以上が夢ではありません。そのためには技術力を磨いておく必要があります。

日給と月給の違いとは

会社によっても日給で計算する会社と固定で計算する会社があります。どちらが良いということはありませんが、わかりやすく計算するために日給で計算し、給与を算出している会社が多い傾向にあります。

どの程度で給与が高くなる

重機オペレーターとして少しでも給与を高くするためには、どのようにすれば良いでしょうか。まずは重機オペレーターとして、確かな技術力を兼ね備えているということを示す必要があります。一人前に独立しても最初の頃は給与がなかなかあがりません。

給与をあげるためには、多くの現場をこなし、長期間重機オペレーターとして勤務することが必要になります。10年程度仕事をすることができれば、日給も1万5000円程度になっているので、とにかく忍耐強く仕事ニ取り組むことが大切です。

重機オペレーターの年収統計

重機オペレーターの年収統計を詳しく解説していきましょう。重機オペレーターでも高い給与の方とそうでない方がいます。どのように違うのか詳しく解説していきます。

重機オペレーターの年収

重機オペレーターの年収は、平均すると350万円〜450万円前後と他の仕事に比べて高い仕事であるとは言えません。しかし、その一方で、年収が高いオペレーターになれば月に150万円前後稼ぐことができるオペレーターもいます。年収が高いオペレーターとそうでないオペレーターはどのような違いがあるのでしょうか。

技術によって年収が異なる

年収の大きな違いは、技術力です。重機オペレーターの中でも細かい作業を得意とするオペレーターは、通常の技術者よりも難しい仕事を請け負うことになるので、必然的に報酬も高くなります。例えば、重機オペレーターでもあなたしかできない仕事であれば、通常の価格よりも高い価格で受注者も依頼しなければならないため、必然的に高くなります。

逆に、重機オペレーターの資格さえあれば、誰でもできるような仕事ばかり請け負っていると価格も必然的に安くなってしまいます。つまり、年収の違いは技術力が大きく影響していると言えます。

都心部と郊外の違い

都心部と郊外では仕事の量が異なります。都市部では大規模な工事が多数行われています。このような現場を担当することになれば必然的に給与が高くなります。もちろん、郊外でも公共工事などの工事を請け負っていれば、重機オペレーターとしての報酬も多くなります。

仕事の質によって、給与が大きく異なるので大きな仕事を請け負っている企業に就職をするように検討しましょう。

年収を高くするために必要なこと

重機オペレーターとして少しでも年収を高くするために必要なことは何かを紹介していきます。重機オペレーターとして働こうと検討している方は、次のようなことに意識をしてください。

技術力を磨く

重機オペレーターとして技術力は必要不可欠になります。高い技術力がなければ優秀な重機オペレーターとして認められてもらえないので、まずは技術力を磨くように心がけましょう。

実績を多く積む

技術力が高いということを証明するためには、さまざまな実績を積む必要があります。過去の施工実績で大規模工事を多く請け負っている重機オペレーターであれば、難しい工事でも依頼されることが多くなります。そのためにも、重機オペレーターとして実績を積みましょう。

常用オペレーターを目指す

重機オペレーターの中には、受注者から直接依頼を受けているオペレーターもいます。このようなオペレーターは、下請け業者から派遣されるオペレーターとは異なり報酬も高くなります。日給1万円の現場でも、2万円前後の日給で働くことができるので、常用オペレーターを目指しましょう。

常用オペレーターは、完全にコネクションと技術力が必要になるので、いきなり常用オペレーターを目指すのではなく、常用オペレーターを目標として技術力を磨いていくことをオススメします。

重機オペレーターの給料・年収まとめ

腕一本で給与が替わる仕事

重機オペレーターの良いところは、確かな技術力が備わっていれば給与が高くなるという仕事です。

重機オペレーターの中でも、高度な技術力を兼ね備えている方は多くありません。熟練度が高ければ、難易度の高い仕事も受注することができるようになるので、重機オペレーターになったら、技術力をひたすら磨いておきましょう。技術力の向上が、重機オペレーターとして収入をあげる近道になります。

重機オペレーターの参考情報

平均年収350万円〜450万円
必要資格
  • 高所作業車運転者
  • 不整地運搬車運転者
  • 移動式クレーン運転士
  • フォークリフト運転者
  • 車両系建設機械運転者
資格区分 国家資格
職種建築・不動産

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

重機オペレーターの関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB