ナレーターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ナレーターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ナレーターの仕事内容について詳しくお伝えしていきます。ナレーションの仕事はプロだけでなく、一般の人に向けても仕事の募集はあります。ここではナレーションの仕事の探し方や、その仕事内容についてご紹介していきます。

ナレーターとはどんな仕事?

ナレーターと聞いて思い浮かぶのは、テレビやラジオでナレーションをするイメージではないでしょうか。テレビやラジオの仕事と聞くと、ナレーターは専門的なプロしかできない仕事と思われがちですが、そんなことはありません。

ナレーターにはどんな仕事があり、どうやって見つけるのかなど、あまり知られていないナレーターの仕事についてご紹介していきます。

ナレーターはプロだけではない

ドラマやドキュメンタリー、ニュースやバラエティ番組など、ナレーターはさまざまな場面で活躍しています。

ナレーターはプロでなければできない仕事ではなく、誰でもナレーションの仕事をすることはできます。もちろん、テレビやラジオの仕事を誰でもできるわけではありませんが、ナレーションの仕事はいろいろなところで募集されています。

プロのナレーターの仕事はテレビのナレーションであったり、CMの宣伝メッセージだったりが多いですが、企業のサンプル動画の仕事などは誰でも応募することができるでしょう。他にも個人で制作している作品の語り手や、昔話CDのナレーションなどもあります。

純粋にナレーターの仕事だけで生活している人はごくわずかで、年収100万円以下というのも珍しくないのがナレーターの世界です。

ナレーターになる流れ

現在はナレーターという仕事が市民権を得ていて、はじめからナレーターを目指してナレーター育成の専門学校へ通ったり、学校の声優科や放送系大学で技術を身に付けたりしてナレーターになっています。

以前はタレントやフリーアナウンサー、役者や声優などが派生の仕事としてテレビのナレーションやCMナレーションをしていました。徐々にナレーションの仕事へシフトしていき、ナレーターとなるのが一般的なナレーターへの流れでした。

資格などは無いので実力勝負の世界となります。事務所へ所属したり、募集サイトでオーディションを受けたりしてナレーターになる人もいます。

ナレーターの仕事の具体的な内容

ナレーターにもテレビやCMナレーションをするプロから、個人作品の語り部や企業サンプル動画のナレーションなどをする一般のナレーターがいます。そんなナレーターの具体的な仕事内容をご紹介していきます。

プロのナレーターの仕事内容

テレビドラマやドキュメンタリー作品、ニュースやバラエティなどさまざまな場面で活躍するプロのナレーターですが、その仕事はナレーションを入れることがメインとなります。

具体的には、

  • 番組ディレクターや放送作家が作った台本をもらう
  • 番組の内容や収録手順を打ち合わせで確認
  • 実際にナレーションを入れる

という流れで仕事は進んでいきます。生放送の仕事ではミスが許されないので、綿密な準備と打ち合わせを行い、ナレーションをすることとなります。

番組ディレクターや放送作家からは「温かみのある感じで」「厳し目の口調で」など、作品の雰囲気に合うような指示を受けることになります。そのため、プロのナレーターは要求どおりに表現できるよう声のトーンを変え、間の取り方を工夫しながらナレーションしてくことになります。

プロのナレーターになる流れ

よほどの運や才能がなければプロのナレーターにはなれないでしょう。プロといっても明確な基準はありませんが、プロと呼ばれるナレーターの人たちも、その多くが元からプロを目指していたわけではありません。

タレントやフリーアナウンサー、役者や声優などの仕事をこなしながら、派生の仕事としてテレビナレーションやCMのナレーションをこなす人が多くいます。その中でもナレーションの得意な人がプロのナレーターになっていくという傾向が見られます。

プロのナレーターになるには運や才能に加え、知名度や人脈も必要になってくるのかもしれません。

仕事は自分から取りに行く

フリーランスとして働く場合、自分の方から仕事を取りに行かなくてはいけません。ドキュメンタリーの仕事をしたい、語り部的な仕事をしたいなど、それぞれ好む仕事は異なります。ただ待っていても仕事は来ませんから、自分から仕事を取りに行く積極性が必要です。

好みの仕事や希望するようなナレーションができないまま、何ヶ月もくすぶっているというのはとてももったいないです。自ら動き、行動していくことが早く仕事を見つけることにもつながります。

一般のナレーターの仕事内容

私たち一般の人間ができるナレーターの仕事は、企業サンプル動画や個人作品の仕事がメインになるでしょう。事務所に所属して仕事をもらう人もいますが、最近ではクラウドワークスやランサーズのような募集サイトで仕事を探すこともできます。

募集サイトの仕事にはドキュメント風動画のナレーションや台本の朗読、最近ではYou Tubeのナレーションなどの仕事もあります。さまざまな依頼方法がありますが、自宅に録音環境があれば家で仕事ができることもあります。

多くの仕事が時給という形ではなく、1本いくらといった形で報酬を得ることになるでしょう。本当にいろいろな内容の仕事があるので、声に自信のある人は試しにやってみてもいいでしょう。

一般ナレーターの現状

住んでいる地域や時間などの関係から、事務所に所属できるナレーターは限られてくるでしょうから、基本的にナレーターの仕事は自分で探していくことになります。仕事が見つからなければ収入を得ることはできず、仕事は不定期になりがちです。

クラウドワークスやランサーズのような募集サイトで仕事を探すこともできますが、単発の仕事が多く、同じ仕事を安定して何年も続けていくというのは難しいかと思います。プロはテレビのような単価の高い仕事、一般のナレーターはいろんな仕事を数多くこなすといった形になるでしょう。

ナレーターの仕事のやりがい

ナレーターは声で演出する仕事ですが、歌手や声優のような仕事ではなく、普通の人でもできる仕事。そこには他の仕事とは違う魅力があり、やりがいがありますが、ここではナレーションという仕事の魅力や、やりがいについてご紹介していきます。

ナレーターなしには成り立たない

人気ドラマや長寿番組となるような作品では、一流のナレーターの存在は欠かせません。テレビなどで「声」は知られているが「名前」はあまり知られていないというナレーターも多く、その人なしには番組が成り立たないというほどの存在感を持つナレーターもいます。

自分独自の表現法などを積み重ねていくことで、作品の方から求められる存在になっていくことができます。そのように声をかけられることは、次の作品への力となり糧となることでしょう。

ナレーターにとっては関わった作品は特別な価値があり、その一つ一つが宝物です。そんな宝物を作っていくことが、ナレーターという仕事を続けていくモチベーションへとつながります。

一般ナレーターのやりがい

依頼主との意見が食い違い、やり直しを余儀なくされることもありますが、何度もやり直しを繰り返して作品ができあがった時は、何物にも代えがたい満足感を得ることができるでしょう。

また、時給換算した時の収入の高さに魅力を感じる人もいます。依頼される仕事は一つの依頼ごとに報酬を得ますが、一つあたりの単価を比べた場合、他の仕事に比べて格段に高くなるケースもあります。空いた時間を自由に使えるところに魅力を感じるという人もいるでしょう。

一般ナレーターがテレビやラジオの仕事をすることは難しいですが、どこかで自分が関わった作品に出会うこともあるでしょう。そのような時には誇らしい気持ちになれますし、周りに自慢できると喜ぶナレーターもいるそうです。

ナレーターの仕事内容まとめ

自由な働き方ができるナレーター

仕事内容にもよりますが、声や演技に自信がなくても探せば仕事は見つかります。ですから、空いた時間を使ってナレーションの仕事にチャレンジすることもおすすめです。

フリーランスのナレーターになれば単発で仕事を受けたり、週に2日だけ働くような形で引き受けたりすることができるなど、自由な働き方ができるところも魅力の仕事です。

ナレーターの参考情報

平均年収350万円〜450万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ナレーターの関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB