レースクイーンの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

レースクイーンの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

モータースポーツのレース会場で傘を差しながらにっこり微笑んでいるイメージを、レースクイーンに持っている人が多いかもしれません。恵まれた美貌とスタイルを持った女性がレースクイーンをこなしていますが、具体的な仕事内容にはどのようなものがあるのでしょうか。

レースクイーンとはどんな仕事?

モータースポーツ大会で花を添えて盛り上げる重要な役割!サポート的な一面も

レースクイーンはモータースポーツの大会などで選手のサポートをしたり、表彰の手伝いなどを行うコンパニオンのことです。スポンサーやチームの名前が入った衣装を着てメディア対応やファンとの交流も行います。

一般的にモデルのように容姿端麗で10代前半から20代の若く、華やかな女性が採用されていることが多いです。レースクイーン目当てで会場を訪れる人がいたり、アマチュアのカメラマンがレースクイーンを被写体に撮影したりと大会を盛り上げる重要なポイントにもなっています。

レースクイーンが美人でスタイル抜群の人ばかりなのはどうして?

現在モデルやタレント、女優として活躍している芸能人の中には元レースクイーンの人やレースクイーン経験者の人も多くいます。そのため、ステップアップの一環としてモデルや女優の卵がレースクイーンの仕事をしていることも多いです。

また、レースクイーンになるためにはオーディションを受ける必要があります。個人で応募しチームやスポンサーと直接契約を結ぶことも可能ですが、所属しているモデル事務所やタレント事務所からオーディションの情報を得ながら活動しているケースが多いです。

レースクイーンは日本発祥の職業、もともとは普通のアシスタントだった

モーターレースは海外でも盛んにおこなわれていますが、レースクイーンは日本発祥の職業です。レースクイーンが誕生する前にも表彰式の手伝いを行うアシスタントの役割を果たす女性は存在していました。

大会運営者がキャンペーンガールやイベントコンパニオンの女性に、スポンサー名やチーム名などの衣装を着せてアシスタントなどを任せたことが始まりではないかと言われています。セクシーで華やかな衣装も時代とともに移り変わっており、モータースポーツファンを熱中させ、大会を盛り上げるのに一役買っています。

レースクイーンは普段何をしているか?兼業している人がほとんど

モータースポーツのシーズンは3~11月の間です。その間、試合が行われるのは10回程度で、主に土日祝日を利用して大会が開かれます。レースクイーンがどのように雇用主と契約しているかにもよりますが、すべての試合に呼ばれるわけではなく、大会のアシスタントとしての仕事は年に数回程度にとどまることが多いです。

したがって、レースクイーンとは別に仕事をしている人も多いです。モデルやタレントとして活動をする人もいれば、会社員やアルバイトとして一般的な職業についている人もいます。高校生や大学生がレースクイーンとして採用されるケースもあり、学業と両立しているレースクイーンも存在します。

レースクイーンと雇用主の間で交わされる契約は1年契約が多く、1度オーディションに受かっても今後レースクイーンとして活動していけるかどうかわかりません。そのような事情もあり、レースクイーンの仕事の収入のみで生活していける人はほとんどいないと言ってもよいでしょう。

レースクイーンの大会中の仕事とシーズンオフの仕事内容

レース大会では具体的にどんなことをしているのか?意外と雑用も多い!

レースクイーンの一番メインの仕事であるモータースポーツの大会の仕事は、選手に飲み物を渡したりするサポート役から、パンフレットの配布などの雑用までさまざまです。8時間耐久レースなど、大会の内容になってはほぼ丸一日動き回ることになります。

季節によっては寒さや暑さが厳しい中、衣装を着こなさなければならず、ヒールが高い靴を履いて動き回るなど体力のいる仕事でもあります。カメラに向かって華やかに笑顔を振りまく裏では大変な努力があることがうかがえます。

レース前後の選手のサポート!サポート中も笑顔とポーズは欠かさないのがプロ

モータースポーツの大会の写真でよく目にするのは、選手に日傘を差し、直射日光が当たらないようにしている姿です。

その間でもカメラ目線で笑顔を絶やさなかったり、スタイルの良さを際立たせるポージングをしているなど、レースクイーンの華やかさを象徴する仕事でもあります。そのほかにも、選手からヘルメットを受け取る、飲み物を手渡すなどサポートを行います。

華やかなレースクイーン見たさに来る観客も!集客に一役買う、観客との交流

純粋に観戦に来たお客さんだけでなくレースクイーンの追っかけや熱心なファンが会場に来ることも多いです。また、アマチュアカメラマンがカメラを構えるため、人気のあるレースクイーンの周りには何重にも人の輪ができます。

