忍者の給与や年収は?平均月収や業務別平均年収のまとめ

忍者の給与や年収は?平均月収や業務別平均年収のまとめ

世界的にも人気の忍者の仕事。アトラクション俳優やアクションを主に扱いますが、忍者が手にする月収や年収には大きな差があります。どんな仕事を専門的にするかということや働いている場所、年齢、ボーナス額、実績なども関係してくるようです。この記事では、忍者の平均月収や平均年収と共に、業種別、年齢別の年収も説明します。

忍者の平均初任給はどのくらい?

仕事に就いて初めてもらう初任給。金額には関係なく、誰にでも思い入れがあるものです。就職した企業や団体によって多少変動はありますが、ある程度の平均金額が定まっているものです。

では、日本の伝統職業ともいえる忍者の初任給は一体どれくらいなのでしょうか?いくつかの企業を例に出すとこのような感じです。

東映太秦映画村(京都府):初任給平均時給860〜900円

東映太秦映画村は京都市右京区にある映画のテーマパークです。観光地としても有名で、外国人のみならず日本人も良く訪れます。

中には東映京都撮影所の一部を一般公開し、武士や町人など時代劇の登場人物に変身できる体験スタジオも完備されています。

そこでスーパー戦隊シリーズや仮面ライダーのキャラクターショーが行われたり、忍者が登場する時代劇の殺陣ショーなども行なわれて、アクションや役者として忍者が大活躍できる職場なのです。

徳川家康と服部半蔵忍者隊(愛知県):初任給平均18万円~22万円

徳川家康と服部半蔵忍者隊は、愛知県の魅力を国内外にPRするために結成されたご当地キャラクターとして始まりました。

おもてなし武将隊としての一つで、忍者に衣装に扮し名古屋城および各種イベント会場で演武ステージを披露しています。そのパフォーマンスショーに参加する忍者が募集され、数多くの修業を積んだ忍者が活躍しています。

仕事内容としては、忍者衣装の試着体験手伝いや手裏剣体験などの忍者体験、お客様との記念撮影やテレビやラジオなどのメディア出演による集客販促も仕事に入ります。

嬉野温泉肥前夢街道の元祖忍者村(佐賀県):初任給の情報なし

佐賀にある嬉野温泉の肥前夢街道、元祖忍者村でも忍者を募集しています。ただ見た目に少しこだわりがあるようで、年齢18歳以上のイケメンで忍者に興味があって、トレーニングに耐えられる根気のある人という応募規定があります。

初任給に関しては記載されておらず、実際に契約しないと分かりませんが、他の忍者パフォーマンサーと平均初任給は変わりないと思われます。

忍者の平均月収給与額

日本文化の代表ともいえる忍者ですが、実際に毎月手にすることができる給料の平均はどのくらいなのでしょうか?

年齢や経歴、就職先の給与計算の方法、専門業種によって金額に差はありますが、平均的な忍者の月収給与額は、20万円前後と言われています。低すぎでもなく、高くもないといった金額ですが、技術を身につけ経験を積むと、年齢と共に月収給与もアップしている傾向にあります。

20代では平均20万円、30代では平均25万円、40代では平均30万円というデータがあります。この金額から平均額を算出すると、12万円~24万円前後の月収額となります。

忍者の月収給与はアップしていく?

忍者には日々修行が求められます。日常の体力維持も欠かせませんし、働いている企業やテーマパークによっては、週に一度、もしくは定期的に基本殺陣のトレーニングの時間を取っている場合もあります。

忍者に仕事を始めた時にはまず、武術の基本(体術・剣術・棒術)を学び、着付けやしぐさを覚え、忍者としての七法出(七変化)を修得したのち、劇場などの表舞台に出演できるようになります。

一人前の忍者パフォーマーになるまでには平均2年~3年ほど必要ともいわれています。そのため忍者の仕事は長い目で見て行わなければならないのです。

見習い期間や新人の時には月収給与は平均より下回るかもしれませんし、十分な給与は期待できないでしょう。ですがトレーニングを積み、舞台への出演回数を重ねることによって、手取りの平均月収もアップしていきます。

トレーニングが厳しかったとしても、長い目で見て根気よく続ける必要がありそうです。

忍者の平均年収額

気になる忍者の平均年収は、働いている場所やテーマパークによって違いが出ます。また契約形態によっても違い、経験を積むと年収が上がっていくなどの実力も関係しているでしょう。

よく見られる契約形態としては、一年契約嘱託社員制度。この採用方法なら成果を出せば年々給料は上がっていきますから、努力の甲斐もあるでしょう。中途採用者や経験者の給与は応相談ですが、今までの経験や持っている技術によっては初任給が高くなる場合もあるようです。

そのようなことを念頭に置いて換算される忍者の平均年収額は、280万円前後。詳しく言うと、180万円~350万円前後とかなり幅があります。色々な要素によって変動しますので、一律ではないことを忘れないようにしましょう。

年収の低さが忍者不足に関係している?

忍者の年収が意外に少ないことに驚かれた方も多いことでしょう。パフォーマンスやアクション俳優というと高級取りという感じがしますが、そうでもないのですね。

年収280万円は独身で一人暮らしなら何とかなるかもしれませんが、家族持ちならちょっと厳しい金額です。どうしてもこの年収は近年の忍者不足に関係しているようで、切実な問題です。

やりがいが多いから、人を喜ばせるのが好きだからと忍者の仕事を目指していても、実際には生活できない、貯金すらできないとなると続けていくこともままならず、離職者が大幅に増えても仕方ないかもしれません。

それに加えてトレーニングも厳しいとなれば続けていくモチベーションももたないことでしょう。忍者人気と相まってますます必要とされる忍者の数ですが、なかなか需要と供給が追い付いていないのが実情のようです。

忍者の年齢別平均年収

昔の忍者は国の情報収集や諜報活動、破壊活動などを行っていましたが、現代ではもちろん仕事内容が違います。昔の場合と違い、現代の忍者は舞台などの表舞台に立つことが仕事になり、ある意味忍ばなくなってしまいました。

忍者の存在は世界的にもよく知られていて、忍者に憧れる外国人観光客も多いようです。そのため人を楽しませることが好きな人やアトラクションなどの興味がある人の中には、忍者の仕事を行ってみたいと考える人も少なくありません。

若い頃から忍者を目指す人もいれば、転職して忍者になる人だっています。そのため忍者の年齢も多岐にわたりますが、忍者の年収は年齢によっても違いが出ています。

忍者の年齢別平均年収表

年齢 年収 月額給与
20~24歳 159万円 10.0万円
25~29歳 148万円~198万円 12.4万円
30~34歳 118万円~218万円 13.7万円
35~39歳 145万円~249万円 15.6万円
40~44歳 159万円~280万円 17.5万円
45~49歳 191万円~313万円 19.6万円
50~54歳 226万円~336万円 21.0万円
55~59歳 223万円~333万円 20.8万円
60~65歳 126万円~333万円 14.2万円

全体的に高くない数字ですが、年齢が上がるにつれて微妙に年収も上がっている模様。あまり大幅なアップではありませんが、年齢と実績は比例していることは事実です。

忍者の業種別平均年収

昔の忍者の世界には階級が存在していました。それによって行う仕事が違い、給与や待遇も大きく異なりました。大きく分けると、上忍・中忍・下忍という身分分けで区別されていました。

まず忍者の集団の頂点に立つのが上忍。上忍は指令官となる役目で、大名や領主からの依頼で諜報活動や破壊、暗殺などを中忍に命じる役割を果たしていたと思われます。中忍は上忍の命令を受けて組頭として働いていました。複数の下忍を抱え、まとめる中堅クラスです。

下忍は実際に現場で働く仕事がほとんどで、私たちがイメージする忍者そのものです。諜報活動、破壊、暗殺などを行う実行部隊で、忍術を使って様々な指令をこなしていました。現代の忍者にはこのような階級はありませんが、仕事や職種によって同じように3段階に分けられていると言われています。

昔の上忍が演技指導者、中忍がベテラン演者、下忍が見習いです。その業種階級別の年収は以下の通りです。

忍者の業種別平均年収額

階級 平均年収
上忍(指導者) 360万円~400万円
中忍(ベテラン演者) 280万円~330万円
下忍(見習い) 170万円~240万円

忍者の平均ボーナス金額

多くの人が楽しみにしている、ボーナス。この時のために日々頑張っているといっても過言ではありません。それは忍者だって同じこと。

ボーナスの金額は年収の金額にも大きく関わってきますので、かなり重要なポイントです。では、忍者の平均ボーナス額を見てみましょう。

忍者の平均ボーナス金額表

年齢 ボーナス
20~24歳 39.9万円
25~29歳 49.7万円
30~34歳 54.6万円
35~39歳 62.3万円
40~44歳 70.0万円
45~49歳 78.4万円
50~54歳 84.0万円
55~59歳 83.3万円
60~65歳 56.7万円

サラリーマンのボーナス額に比べると劣るかもしれませんが、それなりの額は受け取れます。とはいえこのボーナス平均額も勤めている企業や会社、テーマパークによって異なりますので一概ではありません。

忍者の仕事で高額年収を稼ぐ秘訣

一般的な忍者の仕事は、ショーやイベントの舞台に立つことがほとんどなので多くの場合年収も大差ないのですが、忍者の仕事の幅を広げることができれば収も増やすことができます。

そのためにはどんな分野で自分の才能を生かすか、という点がカギになるでしょう。

忍者アクションを極める

忍者の仕事は体力勝負ともいわれています。基本的に激しいアクションや動きが多く、独特な作法と動きの習得が必須です。ほとんどの場合、本格的な仕事を始める前に武術の基本を学ぶことになります。体術・剣術・棒術の修得、着付けの方法やしぐさの習得、また忍者独特の七法出と呼ばれる七変化や基本殺陣の修行が行う場合も。

様々な修行の後、もし足田を動かすことが適正だと認められれば、忍者アクション専門の仕事をするという手もあります。テーマパークやショーなどで本格的な忍者のアクションを披露するものですが、名前が知られるようになり人気が出れば仕事も増えます。それを皮切りにメディアへの露出も増えれば、高額収入も夢ではありません。

舞台俳優を極める

同じ忍者の仕事でも、中には役者志望の忍者もいます。忍者の技術や伝統を修得した後に、舞台役者のオーディションを受けて役者になり、初めは小さな役からかもしれませんが、評価されるようになればテレビや映画の時代劇俳優として名前が売れることもあります。そうなれば忍者といえども、年収1000万円以上を稼ぐ高年収も現実味を帯びてきます。

時代劇やドラマで登場する忍者は誰でもできるわけではありません。忍者の独特な動きや忍術、習慣などをよく理解している人でなければ演じることはできないのです。これは専門の技術なのですから、この分野で自分の適性を極めるなら結果はそれなりについてくるでしょう。

給料では推し量れない忍者の魅力とは?

忍者の年収はけっして高くない、というのが現実ですが、給料の額では推し量ることのできない魅力を持っているのが忍者です。

それは、世界的に有名な日本の忍者という伝統を世界に広めることができるというもの。また日本の伝統だけではなく、忍者が表している日本人の精神も多くの人に知ってもらえます。忠誠心、忍耐、洞察力など日本人に色濃く表れる精神は世界的にも高く評価されていますから、その伝統を守れるというのは忍者の仕事の大きな魅力といえるでしょう。

もう一つの魅力は、自分のパフォーマンスによってお客様を楽しませ、感動してもらうことへのやりがいです。これは給料の額には関係なく感じることができる魅力なのではないでしょうか。

忍者の給与と年収まとめ

忍者は人気の職業ですが、気になるのは給与や年収…という方も多いのでは?

憧れていた仕事とはいえ、実際生活していかなければなりませんから、給与額は切実です。忍者として働いている人は、ほとんどの場合ステージに上がるパフォーマーだったり、忍者ショーでのアクションを行います。

給与や年収額は一定ではなく、年齢や実績、働いている企業、ボーナス金額、専門的な業種によって差があります。また人気があがりメディアに露出するようになると、忍者俳優としての道が開けて高収入を見込める場合もあるでしょう。

現在、2020年の東京オリンピックに向けて、日本の伝統文化やおもてなしの需要が強まっており、忍者はかなりの不足気味だといいます。人を楽しませたい、日本の伝統を大切にしたい、そんな願いがあれば忍者の仕事にぜひ挑戦してみるべきです。

きっと給与の額には関係なく、多くのやりがいを感じられることでしょう。

忍者の参考情報

平均年収260万円~320万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種その他

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

忍者の関連記事

その他に関する他の職業KANREN JOB