農家

農家
農家とは?
  1. 農家(のうか)とは、第一次産業である農業を家業としている世帯や、その家屋のこと。農民(のうみん)、百姓などともいう。農家の定義は、時代や地域によって変わってくる。
  2. 農家とは農業(農耕)によって生計を立てている人、あるいはその家庭・共同体のことである。狩猟採集民であった人類が農耕を発明したことで誕生し、爆発的な人口増加により増え続け、有史以来の人類の大半が農業従事者だった。現代では工業化社会へ移行し、農業が機械化され、少ない農業従事者でも耕作が行えるようになったためその数を減らしている。一般に先進国では総人口の数%に過ぎない農家が、他の人々のための食料を生産している。
  3. 日本では農家の定義は次の通りである。①経営耕地面積が10a(1000m2)以上の個人世帯、②経営耕地面積が10a未満の時は、年間農産物販売金額が15万円以上の個人世帯。このうち30a以上または年間の農産物販売金額が50万円以上の農家を販売農家、それ以外の農家を自給的農家という。
平均年収400万円~500万円
必要資格 必要資格なし
職種自然・動物
有名人

農家の記事一覧

自然・動物に関する他の職業KANREN JOB

新着記事NEW ENTRY