重機オペレーターになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

重機オペレーターになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

建築現場で重機を巧みに動かしサポートをする重機オペレーター。重機オペレーターは機械を動かす技術職であり、時には繊細な動きを要求されることがあります。ビルやマンションなどの建築には欠かすことができない重機オペレーターになるためにはどのようなことが必要かを、このページでは詳しく紹介します。

重機オペレーターになるには何が必要?

重機オペレーターには、どのようなことは必要なのでしょうか。一見すると、重機オペレーターは機械を操ればよい。精巧な技術というより重機を扱えるかどうかが重要になる、と考えている方もいるでしょう。しかし、ただ操縦できるだけでは重機オペレーターになれるわけではありません。

そこで、ここでは重機オペレーターに必要なことを詳しく紹介していきます。

免許の取得が前提条件

重機オペレーターは専門性の高い技術職になるため、まずは専門的な免許を取得する必要があります。そのためには、大型特殊自動車免許や、特別な技術講習を受けたという認定証、重機によっては試験に合格しなければ操作をすることができないものまであります。

資格を保有していない状態で操作をすると、現場を担当していた事業者自体が業務停止に追い込まれてしまうので、操作をするためには特殊な免許が必ず必要になります。そのためには免許が必要であるということを覚えておきましょう。

知識

重機オペレーターには、知識が必要になります。人では動かせないものを重機で動かすことになるので、ほんの少しの油断が原因で大事故になってしまうといった危険が伴います。そのため、運ぶものや天候状況に応じて状況を判断し機械を操作する知識が必要になります。これらの知識は現場を積み重ねていくことで知識を蓄えていくことになります。

重機をただ操縦するだけの知識だけではなく、安全かつ正確に作業を行うことが重機オペレーターには求められるため、一人前になると知識も多く求められるということを覚えておきましょう。

重機を扱うための技術力

当然重機を扱うことになるので、重機を扱う技術力も必要になります。重機といっても、さまざまな機械があります。どの機械を動かしたいのかによって、習得すべき知識や技術が異なります。全てを網羅する重機オペレーターはいませんが、特定の重機に関しては専門性が高くその人のみ請け負うことができなという仕事もあります。

プロ級の技術力を持つ重機オペレータークラスになると、1cm単位の誤差で組み立て作業をするなども容易に行うことができるので、技術力を磨いていく必要があるということを覚えておきましょう。

重機オペレーターに向いている人、適性がある人

重機オペレーターになるためには、適性も必要です。重機オペレーターとして必要な適性を持っていればどのような現場でも自信を持って担当することができます。重機オペレーターに向いている人はどのようなことが必要なのか、適性のある人の特徴を紹介していきます。

重機オペレーターに向いている人

まずは、重機オペレーターにどのような人が向いているかを紹介していきます。重機オペレーターの人には次のような能力が求められるので、次に紹介する能力を兼ね備えた人にはオススメの仕事です。

責任感がある

重機オペレーターが担当する現場は、どの現場でも「危険」が伴います。ちょっとした油断が大きなミスにつながってしまったり、大事故を引き起こしたりする原因になります。場合によっては現場の人が命を落とすことも考えられます。このような事態を避けるためにも責任感が必要です。

重機を動かすだけではなく、重機の操作1つ1つが大規模な事故に繋がる可能性がある。そのためにはどのようにすれば安全に動かすことができるのか。常に安全に作業を行う方法を考えて操作をすることになるので、責任感がなければ重機オペレーターとして働くことが難しいと理解しておきましょう。

忍耐強い

1人前の重機オペレーターになるためには、忍耐力も必要です。資格を取得すればすぐに重機オペレーターとして作業ができるわけではありません。重機オペレーターの作業現場は全く同じ環境の現場がありません。現場によって環境が異なるためさまざまな現場を経験しておかなければ同じパフォーマンスを発揮させることができません。

そのためには、さまざまな現場を経験し先輩に指導されながら経験値を積み重ねる必要があります。少しのミスでも命に関わる可能性があるので、場合によっては先輩からひどく怒られてしまうこともあります。

過酷な現場が多いので時には逃げ出したくなることもあります。そのような時でも忍耐強く我慢強く作業と向き合う忍耐力が必要不可欠になるといっても良いでしょう。

体力に自信がある

作業を行う現場はどの現場も過酷です。天候が最悪の場合もあります。トンネル工事など未開拓の土地を工事することになれば、現場事態が崩落して自分の命にも影響がある可能性もあります。そのため、体力的、精神的にも負担が大きくキツイ仕事であると言えるでしょう。

このような厳しい状況でも柔軟に対応できる体力がなければ重機オペレーターはつとまりません。もちろん、辛いことだけではありません。辛い状況だからこそ工事が完了した時は達成感があります。また、後世に残る仕事ばかりなので、キツイ現場の先にはこのような良いことも待っています。

重機オペレーターの適性がある人

重機オペレーターとして才能を開花させる可能性があるのは次のような人です。

機械操作が得意

重機オペレーターには、機械操作が得意でなければなりません。重機の操作は複雑な機械操作が要求されるので、日頃から機械操作を得意としている人にとっては良い仕事だと言えるでしょう。

想像力がある

重機オペレーターの仕事では、全て作業が目に届く範囲のものだけではありません。時には想像力が必要な場面もあります。例えば誤差5cm以内で柱を組み立てなければならない時、「この操作をすると、機械がこの程度動くため、誤差を5cm以内に収めるためには繊細な操作が求められそうだ」と考えて重機を操作することもあります。

この時、機械のアームになったつもりで想像をして作業を行う必要があるので、このような想像力も必要不可欠であることを覚えておきましょう。

もの作りが好き

重機オペレーターは、物作りの仕事です。そのため前提条件として物作りが好きでなければ重機オペレーターとして務めることができないと考えておきましょう。

重機オペレーターになるための学校・教室

重機オペレーターになるためには、どのようにすれば良いのでしょうか。重機オペレーターになるための学校や教室を紹介していきます。

自動車学校

重機オペレーターには、運転免許証と大型特殊免許の2種類の資格が必要になります。最も効率のよい方法は見習い社員として入社をし、はじめの1年目で自動車学校に通いながら資格を取得するという方法です。会社から自動車学校に通うための費用も出されるので、安心して自動車学校に通うことができます。

専門学校で学ぶ

自動車学校だけでなく専門学校で重機オペレーターの資格を取得することも可能です。専門学校であれば、入社した段階で重機オペレーターとして扱える資格を保有しているため、学校に通いながら技術を習得する必要がありません。

また、重機オペレーターといっても、さまざまな機械があるので自分の適性のある重機はどれかを見極めることもできます。

重機オペレーターになるには?まとめ

将来的に必要な仕事

重機オペレーターは、建築現場、解体現場に欠かすことができない技術者で彼らがいなければ建築工事を行うことができません。今後も需要がある仕事なので、重機オペレーターは斜陽産業でもありません。

厳しいことが多い分やりがいのある仕事でもあるので、ぜひこれから重機オペレーターとして活躍したいという方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

重機オペレーターの参考情報

平均年収350万円〜450万円
必要資格
  • 高所作業車運転者
  • 不整地運搬車運転者
  • 移動式クレーン運転士
  • フォークリフト運転者
  • 車両系建設機械運転者
資格区分 国家資格
職種建築・不動産

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

重機オペレーターの関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB