重機オペレーターの資格・試験とは?機械ごとに必要資格が異なるため、全て取得するのが最強!

重機オペレーターの資格・試験とは?機械ごとに必要資格が異なるため、全て取得するのが最強!

建築現場で欠かすことができない仕事「重機オペレーター」という仕事があります。この仕事は、油圧ショベルカー、クレーン車など重機を操縦して資材を運搬し建築現場で活躍をする仕事です。建築現場でも花形の仕事ですが、どの機械を操縦するためには資格が必要です。

重機オペレーターの資格とは?

重機オペレーターの資格は、機械ごとに必要とされる資格が必要になります。そのため、すべての重機を扱いたいのであれば、すべての資格を取得する必要があります。

しかし、すべての資格を取得して操縦することができる重機オペレーターはあまりいないので、1つの重機に絞って資格を取得することをオススメします。

重機オペレーターの資格の種類

重機オペレーターの資格といっても、機械によってそれぞれ資格が取得ということがわかりました。では、どのような資格があるのでしょうか。簡単に説明をすると、1つの重機に対して複数の資格が存在します。たとえば、クレーン車といっても小型のクレーン車から大型のクレーン車まであり、それぞれのクレーン車によって資格も異なります。

さらに、重機オペレーターの資格では技能講習と特別教育というものがあります。技能講習を受けることで操縦することができる機械の範囲が広がります。これは、車両によって最大積載量、釣り上げ重量、機体重量などが定められているため、これらの要件を満たすためにも必要な講習になります。

どの資格にも、この特別講習というものが存在しているので、操縦をしたい機械に合わせた資格を取得する必要があることを覚えておきましょう。ここからは、資格がどの程度あるのか詳しく紹介をしていきます。

フォークリフト運転者

フォークリフト運転者は、フォークリフトを扱うことができる資格です。特別講習を受けると1t以上の荷物を運搬できるようになり、特別教育を受けると1t未満の荷物を運搬することが可能になります。

車両系建設機械運転者

ショベルカーや、ブルドーザーをはじめとした重機を扱いたいという方には、車両系建設機械運転者の資格を取得しておくと、広範囲の機械を扱うことが可能になります。しかし、すべての機械を扱えても、それぞれの機械に細かい規定が設けられています。

例えば、シェベルローダーの運転をするのであれば、ショベルローダー運転者としての資格が必要で資格を取得するために技能講習が必要になります。上では欠かすことができない資格です。ショベルカーを操縦する上で技能講習を受けると1t以上の最大荷量のショベルローダーを運転することが可能になるので、ぜひ習得をすることをオススメします。

移動式クレーン車

クレーン車を操縦するために必要な資格は、移動式クレーン運転免許です。この資格を取得すると、特別教育で0.5t以上1t未満、技能講習では、1t以上の吊上クレーン車を操縦することが可能です。

クレーン車といっても、玉掛け作業、クレーン・デリックなどの資格もあるので、こちらの資格を取得することも検討してみても良いでしょう。

不整地運搬車運転者

不整地運搬車運転者の資格を保有していると、不整地を運搬する車両を扱うことができます。そのため、災害地などで活躍できます。技能講習と特別教育で取得することができる資格です。

高所作業車運転者

高層ビルなどの建設に携わる際には高所作業車運転者の技術が必要になります。この資格を保有していると、高所での作業が可能になります。こちらも特別教育、技能講習での資格取得が可能なのでぜひ検討してください。

どの資格を取得するかで検討を

このように、重機オペレーターの資格は細かく細分化されています。そのため、すべての資格を取得しても、現場で発揮されないこともあるので、自分がどの資格を取得して活躍をするのか検討して取得をすると良いでしょう。

重機オペレーターの資格の難易度・合格率

重機オペレーターの資格の難易度について詳しく解説しましょう。重機オペレーターの資格はこれといった試験はありません。しっかり学習することができればだれでも取得することができます。

