重機オペレーターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

重機オペレーターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

重機オペレーターがどのような仕事かをご存知でしょうか。建築現場で活躍する重機オペレーターの仕事は単なる機械を動かすだけの単純作業ではありません。このページでは、重機オペレーターがどのような仕事か。重機オペレーターになるとどのような仕事ができるのかを解説します。これから重機オペレーターを志している方はぜひ参考にしてください。

重機オペレーターとはどんな仕事?

重機オペレーターとは、人の力では運べないものを機械の力を利用して運搬し、組み立てをする仕事です。建築現場では欠かすことができない技術者で、彼らがいることで建築現場の作業を効率よく行うことができます。

また、重機オペレーターが操作をする機械はどれもダイナミックなものばかりなので、子どもからも人気です。そのため、子どもの憧れの的になる仕事であると言えるでしょう。このような重機オペレーターが実際どのような仕事を行なっているのか詳しく解説をしていきます。

建築現場で活躍する仕事

重機オペレーターは、建築現場で活躍することが多い仕事です。次のような現場では重機オペレーターとしてさまざまな仕事を担当します。

高層ビルの作業

高層マンション、高層ビルなどでは重機が大活躍をします。高層ビルを行う際にはクレーン車やショベルカーなどさまざまな重機が連携をして1つの建築物を作りあげることになります。建築規模にもよりますが、高度な建築現場になれば1年以上工事に携わることもあります。

また、高層ビルになると少しの油断で大きな事故に繋がる可能性があるため、命の危険とも隣り合わせになる仕事です。

公共道路の建設

公共道路の建築でも重機は大活躍をします。新しい道路を作るのであれば、開拓した余分な土や木などを運搬する、高速道路の建築であれば、高速道路に必要な柱を建築するなどさまざまな場所で活躍をします。

このように、重機はあらゆる建築現場で活躍することがわかります。しかし、重機オペレーターの仕事はものづくりだけではありません。

自然災害現場での活躍

建築現場以外でも重機オペレーターが活躍する場所があります。日本は自然災害が多く台風、地震をはじめた災害で街が崩壊してしまうこともあります。このような自然災害の現場でも重機は活躍をします。

がれきの撤去

自然災害の後は、復興が必要になります。その際障害になるのが瓦礫です。道路などに瓦礫があると、必要な物資を支援することができません。そこで重機が活躍をし、人が運べないようなものを取り除くことで物資を被災地へ届けるサポートを行います。このような現場でも重機オペレーターが活躍をして被災地を支援します。

復興支援

瓦礫を撤去するだけでなく、重機オペレーターは復興支援にも大きく貢献をします。道路の整備だけでなく、新たな建築物を作る時に重機オペレーターが必要になります。そのため、重機オペレーターの技術者は復興支援でも貢献できることを覚えておきましょう。

重機オペレーターの仕事の具体的な内容

重機オペレーターは、さまざまな現場で力を発揮することがわかりました。しかし、重機オペレーターといっても、様々な機械があるため役割が扱う重機によって微妙に異なります。例えば、クレーン車とショベルカーでは役割が全く違います。ここからは重機による違いから仕事内容を紹介していきます。

仕事内容が多岐にわたる

重機オペレーターになりたいと考えている方は、ただ重機を扱いということだけではなく「どの重機を扱いたいのか」を明確にしておく必要があります。ここからは、重機によってできる仕事について紹介していきます。

フォークリフト

フォークリフトは、荷物が搭載されたパレットなどを持ち上げて運搬する重機です。フォークリフトの良い点は建築現場だけでなく、物流などの場所でも活躍することができます。そのため資格を保有していると建築現場以外でも実力を発揮することができます。

また、フォークリフトの2本のツメを取り替えるだけで、ドラム缶を運搬できる、除雪作業のサポートをするなど作業内容も多岐に渡ります。重機の中でも小型のものに分類されますが、汎用性のある重機と言えるでしょう。

油圧ショベル

重機の代表的なものとも言える油圧ショベル。重機を思い浮かべると油圧ショベルを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

油圧ショベルは主に「掘り起こす」ことが主な仕事になります。そのため、建築現場では最初の基礎工事と呼ばれる段階で重宝されます。油圧ショベルによって、整備された地盤を元に建築工事を行います。

油圧ショベルもアタッチメントがあり、先端の土を掘り起こす「バケット」を交換することで、掘削作業も可能になります。

クレーン車

クレーン車は、資材を高いところへ運ぶことを得意とする機械です。クレーン車といってもさまざまなものがあります。小回りのきくクレーン車から、ぬかるみなどの不整備された場所で活躍するクレーン車までさまざまです。また、高層ビルになると、高層ビルの上で作業をするクレーン車もあります。

クレーン車は、風の影響を受けながら作業を行うので、繊細な動きも必要になります。そのため、繊細な作業を要求されることがある仕事です。

ブルドーザー

ブルドーザーは、土地の整地作業で活躍をする機械です。地面をならすことを得意としているので、建築現場や道路現場では欠かすことができない機械です。また、ブレード部分を取り替えることで、未開拓の場所を開拓することもできます。荒地にも対応している機械です。

ロードローラー

ロードローラーは、道路現場で活躍をする重機です。主にアスファルトやコンクリートを締め固めする作業を行うので、道路などの工事現場で活躍をします。ロードローラーが無ければコンクリートやアスファルトの道が整えられないため必要不可欠な仕事であると言えるでしょう。

このように、重機といってもさまざまな機械があります。機械によって活躍できる場面が異なり操作性も大きく違うので、どの重機を扱いたいかを決めて重機の勉強を行うと良いでしょう。

重機オペレーターの仕事のやりがい

重機オペレーターのやりがいはどのようなところにあるのでしょうか。重機オペレーターのやりがいについて詳しく紹介していきます。

達成感

重機オペレーターの仕事は、1つの建築物に携わる仕事なので、建物が完成した時に達成感があります。自分が関わった建築現場になれば、完成した後も当時の記憶が蘇るほど印象的な仕事になります。物作りの達成感を味わいたい方には、重機オペレーターがオススメの仕事であると言えるでしょう。

感謝される仕事

重機オペレーターの仕事は、技術力が高ければ“その人にしかできない仕事”に変えることができます。

技術力の高いオペレーターになれば、毎回現場で「あなただからこそできた仕事だ」と感謝されることになります。また、災害現場で活躍をすれば、被災者からも感謝される仕事です。

単純作業で重機オペレーターは大変な仕事ではありますが、このように感謝されて自分の作った建築物を自分の子供に自慢できるという点は、重機オペレーターのやりがいであると言えるでしょう。

重機オペレーターの仕事内容まとめ

単純作業ではない熟練度が求められる仕事

重機オペレーターは、さまざまな機械によって行う仕事内容が異なります。どの仕事にも熟練度が求められ、技術力が高ければ色々な人に頼られる仕事です。

重機オペレーターは、作業現場における花形の仕事のひとつといっても過言ではありません。自分の仕事を家族に自慢できる仕事でもあるので、ぜひ重機オペレーターを志したい方は検討してみてはいかがでしょうか。

機械に替わる仕事とは言われているものの、今後も熟練度の高いオペレーターは需要のある仕事なのでぜひ検討してみてくださいね。

重機オペレーターの参考情報

平均年収350万円〜450万円
必要資格
  • 高所作業車運転者
  • 不整地運搬車運転者
  • 移動式クレーン運転士
  • フォークリフト運転者
  • 車両系建設機械運転者
資格区分 国家資格
職種建築・不動産

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

重機オペレーターの関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB