土地家屋調査士

土地家屋調査士
土地家屋調査士とは?
  1. 土地家屋調査士(とちかおくちょうさし)とは、不動産の表示に関する登記の専門家のことであり、他人の依頼を受けて、土地や建物の所在・形状・利用状況などを調査して、図面の作成や不動産の表示に関する登記の申請手続などを行う。
  2. 土地家屋調査士の徽章は、五三の桐の中央に「測」の文字。
  3. 土地家屋調査士法を根拠とし、監督官庁は法務省である。土地家屋調査士となる資格を得るには、法務省の職員として登記事務に関わった経験を基に法務大臣の認定を受けるか、法務省が実施する土地家屋調査士試験に合格する必要がある。
平均年収400万円~600万円
必要資格 土地家屋調査士 / 国家資格
職種建築
有名人
  • 大柳錦也(プロレスラー。みちのくプロレス所属)

土地家屋調査士の記事一覧

建築に関する他の職業KANREN JOB

新着記事NEW ENTRY