エッセイストに資格・試験は不要!資格取得よりもエッセイストとして評価を上げる努力を

エッセイストに資格・試験は不要!資格取得よりもエッセイストとして評価を上げる努力を

エッセイスト(随筆家)として活動するためには、資格や試験はあるのでしょうか。結論から言うと、資格や試験などは全く必要ありません。ただし、文章力や表現力などのスキルを身につけるために資格や試験を受けることで、活動の幅が広がると考えられます。本記事では、エッセイストに関わる資格試験の疑問について簡単に紹介しています。

エッセイストの資格とは?

資格がいらない仕事

エッセイストは、資格は全くいりません。文章を書く仕事になりますが、日本語検定や漢字検定などが無くてもエッセイストとして活躍することができます。資格よりも、エッセイストにはその人の人間性がとても重要になります。

また、人気エッセイストとして活躍しなければ、趣味でエッセイを書いている人になってしまうので、常に読者から支持を受けるような存在にならなければなりません。

エッセイストには評価が必要

エッセイストに最も大切なことは、評価です。エッセイストとして認められることはもちろんのこと、多くのファンに支持されること、世間に認知されることがとても大切です。読者からの評価が高く、世間的に認知されれば仕事の幅が広がるので、評価をあげることを何よりも優先して活動するようにしましょう。

評価が高いエッセイストのメリット

評価がなぜ必要かというと、購買に直結するためです。ファンが多いエッセイストが連載を持っていれば、ファンは連載記事を読むために雑誌を購入することになります。しかし、人気がなければ売り上げに直結しないので、ファンの多いエッセイストに仕事が集中することになってしまいます。

また、評価が高くファンからも人気があるエッセイストはマルチに活躍することが可能になります。ただ文章を書くだけでなく、テレビに出演したり、イベントに出演したりと活躍する場が増えます。

活躍する場が増えると更にファンが増えるので、活動を続けていく上では評価やファンを獲得することは必要不可欠になります。

エッセイストとして評価をあげる方法

それでは、エッセイストとして大切な評価をあげる方法とはどのようにすれば評価があがるのでしょうか。評価をあげる方法について解説していきます。

人気がある

エッセイストとして人気があると、雑誌での連載を持てるだけでなく、仕事の幅が大きく広がります。人気があれば、エッセイストとして評価されるので、人気をつけるようにしましょう。どのようにすれば人気が出るのか詳しく紹介していきます。

SNSのフォロワーを増やす

最近では、エッセイストのSNSのフォロワーがどれくらいあるのかは、とても重要な判断基準になります。人気のエッセイストの多くは、SNSでのフォロワーが多く連載以外でも情報を常に発信していることになります。

世間的に無名なエッセイストでも、フォロワーが多ければ新しく連載を持つだけでなく、仕事の機会が増えるのでフォロワーを増やすように心がけましょう。ここで大切なことは、オリジナルのコンテンツを継続的に発信し続けることです。

同じコンテンツを発信し続ければ、ファンも自動的にコンテンツに期待してフォローをするので継続的に行なっていきましょう。

ブログで発信する

最近では、発信するツールが増えています。発信するツールを最大限使い自分の作品をアピールすることもエッセイストには大切です。ファンが増えればアクセス数が多くなるので、作品に広告がつくようになります。

最初はお金にならなくても、結果的にお金になる可能性があるのでSNSで発信する活動は継続的に行うようにしましょう。

書籍を出す

最近では、自費出版で書籍を出すケースもあります。コミケなどで同人誌を気軽に購入する機会が増えたので、SNSだけでなく自費出版で作ったエッセイ本を販売してファンを獲得するエッセイストも少なくありません。

最初は数冊しか売れなかった作品でも、ファンがついていれば評価につなげることもできます。

注目されないと成立しない仕事

エッセイストとして有名になるためには、注目される必要があります。注目されるためには、SNSで個性的な情報を発信したり、共感できるような内容を発信したり、イベントに出演したりとさまざまな方法で自分の名前を広めなければなりません。

評価をあげるためにも、常にエッセイストとしてどのようなことをすれば注目されるのかを模索し続けましょう。最初の頃は何をやっても注目されない可能性がありますが、諦めずにやることで有名になるチャンスを掴む可能性があるので、継続的にコンテンツを作り続けましょう。

エッセイストとしてやっておくべきこと

エッセイストは特に資格を取得する必要はありません。それ以外にエッセイストとしてやっておくべきことはあるのでしょうか。

趣味に没頭する

趣味を見つけ没頭することも大切です。エッセイストは色々な経験から自分なりに発見したことを発表していくことになります。色々なことに対して興味がなければ、エッセイストとして良い考えを発表することができないので、趣味に没頭して自分の考えを整理するようにしましょう。

自分磨きを怠らないようにする

優れたエッセイストになるためには、自分磨きが必要になります。女性のエッセイストであれば、自分磨きをしっかりすることで、女性に共感を得るようなコンテンツを発信することができるので、日々自分磨きを行うようにしましょう。

エッセイストに役立つ資格やスキルを学べる学校

エッセイストのスキルを学ぶことができる学校はあるのでしょうか。残念ながらエッセイストのスキルを学ぶことができる学校はありません。エッセイストのスキルを学ぶためには、次のような方法で学ぶようにしましょう。

独学で学ぶ

エッセイストになるためには、独学で文章を作る方法を学ばなければなりません。エッセイストには正解がないので、自分なりに工夫をしてどのようなスタイルで文章を作るのかを学ぶ必要があります。

色々な人の文章を読む

エッセイストとして学ぶ教材となるのが、色々な人が書いた文章です。しかし、あくまでこういう書き方があるととどめておくことが大切です。

あまり有名なエッセイストの文体を真似てしまうと、盗んだと思われてしまい、かえってエッセイストとして活躍することができなくなる可能性があるので、さまざまなパターンのエッセイを見て自分のスタイルを模索するようにしましょう。

また、文章を読むだけでなく自分の考えたことを文章にする必要があります。いつ閃いても良いように、日頃からメモをとっておく習慣をつけましょう。良いアイデアを考えていても、すぐ忘れてしまう可能性があるので、こまめにメモを取るようにしてください。

小説の養成学校に通う

エッセイストの中には、小説家の養成講座に通ってノウハウを学ぶ方もいます。小説家の養成学校に通うと、正しい日本語での文章の書き方を学ぶことができます。正しい日本語で発信することもエッセイストには求められるスキルなので、文章力に自信のない方は養成学校でスキルを磨くようにしましょう。

エッセイストの資格・試験まとめ

資格よりもスキルが大切

エッセイストは、他の仕事とは異なり資格よりも、実績やファンの多さが大切になります。長く活動するためには、ファンの獲得はもちろんのこと、多くの人から評価されなければ活動を続けることが難しいので、魅力的な人間になるように日頃から自分磨きを心がけてください。

もちろん、何らかの資格を取得していることがエッセイを執筆する際に役立つこともあります。そういった部分も含めて見分を広げ、人生経験を豊かにすることで売れっ子エッセイストになることも可能となるなのです。

エッセイスト(随筆家)の参考情報

平均年収100万円~300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種出版・報道

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

エッセイスト(随筆家)の関連記事

出版・報道に関する他の職業KANREN JOB