ベビーシッターの資格試験とは?保護者から高い信頼を得られるベビーシッター関連資格まとめ

ベビーシッターの資格試験とは?保護者から高い信頼を得られるベビーシッター関連資格まとめ

資格なしでも行えるベビーシッターですが、「認定ベビーシッター」という資格を取得しておくと有利だといわれています。資格を持つことで利用者から高い信頼を得られるので、無資格よりも有利になるようです。今回は、そんなベビーシッターの資格や試験に関する情報をまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

ベビーシッターの資格とは?

専門的な知識を持っている証になる

ベビーシッターの資格は、ベビーシッターとしての専門的知識を持っている証となるものです。

資格を持っていなくてもできる仕事ではありますが、取得していた方が就職にも有利なので、採用してもらえる確率が高くなります。そのため、資格を持っていない方は就職活動をスムーズに進めることができないので、ベビーシッターの資格は持っておいた方が良いでしょう。

また、資格を持っていない人と持っている人では、自分の仕事に対する自信の持ちようが異なります。仕事に対する姿勢や判断力にも関わってくるので、質の高い保育サービスの提供ができるようになるでしょう。

子供を持つ保護者から高い信頼を得られる

ベビーシッターの資格を持っていれば、無資格の方に比べて保育サービスを利用される保護者から高い信頼を得ることができます。資格の有無で利用者が感じる安心感は大きく変わるので、資格取得は必須といっても過言ではないでしょう。

また、信頼性が高ければ継続してサービスを利用してもらえますし、仕事がなくなるといった心配もないでしょう。信頼性が高く質の良いサービス提供を考えるのであれば、ベビーシッターの資格を取得しておきましょう。

資格を取得するために知っておきたい3つのポイント

ベビーシッターの資格を取得するのであれば、事前に知っておきたい3つのポイントがあります。

ベビーシッターの資格にはいくつかの種類があるため、自分に合った資格取得の方法を選ぶことが大切です。それでは、自分に合った資格取得の選び方について、一つひとつ見ていきましょう。

試験を受ける条件を満たしているかを確認する

まずは、自分がベビーシッターの資格を取るための条件を満たしているのかを確認してみましょう。試験を受ける条件には、「指定する教育課程を修了する」「指定する研修の修了と実務経験を持っている」の2つに分かれています。

いずれかの条件を満たしていれば資格を取得するための試験を受けられますが、そうでない方は、まず条件を満たすことが必要になります。そのため、まずは自分が試験を受けられるのかを確認することが大切です。

自分に合った学習スタイルで取得する

ベビーシッターの資格を取得する方法は、在宅や教室など自分に合った学習スタイルで選ぶことが可能です。自宅近くに通える教室がない、または働きながらベビーシッターの勉強をしている、という方は、在宅による資格取得がおすすめです。

時間に余裕がある、在宅での勉強では不安、という方は、教室での資格所得を選ぶと良いでしょう。私生活に支障を来さず、目的に合った学習スタイルを選んで、ベビーシッターの資格を取得してみてください。

資格を取る際に必要な費用で取得方法を選ぶ

ベビーシッターの資格は、取得方法で必要な費用が異なり、約5~40万円が相場となっているようです。教室に通うのか通信講座を使って在宅で資格を取得するのか、または保育系の資格を持っているのかなど、それぞれで必要な費用が異なります。

そのため、明確な費用が知りたいという方は、ベビーシッターの資格を取得できる教室や通信講座の資料を確認しておく必要があります。相場を見てもわかる通り、場合によっては高額な費用が必要になるため、事前に必要な費用は把握しておくことをおすすめします。

ベビーシッターの資格の難易度・合格率

試験の難易度はそれほど高くない

ベビーシッターの資格を取得するための試験ですが、きちんと勉強していれば難易度はそれほど高くないといわれています。教室や通信講座で学んだことをそのまま試験に活かすことができれば、無事に合格することができるでしょう。

ちなみに、試験で出される問題ですが、「記述式」「選択式」の2種類があるようです。記述式の問題には正しい答えを記入しなければいけないので、誤字がないように注意する必要があるでしょう。

また、きちんと学んだ内容を暗記できていれば、選択式の回答には問題なく答えることができるでしょう。

試験合格率は約80%と高め

難易度がそれほど高くないベビーシッターの試験ですが、合格率は約80%だといわれています。また、現在では実技による試験が行われていないようなので、専門的な知識をきちんと学んでいれば合格することできるでしょう。

ちなみに試験時間は90分となっていますが、落ち着いて問題に回答することができれば、不合格になる心配はありません。焦らずに学んだことを思い出しながら試験を受け、最後は間違いがないかを見直すことを忘れないようにしておきましょう。

その他のベビーシッター関連資格

実務経験不要で取得できる「ベビーシッター資格」

ベビーシッター資格は、日本能力開発推進協会が主催しているベビーシッターの資格で、70%以上の得点率で合格できるといわれています。ベビーシッターとしての実務経験は不要で、協会が指定するカリキュラムを全て修了していれば、試験を受けることが可能となっています。

年齢制限がなく誰でも受けられる「ベビーシッター」

ベビーシッターは、日本チャイルドマインディング&エデュケア協会が主催している資格で、年齢制限がなく幅広い年代の方が受けています。受験資格はヒューマンアカデミー「たのまな」の講座の修了となっていて、所定の成績で修了したあとに申請をすればベビーシッターの資格を取得することができます。

職業能力をアップできる「ベビーシッター技能認定」

ベビーシッター技能認定は、一般財団法人日本医療教育財団が主催していて、ニチイまなびネットの講座を修了していることが受験条件となっています。ベビーシッターとしての職業技能をアップさせることができる資格なので、より良い保育サービスの提供ができるようになるでしょう。

ベビーシッターの資格が取れる学校

保育・幼児教育を学べる専門学校や大学へ通う

保育・幼児教育を学べる専門学校や大学であれば、勉強をしながら資格も取得できるため、学校卒業後にはすぐにベビーシッターとして働くことができるでしょう。

子供が好きで将来的に保育関係の仕事に就きたいと考えている方は、保育・幼児教育などの学科がある学校へと進学してみてはいかがでしょうか?

教室や通信講座で資格を取得する

すでに社会人の方でベビーシッターを目指して資格を取得されるのであれば、専門の教室や通信講座を利用すると良いでしょう。どんな教室や通信講座を使えば良いのかと悩んでいる方は、以下でご紹介する教室・通信講座を参考にしてみてください。

ニチイまなびネット

ベビーシッター技能認定資格を取得できる講座で、教室への通学、または通学と在宅にて講座を受けることができます。学習期間は3~4ヶ月となっていて、ご自分に合った学習スタイルを選べるのでおすすめです。

キャリアカレッジジャパン

ベビーシッター資格を取得できる講座で、在宅にてベビーシッターの勉強や資格取得ができる通信講座です。仕事や育児で忙しいという方でも利用しやすい講座なので、ベビーシッターの資格を取得されたい方は、ぜひ利用してみてください。

ヒューマンアカデミー「たのまな」

ベビーシッターの資格を取得できる講座で、在宅にて資格取得を考えている方におすすめの通信講座です。DVDを使った講習はもちろん、外出先でも勉強ができるようスマートフォンやタブレットを使った講習も用意されています。お近くに通える教室がないという方は、こちらの通信講座を使ってみてはいかがでしょうか?

ベビーシッターの資格まとめ

ベビーシッターの資格は取得しておいた方が良い

無資格でもできるベビーシッターですが、資格を持っていた方が就職にも役立ちますし、保育サービスを利用される保護者からも信頼を得ることができます。そのため、ベビーシッターの仕事をされる方は、資格の取得は必須といっても過言ではありません。

ベビーシッターを目指している方は、ご紹介した教室や通信講座を使って、必要な資格を取得してみてください。

ベビーシッターの参考情報

平均年収250万円~300万円台
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種教育・保育

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ベビーシッターの関連記事

教育・保育に関する他の職業KANREN JOB