エッセイストの給与・年収は?現実問題として専業で生計を立てられるのは一握りの存在

エッセイストの給与・年収は?現実問題として専業で生計を立てられるのは一握りの存在

エッセイスト(随筆家)がどの程度の給与を受け取り、年収にするとどの程度になるか、このページではエッセイストの給与・年収を紹介します。これからエッセイストになる方は収入をあげるヒントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

エッセイストの初任給

エッセイスト(随筆家)の初任給はどの程度もらうことができるのでしょうか。エッセイストになりたての人がもらうことができる給与について解説していきましょう。

固定給がない

エッセイストは、一般企業の会社員のように固定給制度ではありません。そのため初めてエッセイストになる人の中には1ヶ月あたり0円ということもあれば、2万円ということもあります。エッセイストの初任給はこれという額を算出するのは難しいでしょう。

しかし、給与が全くもらえないエッセイストだけではありません。新人でもいきなり20万円以上稼ぐことも可能です。なぜ、エッセイストによって金額の差が違うのでしょうか。それは、エッセイストに色々なタイプの方が活動しているためです。ここからは、タイプ毎に給与の違いを紹介していきます。

新人のエッセイスト

実績のないエッセイストは、待遇が最もエッセイストの中でもよくありません。雑誌で連載しても原稿料が2,000円〜5,000円というケースもあります。連載を持てたとしてもかなり安くなってしまうので、アルバイトなどで生計を立てながら仕事をする必要があります。

文学賞で受賞歴のあるエッセイスト

文学賞で受賞した経歴のあるエッセイストは原稿料も高くなるので、雑誌で連載をしても1万円程度は確保することができます。毎週連載があれば4万円程度稼ぐことが可能で、複数の連載を持てば月に20万円近く稼ぐことも難しくはありません。

また、新人の文学賞を受賞しても、1年間は仕事を継続される可能性が高いので、諦めずに継続的に仕事を続けることが大切になります。

著名人のエッセイスト

著名人がエッセイストに転身した場合、原稿料が3万円〜5万円と高くなるため、自然と収入も高くなります。これは、著名人になればファンが購入してくれる可能性が高くなるので、必然的に給与が高くなることが期待できます。

このように、エッセイストになる状況が異なることで初任給も大きく変化することを覚えておくと、エッセイストとしてどのようになれば、安定的に稼ぐことができるのかを逆算して考えることが可能になります。

エッセイストの平均給与

エッセイストの平均給与の統計はどの程度なのでしょうか。エッセイストの平均給与の統計について紹介していきます。

エッセイストによってさまざま

平均給与はエッセイストを平均すると10万円〜20万円程度です。これは、エッセイストによって0円の人もあれば、月に100万円以上稼ぐ方もいるので、大きな差があるため全体的に低くなってしまうという傾向があります。

エッセイストとして高額に稼ぐことができる人はごく限られているので、給与も必然的に低くなってしまいます。

副業でエッセイストをする人もいる

エッセイストの中には、副業でエッセイストをしている方も少なくありません。執筆した作品の原稿料や印税などが安ければ、それだけで生計を立てることが難しくなるので、副業をせざるを得ません。エッセイストとしてコンスタントに稼ぐことができるまでは、継続的にアルバイトをしながら活動をする方もいます。

給与をあげる方法は

エッセイストとして少しでも稼ぐためには、どのようにすれば良いのでしょうか。一般的な会社員とは異なり、自分で仕事を勝ち取らなければ仕事を増やすことができません。仕事を増やさなければ給与をあげることができないため、仕事を増やす方法を模索しておく必要があります。

ネットで作品を発表する

SNSなどでネットを活用して作品を発表することは現代のエッセイストにとってとても大切な活動です。はじめは0円で作品を発表することになりますが、ファンがコンスタントにつけば、作品をコミケなどの同人誌発売ができる場所で作品を売りだすことができます。

また、最近ではオンラインサロンというコミュニティも誕生しています。このような場で発信していけば、安定的に給与を稼ぐことができるので、エッセイストであれば積極的に活用するようにしましょう。

多くの連載を持つ

1社だけでなく、複数の雑誌社で連載を持っていると、それだけ原稿料が入るので安定的に稼ぐことが可能になります。エッセイストとして給与をあげるためにも複数の連載を持つようにしましょう。

複数の連載を持つためには、連載を持っている雑誌社で良い作品をコンスタントに残すことも大切です。また、自分の趣味が仕事になる可能性もあるので、自分が好きなものは積極的にアピールするようにしましょう。

エッセイストの平均年収

エッセイストの年収統計はどの程度なのでしょうか。エッセイストの年収の統計がどの程度が紹介していきます。

エッセイストによって年収が違う

エッセイストの年収を見ると、100〜300万円程度になります。エッセイストの中でも、エッセイの作品1本だけで生き残っている方は限られています。連載する雑誌が減少しているという点と、ネットでの作品は執筆料が安いため、かなり厳しい世界だと言えます。

しかし、エッセイストの中でも工夫して収入を安定的に作り出している方も少なくないので、諦めずに挑戦し続けましょう。

年収1,000万円ためには

年収1,000万円以上になるためには、具体的にどのようなことをすれば実現することが可能でしょうか。1,000万円を稼ぐためのポイントを紹介しましょう。

活動の領域を広げる

エッセイストとして少しでも収入を稼ぐのであれば、活動の幅を広げることが大切です。エッセイストとしての原稿料はいくら有名な方でも5万円程度です。これだけで活動をすると、収入がかなり安くなってしまうので、エッセイスト以外の活動も大切です。

例えば、メディア出演をすることもエッセイストには大切な仕事になります。テレビやラジオなどのメディアに出演することで、知名度をあげるだけでなく、文章では伝えられなかった自分のキャラクターをアピールすることができます。その結果、仕事も増えるためエッセイストにとってはメリットであると言えるでしょう。

また、知名度があがれば講演会やイベント出演など活動領域もさらに広がるので、エッセイ作品に絞るだけでなく、さまざまな可能性を検討した上で仕事を増やしていくと収入を高くすることができます。

ベストセラー作品を出版する

エッセイ本を発表し、その作品がベストセラーになれば印税が多く入ってくるので一定期間の収入は保証されます。しかし、ベストセラー作品を1つ出したら一生遊んで暮らせるということではありません。コンスタントに発表しなければ、収入も大きく下がってしまうので、ベストセラー作品は知名度をあげるための手段と割り切っておきましょう。

このように、ただエッセイ作品を発表するのではなく、色々な可能性を検討しながらあらゆることを前向きに検討することが大切です。色々な試行錯誤がエッセイストとして残るために必要なスキルになるので、諦めずに色々な活動を行うようにしましょう。

エッセイストの給与・年収まとめ

実力があれば高額年収も可能

エッセイストの給与・年収についてまとめると、一般企業の労働形態とは異なり結果を出し続け努力を続けていけば、収入を増やすことが可能です。しかし、知名度がなければどれだけ努力しても全く収入にならないケースもあります。

給与を大きく改善するためには、ファンの獲得、良い作品を作るスキルを磨きながら、世間に認知されるまで諦めず挑戦し続けるようにしましょう。

エッセイスト(随筆家)の参考情報

平均年収100万円~300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種出版・報道

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

エッセイスト(随筆家)の関連記事

出版・報道に関する他の職業KANREN JOB