来場してくれた人と握手したり簡単な会話を交わすなど、観客との交流も重要な仕事です。またたくさんの人に自分の名前を知ってもらえるチャンスでもあるので、今後の活動に力を入れていきたいレースクイーンとしては営業の一環でもあります。

モーターレースの知識とコメント力が試される、パンフレットの配布作業や解説

パンフレットの配布やレース状況の解説を行うこともあります。モータースポーツに関して何の知識もなくレースクイーンになった人は、大会のことや選手のことなど猛勉強してイベントに臨む必要があると言えるでしょう。

また、メディア対応を行うこともあります。雑誌やテレビのインタビューにその場に合ったコメントを求められることも多いようです。

広告塔としてPRしながら自分を売り込む、撮影会や、スポンサーPR

シーズン中レースクイーンとして大会のアシスタントを行うのは、年に数回になる人がほとんどです。シーズンオフの期間や大会以外の仕事は、どのチームやスポンサーと契約するかによって異なりますが、大会の前のPRイベントなどに参加することはよくあります。

また、レースクイーンのうちほとんどがモデル事務所やタレント事務所に所属しています。現役レースクイーンとして人気が出れば、撮影会や握手会を行い、ギャラが発生することもあります。所属している事務所だけでなく。所属しているチーム主催でレースクイーンの撮影会を行うこともあります。

レースクイーンの仕事のやりがいとは?

スポーツとしての醍醐味!チームとの一体感・達成感を味わうことができる

モータースポーツで一番目立つのは何と言っても選手でしょう。しかし、車やバイクを整備する整備士やチームの運営を行う運営者やスポンサーとともに、一丸となって大会に臨みます。その点は他のスポーツと同様と言えるでしょう。

レースクイーンになって採用されると、チームの一員になるということです。チームの一員としての一体感や、よい結果を残せた時の達成感などはなかなか味わえるものではありません。レースクイーンならではの喜びと言えるでしょう。

レースクイーンとして知識と情報は必須!モータースポーツに詳しくなれる

レースクイーンの中には昔からモータースポーツが好きで、観戦しているうちにレースクイーンを志すようになったという人もいます。中には、女優やモデルとしてオーディションを受けた中の一つがたまたま合格し、レースクイーンになったという人もいます。

いずれにせよ、雑誌やテレビのインタビューで的確にこたえる必要があったり、モータースポーツファンとの交流もあるため、自分がかかわるレースや大会に関してはかなり詳しくなる必要があります。関係者の一人としてモータースポーツ業界に詳しくなれるのもレースクイーンのメリットと言えるでしょう。

テレビや雑誌、アマチュアカメラマンの撮影により写真や映像などがたくさん残る

レースクイーンと言えば、モータースポーツの大会で花形ともいえる職業です。スポーツ観戦が目的の人だけでなく、レースクイーンとの交流を楽しみにしている人も実際多いようです。

シーズン中、年に数度かしか開かれない大会なのでテレビや雑誌などのメディアが押し寄せ、写真や映像として記録されます。端麗な容姿と普段から磨きをかけているスタイルが写真と映像に多く残り、雑誌などに掲載されるのはレースクイーンにとって自分の活動の記録にもなります。

また、アマチュアカメラマンが撮った写真がインターネットを通じて世界中に配信されることもあります。多くの人に見てもらえるので、普段モータースポーツに興味がない人たちにも知ってもらえる機会が増え、自らの宣伝にもなります。多くの写真や記録が残るのはレースクイーンにとってやりがいの一つと言えるでしょう。

レースクイーンは芸能界への一歩?モデルやタレントとしてのステップアップになる

芸能界では元レースクイーンのモデルやタレント、女優、歌手が活躍しています。そのため芸能界で活躍するためのステップアップの一環としてレースクイーンを目指す人も多いです。

長時間の仕事でも笑顔を絶やさずファンサービスを行ったり、どんな衣装も着こなすプロポーションを保つ自己管理を行うなど、レースクイーンの仕事は今後の芸能活動に生かされる経験も多いと言えるでしょう。

レースクイーンとして人気が出ることで、他の仕事が決まったり、固定のファンがつくなど今後の芸能活動の基盤となる要素が多いこともレースクイーンとしてのやりがいの一つと言えるでしょう。

レースクイーンの仕事内容まとめ

レースクイーンの仕事は華やかだが、地味な仕事も意外と多い!

レースクイーンのメインの仕事内容はモータースポーツ大会で選手のサポートを行ったり、観客との交流、大会運営のアシスタントです。しかし、1年のうちで大会が開かれる期間は決まっており、回数も多くありません。

そのほかの期間はレースクイーンとして撮影会を開いたり、大会やチームのPR活動を行うのがメインです。モデルの仕事や会社員・学生など、レースクイーン以外の他の仕事を兼業している人がほとんどです。

レースクイーンの参考情報

平均年収200万円~300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

レースクイーンの関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB