チャイルドマインダーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

チャイルドマインダーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

働き方が選べて柔軟性の高い職業、チャイルドマインダー。子供の面倒を見るだけと簡単なイメージがありますが、責任も大きく大変な仕事の一つ。今回はこの記事でニュースキャスターの仕事のスタイルや特徴、魅力などについてご紹介します。

チャイルドマインダーとはどんな仕事?

少人数保育のプロフェッショナルがチャイルドマインダー

チャイルドマインダーは家庭的な保育サービスを行う専門家で、少人数保育のスペシャリスト。家庭的保育で0歳から12歳までを対象にしている対応できるお子様の数も3名までと厳しく決まっています。

子供を主体とした一人ひとりを尊重して自立心を育成する仕事が、チャイルドマインダーです。チャイルドマインダーは、在宅型と訪問型があり、それぞれに異なった特徴があります。

自宅を保育室とした地域密着型の在宅型

在宅型のチャイルドマインダーは自宅を保育室として働くスタイルです。朝受け入れを開始して夜の決まった時間までお迎えが来るまでがチャイルドマインダーの仕事時間になります。

おやつやお散歩や学び、遊びなど休みなく子供達のサポートを行います。子供達のお昼寝の時間には保護者に提出するその日のレポートを作成します。子供年齢に合わせて学習や遊びをコーディネートする事もチャイルドマインダーとして大きな役割です。お迎えの時間が来れば保護者に迎えに来てもらい、その日の仕事が終了になります。

保育を必要としているお宅に伺う訪問型

訪問型のチャイルドマインダーは、個人のお宅にうかがって子供をみるのが基本的なスタンスです。仕事内容としては在宅型と殆ど変わりませんが、訪問までの通勤時間がかかってきます。また訪問先の個人のお宅で子供を見る事になるので、保護者と相談をしっかり行う必要があります。

加えて個人のお宅ではどこに何があるのか、子供の性格、食事をどうするかなど子供とのコミュニケーションだけでなく、保護者としっかりコミュニケーションをとる事がチャイルドマインダーの大きな仕事です。

子供を預かるという大きな責任のある仕事なので、在宅型でも訪問型でも、保護者からの信頼を得る事がチャイルドマインダーとして成功するポイントと言えます。

迎えが来ないと遅くまで仕事をする事も

在宅型のチャイルドマインダーでは、朝子供を受け入れてから夜に親御さんが迎えに来るまでが仕事になります。一応18時くらいまでとお迎えの時間は決まっていますが、親御さんの予定などで遅くなる場合もあります。

遅くなってお迎えが来ない時にも心配する子供達を慰めて遅くまで面倒を見ないといけません。共働きのご家庭などは交通機関の乱れなどから予定時刻よりもお迎えが遅くなることもあり、長時間働かないといけない場合もあります。

チャイルドマインダーの仕事は意外とハード。芯に子供が好きな事が必要

チャイルドマインダーは、仕事中はずっと子供達と生活する事になります。距離も近く、少人数制のことが多いためよりコミュニケーションが必要になります。子供が苦手な人や少しぐずったらイライラする人はチャイルドマインダーの適正とは言えません。

また少しくらい子供好きというだけではチャイルドマインダーとして長続きするのは難しいと考えられます。子供が本当に好きで可愛くて仕方がないという気持ちのある人がチャイルドマインダーとして向いています。全く知らない子供に対して深い愛情をもって接する事が出来るかがポイントです。

チャイルドマインダーの給料レベルは働き方で大きく異なる

チャイルドマインダーの給料は働き方で大きく変わり在宅型であれば1時間あたり約1,500円、訪問型の場合には700円~1,000円が相場になっています。

在宅型と訪問型で比べると月に10万円前後も変わってきますし、必要な備品を準備する必要もあります。訪問型のチャイルドマインダーは移動する為の交通費やガソリン代もかかってきます。