重機オペレーター資格取得で行うこと

重機オペレーターの資格は、それぞれの重機に関して全国各地で講習を実施しています。また、自動車学校で取得することも可能です。このような講習に通い、講習を受ければ誰でも資格取得が可能なので、合格率は100%であると言えるでしょう。

もちろん、資格を取得するためには費用がかかるので、負担をすることになりますが会社から費用を出してもらえることもあるので、必要な資格であれば積極的に取得をしていきましょう。

フォークリフトに必要な条件

フォークリフトでは、フォークリフト運転技能講習、運転特別教育を受けることで取得をすることができます。

車両系建設機械運転者

ブルドーザーやショベルカーなどの資格では、38時間の学科講習と実技講習を受けることで資格を取得することができます。しかし、これだけでは「車両系建設機械運転者」を取得しただけであって、機械を扱うことができません。さらに「特殊自動車免許」の取得が必要になります。

特殊自動車免許は、他の特殊車両を扱う際にも必要になる資格でもあるので、事前に取得しておくことをオススメします。

16歳以上であれば「小型特殊自動車免許」18歳以上であれば「大型特殊自動車免許」を取得することができます。こちらは自動車免許と同じなので試験がありますが、しっかり学習をしておけば合格することができるので、ぜひ検討してください。

どの資格にも、「特殊自動車免許」を取得して、各重機の「特別講習」が必要になります。これらの講習をしっかり受ければ必ず取得することができるため、他の資格に比べて難易度が低いと言えるでしょう。しかし、資格を取得するだけではなく、現場では技術力が求められるので通過点にしかすぎないということも覚えておいてください。

その他の重機オペレーターの関連資格

重機オペレーターの関連資格は、どのようなものがあるのか紹介していきます。

クレーン関連の資格

クレーン車の中には、高層ビルの屋上で作業を行うクレーン・デリックと呼ばれるものや、港のコンテナ貨物を運搬する際に操縦するクレーンがあり、これらの操縦にはそれぞれ資格が必要です。

もちろん、これらの資格でも取得方法は他の重機と同じで技能講習、特別講習を受ける必要があります。必要な講習を受けることで操縦することが可能になるので、特殊な現場での作業を希望している方は、このような資格を取得しておくと作業の幅を広げることが可能です。

重機オペレーターの資格が取れる学校

自動車学校で取得

さまざまな重機オペレーターの資格を取得するためには、自動車学校がオススメです。自動車学校で集中的に勉強を行うことで資格を取得することができます。また、自動車学校では技能講習と特殊自動車免許の両方を取得することができるので、効率よく資格を取得することが可能です。

自動車学校もより短期間で習得を目指すのであれば、合宿免許をオススメします。合宿免許であれば、通常1ヶ月〜2ヶ月程度かかる期間を、わずか2週間程度で取得することが可能です。ぜひこちらもご検討ください。

専門学校で取得

自動車学校だけでなく、専門学校で取得することも可能です。専門学校の良い点は長期間かけてじっくり学ぶことができるので、操縦に関する知識も豊富になります。また、さまざまな重機について学ぶことができるので、自分がどの重機オペレーターとして働くことができるのか、適性を見極めることも可能です。

このように、重機オペレーターの取得することができる方法は多数あるので、自分の目的に合わせた方法で取得するようにしましょう。

重機オペレーターの資格・試験まとめ

目的に合わせた資格取得をしよう

重機オペレーターの資格は、重機によって異なるためすべての資格を取得すると膨大な期間と費用がかかります。そのため、「どの作業を行いたいのか」ということを明確にして、資格取得を目指すようにしましょう。

他の試験に比べて取得難易度は易しめなので、ぜひ取得して建築現場などで実力を発揮してみてはいかがでしょうか。

重機オペレーターの参考情報

平均年収350万円〜450万円
必要資格
  • 高所作業車運転者
  • 不整地運搬車運転者
  • 移動式クレーン運転士
  • フォークリフト運転者
  • 車両系建設機械運転者
資格区分 国家資格
職種建築・不動産

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

重機オペレーターの関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB