小学校教師の給与や年収は?平均月収や支給される手当まとめ

小学校教師の給与や年収は?平均月収や支給される手当まとめ

公立小学校で働けば地方公務員となる小学校教師の仕事。収入的にも安定しているイメージが強いですが、実際の給与や年収はいくらくらいなのでしょうか。こちらでは、小学校教師の給与や年収などについてご紹介しています。

小学校教師の平均年収

小学校教師は、勤続年数や役職によって年収が異なります。

ここでは、役職別と年代別で、小学校教師の平均年収を見てみましょう。

役職別の平均年収

助教諭は、教諭の補助的業務を行う職員を指します。臨時教員ですが教員免許状の臨時免許状を取得していなければなりません。

助教諭の平均年収は500万円前後です。

教諭

教諭は、一般的な教師のことです。担任として担当のクラスの教師をとして仕事をします。

教諭の年収は約540万円です。

統括教諭

統括教諭は担任を持たない教諭で、いわゆる管理職を目指すポジションです。教頭や校長を目指す人の登竜門といえるかもしれません。

統括教諭の年収や約680万円です。ちなみに、子どもの教育に関わりたくて小学校教師になった人は、統括教諭になりたがらないという人も多いそうです。

教頭・校長

教頭の年収は約700万円だといわれています。校長の年収は約750万円です。

平均年収には各手当が含まれる

これらの、各役職における年収は、各都道府県や取得している教員免許状によって異なりますので、あくまで平均です。

また、これらは地域手当や住居手当など、各手当を含めた金額となり、給与は手当の比重が大きいといわれています。

年代別に見る平均年収

年代別で平均年収を見てみると、20代は370〜500万円、30代は500〜680万円、40代は700〜800万円、50代は820〜900万円前後だそうです。

同じ年代でも、例えば20代であれば新卒が370万円、28歳前後で500万円とかなりの開きが出てきます。

小学校教師は残業代が入るの?

小学校教師の仕事は、とにかく残業が多いというイメージですね。下校後にテストの採点や明日の授業準備などをしなければならないので、定時で帰るということは難しいかもしれません。

そもそも、小学校教師の定時とは一体何時から何時までなのでしょうか?

勤務時間

小学校教師の勤務時間は、自治体によって異なります。

地方公務員の場合実働時間は7時間45分といわれておりますので、8時30分から17時までという小学校もあれば、8時15分から16時45分という小学校もあります。しかし、実際にこの勤務時間通りに出勤から退勤まで行っている人はまずいないと考えてよいでしょう。

例えば、千葉のとある小学校では朝8時30分から朝の会が始まりますが、8時15分から「朝学」を行いますので、たとえ教室にいないとしても、それまでに教師が出勤していないということはありえません。

そして、15時50分が下校時刻ですが、帰りの会が押してしまうこともありますし、その上部活もありますので、部活を終えた子どもが下校するのが17時ごろ、そこから片付けやテストの採点、明日の授業準備をしていたら、定時に帰宅するのはまず無理です。

残業代の支給は?

小学校教師の仕事は残業が多いということがもはや定説となっているため、給与には「みなし残業手当」として、残業代が含まれています。こうした給与形態を取っている企業はいくつもありますね。下校後に授業の準備や採点などで残業をする場合は、給与にみなし残業手当が含まれているので、別途手当がつくことはありません。

また、校長をはじめとする管理職からの依頼で居残りをして仕事をする場合や、職員会議が長引いてしまったときなどは、同じ時間で「時間休」として休みを取ることができます。ただし、ほかの業務が忙しいので、時間休を取れないというケースもありますが、その場合に別途残業手当をもらうことはできません。

休日

公立小学校の小学校教師は地方公務員という位置づけになりますので、基本的に土日祝日はお休みです。

ただし、学校行事で休日出勤となる場合もありますし、自分の仕事が終わっていなければ出勤して仕事しなければならないということもあります。運動会などでは生徒と同じように振替休日が設定されますので、その日に休むことが可能です。

夏休み

夏休みについて、児童は40日の夏休みがありますが、当然ながら小学校教師が同じだけの休みを取ることはできません。通常通り出勤をして仕事をし、夏休みを取得する場合は、申請をして取得する形です。

ただし、夏休みに中にしなければならない仕事が決まっているわけではないので、2学期の準備をする、研修に参加してスキルをつけるなど、自分のやるべき仕事をこなすことが可能です。

児童が登校する登校日には必ず出勤しなければならず、そのときに職員会議などを行います。ちなみに、通常業務でのランチは児童と一緒に給食を食べますが、夏休みは当然給食がないので、そのときは弁当を持参する、外に食べに行くなど、好きなランチを摂ることができます。

夏休み中の勤務は、児童がいない分かなり自由度は高いといえるでしょう。

女性の小学校教師は育児年ごとを両立できる?

小学校教師は担任を持つなど責任のある仕事を任されるので、出産や育児との両立が難しいイメージです。しかし、女性の小学校教師もたくさんいますよね。

皆さんどのように家庭と仕事の両立をされているのでしょうか。

産休を利用して仕事を続ける女性教諭もいる

家庭と仕事の両立については個々の考え方がありますので、結婚が決まった時点で小学校教師を退職する女性も少なくありません。逆に、産休を利用しながら職場復帰をして小学校教師の仕事を続ける女性もいます。

中には年の途中でも産休に入るために担任を退き、代理の担任が学級運営を行うというケースもあるようです。こうした対応は児童や保護者にとってよい印象を与えませんが、やろうと思えばこうした対応もできるということですね。

その後、翌年に産休明けからまた担任を受け持ちますので、頑張れば家庭と仕事の両立は可能だといえます。

家族の協力やサポートはマスト

小学校教師の仕事は朝早く夜遅いので、配偶者や自分の親など、家族のサポートは必要不可欠です。8時までに出勤しなければならない場合、子どもを保育園に預けるのはもっと早い時間になってしまいます。

早朝保育を行っていない保育園であれば、家族に送迎をお願いしなければなりません。迎えについても、18時までに仕事が終わらないことは多々ありますので、お迎えをお願いできる人を確保しておく必要があります。

家庭と育児を両立するための体制がきちんと整っていれば、定年まで小学校教師として働くことも十分可能です。

小学校教師の給与や年収は?まとめ

小学校教師の需要は決して低くない

昨今の少子化により、小学校教師の需要は下がっているというイメージが強いです。教員採用試験の合格倍率も4倍近くありますので、小学校教師になるのは狭き門だといえます。

しかし、第2次ベビーブーム時に活躍した教員が一斉に定年退職を迎えたため、現場では人手が足りないという現状もあります。必ずしも小学校教師の需要は低いわけではなく、採用されれば安定して働くことができると思われます。

仕事はハードだが収入は多め

小学校教師の年収を一般企業のサラリーマンと比較したときに、かなり高めな印象を受けた人も多いのではないでしょうか。

朝早く夜遅い小学校教師の仕事ですが、やはりハードである分収入は高めです。校長クラスになったときの収入については、企業によってはもっと多く得ている管理職もいるかもしれませんが、それでも十分安定していると思われます。

残業を減らすよう努力する学校が増えている

昨今では、小学校教師の残業を極力減らせるように動いている小学校も増えてきています。21時には施設をすべて閉めてしまうようになったので、深夜まで残って仕事をすることはできなくなりました。

また、部活を展開している学校では専門のコーチを雇い、教師は自分の科目教科に専念するような体制を取っている学校もあります。こうした動きから小学校教師の残業が少しでも減れば、収入面も健康面も安定して働くことができそうですね。

小学校教師の参考情報

平均年収400万円~700万円
必要資格
  • 小学校教諭普通免許状
資格区分 免許
職種教育・保育

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

小学校教師の関連記事

教育・保育に関する他の職業KANREN JOB