都内と地方を比べると時給も大きく左右されるので、働き方やその土地の相場などで価格もある程度決まってくることを覚えておきましょう。

チャイルドマインダーの仕事は子供の面倒を見ること

チャイルドマインダーの仕事は子供の面倒を見る事に尽きます。子供の面倒を見る事が仕事ですが、年齢によって仕事内容は大きく変わってきます。

対象年齢 業務内容
0歳児 ミルクや寝かしつけなど
3歳児 おやつやトイレのサポート
6歳児以上 読書や運動

赤ちゃんの対応もチャイルドマインダーがする仕事

チャイルドマインダーは0歳児から預ける事が出来るので、赤ちゃんの場合には決められた時間にミルクをあげたり離乳食をあげる事もあります。

おむつ替えや抱っこでの寝かしつけなども大切な仕事の一つです。話すことが出来ない赤ちゃんのサポートはとても大変で、とにかくデリケートに接する必要があるため難易度が高いと言えるでしょう。

幅広い知識と経験が必要な6歳児以上

6歳児以上であれば基本的にある程度は自分で出来るようになります。体を動かして遊んだり、本を読んだり勉強を手伝ったりするのがチャイルドマインダーとしての仕事になります。

年齢に応じて必要な関わり方が異なり発達に関しての幅広い知識と経験を積み重ねていることがチャイルドマインダーとして大切です。男女によっても好きな遊びが違うので、年齢の傾向を理解しながら調査して対応する事も大切です。

子育てに悩む保護者へのアドバイス

チャイルドマインダーの仕事は子供の面倒を見るだけではなく子育てに悩む保護者へ育て方のアドバイスをする事も仕事の一つです。子育てに悩む保護者はたくさんいますし、保護者と子供の関係性をより豊かにする為のサポートを行います。

保護者の子育てに対する悩みを聞いて、子供が健全に育つ環境を整える適切なアドバイスをする事もチャイルドマインダーとしての大きな役割と言えます。

保護者に提出するレポートを作成

子供を預けた保護者に提出するその日のレポート作成する事も、チャイルドマインダーの仕事の一つです。その日に何が起こったか、食事はどうしたか、体調は良かったのかなどこまめに記載していきます。

親御さんも自分の子供を預けるので、不安に感じる事もあるので、その日にレポートを作成してお渡しするようになっています。子供達が昼寝している時などにレポートを作成しているチャイルドマインダーが多いようです。

チャイルドマインダーの仕事のやりがい

子供の成長を感じることが出来る仕事

一人ひとりの保育に深く携わる仕事がチャイルドマインダーの大切な役割です。深く接していく事で、子供の成長を間近で感じる事が出来ます。

チャイルドマインダーとして多くの愛情を注いで成長を感じることが出来た時には大きなやりがいに繋がります。初めは泣いていた子供が、接している上で笑ってくれたり、お話をしてくれるようになる事もやりがいと言えます。

感謝の言葉が宝物になる仕事

チャイルドマインダーの仕事で助けられるのは、その親御さんです。仕事が忙しくて子どもの世話ができない親御さんは多く、悩みを抱えている人も珍しくありません。

チャイルドマインダーが子どもを預かる事で、心も体も親御さんの負担を軽減させることに繋がります。親御さんから感謝や労いの声をかけて貰える時もチャイルドマインダーは仕事の苦労も吹っ飛び、やりがいを感じられます。

チャイルドマインダーの仕事内容まとめ

チャイルドマインダーは子供が芯から好きである事が求められる仕事

0歳児から12歳児までの子育てのサポートをするチャイルドマインダーは子供と接する仕事なので本当に心から子供が好きであることが大切です。ミルクやおむつ寝かしつけ、ある程度成長すれば体を動かして遊んだり勉強のサポートなど、年齢によっても性別によっても業務内容は変わってきます。

親御さんのアドバイスやレポートなどもチャイルドマインダーの仕事で、ハードな一面があるのも特徴と言えます。お迎えが来ないと仕事が終われないチャイルドマインダーは、夜遅くまで子供の面倒を見る必要があるかもしれません。しかし、子供の成長を感じることや親御さんからの感謝の言葉が、何よりのやりがいに感じられる仕事です。

チャイルドマインダーの参考情報

平均年収200万円~300万円
必要資格
  • チャイルドマインダー
資格区分 民間資格
職種教育・保育

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

チャイルドマインダーの関連記事

教育・保育に関する他の職業KANREN JOB