カスタマーエンジニアになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

カスタマーエンジニアになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

会社で使用しているパソコンや機械が壊れた時に頼りになる存在が、カスタマーエンジニアです。カスタマーエンジニアになるには一体どのようなスキルや人間性が必要になるのでしょうか。このページでは、カスタマーエンジニアになるために必要なことをご紹介します。

カスタマーエンジニアになるには何が必要?

さまざまな企業が使用しているパソコン製品やwebサービスを安心して稼働しているかをチェックするカスタマーエンジニアの仕事をする人には、どのようなことが求められるのでしょうか。カスタマーエンジニアに求められることを紹介していきます。

コンピューターの知識

カスタマーエンジニアになるためには、コンピューターの知識が必要になります。コンピューターの知識といっても、プログラミングなどのパソコン内の操作だけを熟知していれば良いということではありません。

コンピューターが故障した時に故障原因を特定して修理をすることになります。場合によってはパソコン本体を分解して故障した原因を特定することもあります。パソコンがどのような構造をしているかを把握していないと修理ができないので、ソフト・ハード双方の知識を蓄えておく必要があります。

ハードウエアの設置工事を行う

カスタマーエンジニアの中には、企業が発注したハードウエアを設置する工事を手がけることもあります。企業内のハードウエアを設置する工事を全て手がけることになるため、1日がかりで作業をすることもあります。

また、企業によっては新しいハードを使いたい時期が決まっているので、計画的に設置することも必要になります。迅速に対応しなければ、会社への業務に支障をきたしてしまう可能性があるので、設置工事を行うことになったら、迅速に対応するようにしましょう。

ソフトウェアの利用について、ユーザーにアドバイスを行う

カスタマーエンジニアの中には、ユーザーに対してアドバイスを行うことがあります。操作をする人は、全員がパソコンを熟知しているわけではありません。操作方法はわかっていても、便利な機能を使用せず非効率な作業をしている場合があります。

このようなユーザーに対して、積極的にアドバイスを行うこともあります。素人に対して操作方法を教えるので、噛み砕いて情報を伝えることも必要になりますが、うまく説明をすれば頼れる存在として、企業内で重宝がられるでしょう。

危機管理能力

パソコン機器が突然壊れてしまうこともあります。突然壊れてしまうと対応に1日以上必要なこともあるので、定期的なメンテナンスを行うこともあります。危機管理能力がなければ、機械が予期しないタイミングで壊れてしまうこともあるので、カスタマーエンジニアには危機管理能力も求められます。

カスタマーエンジニアに向いている人、適性がある人

カスタマーエンジニアに向いている人、適性がある人とは一体どのような人物なのでしょうか。カスタマーエンジニアに向いている人、適性がある人物について紹介していきます。

向いている人

カスタマーエンジニアに向いている人は、次のようなスキルを持っている人物です。該当する方はカスタマーエンジニアに向いているので、ぜひ前向きに検討するようにしましょう。

機械を触ることが好き

カスタマーエンジニアは、修理をしたり新しい機械を設置したりと機械に触れる場面が多い仕事です。機械を触ることが好きな方であれば、難なく仕事をこなすことができます。家電を自分流で修理したことがある方にとって、カスタマーエンジニアの仕事は同じ要領で仕事を行うことになるので、向いている仕事だと言えるでしょう。

コミュニケーションが好き

どのように機械が故障したのか、いつまでに機械を設置したら良いか、機械で不具合がないかなど実際に機械を利用している社員とのコミュニケーションを積極的に取っておく必要があります。

コミュニケーションをとることが好きではないと、利用者側がどのようなことを感じて利用しているかを知ることができず、ちょっとした機械の変化を見逃すこともあります。カスタマーエンジニアは機械だけではなく人とも向き合う必要がある仕事なので、コミュニケーションが好きな人でないと向いていない仕事だと言えるでしょう。

責任感がある人

カスタマーエンジニアの仕事は、常に責任感が求められる仕事です。責任感がなければ、修理を最後まで行なったり、納期を守らなかったりと仕事上の重大なミスが起こる可能性があります。責任感があれば、どのような状況でも最後まで達成することができるので、優秀なカスタマーエンジニアになる可能性があります。

適性のある人

カスタマーエンジニアの適性のある人物とはどのような人物なのでしょうか。適性のある人物を紹介していきます。

パソコンの知識が豊富

パソコンに関する知識が豊富でないと、修理や設置を行うことができないので、もともと知識が豊富な人は適性があると言えます。

冷静な判断ができる人

故障や修理を行う際、早急に対応しなければならない状況もあります。少しでも早く解決しなければと焦っていると、解決策を見出せず修理時間がかかってしまうこともあります。

そのため修理をする時でも、焦らず常に冷静な判断が求められることもあるため、どのような状況でも冷静な判断を下すことができる方は、適性があると言えます。

体力に自信がある人

カスタマーエンジニアの中には、24時間体制で対応しなければならない顧客もいます。このような場所では、深夜に仕事をすることもあるので、不規則な労働形態にも対応できるだけの体力が必要なことがあります。

パソコンの知識があっても体力がなければカスタマーエンジニアとして活躍できない可能性があるので、体力に自信がある人にはオススメの仕事と言えます。

カスタマーエンジニアになるための学校・教室

カスタマーエンジニアになるための学校や教室はあるのでしょうか。ここからは、カスタマーエンジニアになるための学校や教室を紹介しましょう。

電子専門学校に通う

カスタマーエンジニアには、パソコンの専門的な知識を学ぶことが必要不可欠になるため、電子専門学校に通うことをオススメします。

電子専門学校では、パソコンに関する知識を基礎から学ぶことができます。3年間しっかりパソコンのことを学ぶことができれば、仕事で活用することができるでしょう。また、電子専門学校に通うと次のようなメリットがあります。

資格を取得できる

カスタマーエンジニアでは、ハードウエアの修理だけでなく、電気系統の工事を行わなければならないこともあります。このような場合、電気工事士、工事担当者、認定電気工事従事者の資格を取得しておかなければ、工事に取り組むことができないため必要不可欠な資格になります。

電子専門学校では、このような資格を取得することが可能なので、資格を取得するためにも学校似通ってスキルを磨くようにしましょう。

専門学校に通えない場合はどうする

電子専門学校は、中学や高校を卒業したタイミングで通う方が多くいるため、社会人の方でカスタマーエンジニアを目指すと時間がかかってしまうと思う方もいるでしょう。中には、カスタマーエンジニアとして働きながら勉強する方や、夜間学校に通って勉強する方もいます。

カスタマーエンジニアに転職しようとする方は、どのようにして知識を習得するかを検討した上で自分なりに学習プランを検討するようにしてください。

カスタマーエンジニアになるには?まとめ

機械いじりが好きな人にはオススメの仕事

カスタマーエンジニアの仕事は、既存の製品が安全に動いているかを常にチェックする仕事です。彼らが不在であれば、大手企業ではトラブルが発生した時に修理ができず困ってしまうことがあります。

機械いじりが好きな人にはオススメの仕事なので、これからなる方は今回紹介した必要なスキルを身につけてカスタマーエンジニアを目指しましょう。

カスタマーエンジニアの参考情報

平均年収400万円〜600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種コンピューター

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

カスタマーエンジニアの関連記事

コンピューターに関する他の職業KANREN JOB