サッカー選手になるには?必要な要素や向いている人の特徴などを具体的に解説

サッカー選手になるには?必要な要素や向いている人の特徴などを具体的に解説

結果を求められる専門職ともいえる仕事・サッカー選手になるには、一体どんなスキルが必要なのでしょうか。今回はこの記事でサッカー選手に必要なスキル、向いている人の性格的特徴などをご紹介します。

サッカー選手になるには情熱が必要

サッカー選手になるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まずはサッカーが好きという情熱を持ち続けることがひとつです。

華やかに見える職業ですが、単純にサッカーが好きというだけでは、サッカー選手を目指すことはできても、なることは困難かもしれません。体力的にハードですし、身体作りや戦術理解など非常に地味な作業の積み重ねや、日々の努力によって成り立っているからです。

勝負の世界なので結果を求められることも常ですし、サッカー選手の世界は弱肉強食の世界といわれています。ときには壁にぶち当たり、納得いくプレーができないこともあるかもしれません。

プレーの過程が認められて試合に出場し続ける選手もいますが、割合としてはほんのわずかと考えた方がいいでしょう。辛いことがあっても諦めずにサッカー選手を続けるには、サッカーが大好きという気持ちを継続できるかどうかで変わってくると考えられます。

サッカー選手としてのゴールは個人によって変わりますが、最終的に自分自身が満足できるまでプレーすることだと考えられます。その領域までサッカーへの情熱をなくさなければ、壁を乗り越えられるでしょう。

探究心がサッカー選手の仕事に役立つ

サッカー選手として働くには、飽くなき探究心を持つことも大切です。選手は常に新しいアイデアを考えてプレーする職業だからです。

脚でボールを操るサッカーは、豪快かつ繊細なタッチが求められる。ちょっとした力加減でミスが起きます。なぜミスをしたのか原因を考えて、どうすれば上手くいくかを突き詰めなければ改善しないでしょう。

時に無謀とも思えるようなチャレンジをしてしまうかもしれませんが、それが成功して得られるリターンは想像より大きいかもしれません。観客をワクワクさせるサッカー選手になるには、探求心と遊び心から生まれることも可能性としてあるでしょう。

相手を思いやる心もサッカー選手の大切な要素

自分が希望するポジションではない場所で試合に出場した時に、チームメイトの気持ちを考えることでより良いプレーができる可能性があります。

サッカー選手を目指す人の中には、個人の目標のために目指している人も多いですが、チーム競技という側面に惹かれて目指している人もいると思います。そういった際、相手を思いやる心が時に大きな力を生むこともあります。

サッカーはチームスポーツなので積極的にコミュニケーションをとり、互いの考えていることを正確に伝えることはサッカー選手になるためには求められるスキルの一つと言えるでしょう。

体力が必須なサッカー選手の仕事

サッカー選手はそのスポーツ柄、接触プレーがあります。基礎体力や身体を鍛えておかなければ怪我をしてしまい、サッカー選手として生きていくことはできません。そのためにはトレーニングを行うことが必須で、それには体力が必要不可欠です。

所属チームによっては、ボールを扱うより走力に特化しているチームもあります。そういったチームでは、ボールの扱いはもちろんよりハードなトレーニングを行うことになります。

町の大人から子どもまで、サッカーで魅了するためには身体が資本。自己管理をしっかりと行い、体調を崩さないのはもちろん、怪我をしにくい身体作りも重要になります。

サッカー選手に必要な資格はありません

サッカー選手になるには、必要な資格は一切ありません。ですが、職業としてサッカー選手になるためには、チームから雇われるだけの実力や人気が必須です。

語学力でサッカーの世界は広がる

サッカー選手になるのに英会話が必須というわけではありませんが、日常会話程度のコミュニケーションが取れるというだけでサッカーの世界は広がります。

昨今、日本のプロリーグであるJリーグにはたくさんの外国人選手や監督がやってきています。その人たちとコミュニケーションをとることにより、連携が深まりより良いプレーが期待できます。

また海外のプロリーグに挑戦する場合、外国語が話せることによりチームに溶け込みやすく、監督と通訳を通して会話するのではなく、自分の言葉で会話をするほうがより信頼を得られるでしょう。

サッカー選手に向いている人、適性がある人

サッカー選手になるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

忍耐力はサッカー選手の適性のひとつ

サッカー選手に求められる適性として、まずは忍耐力があげられます。日々、試合のために地味なトレーニングを繰り返し行い、身体をベストな状態に保つことがサッカー選手の仕事の基本。試合でミスが出ないように、毎日手を抜かず練習することが求められます。

サッカー選手は、直感やセンスが生かせる仕事

サッカー選手になるには、経験やスキルとは別に、優れた感覚やボールタッチのセンス、視野の広さや危機管理能力の高さも必要と考えられます。

視野が広いことは、ピッチを見渡しボールと相手の位置を瞬時に見渡し、チャンスの際に事前に空いたスペースを活用して活躍しやすいでしょう。また危機管理能力が高ければ自身のチームがピンチの際にどこが最も危ないのかを事前に察知して相手のチャンスを摘むことができます。

頭の回転が速いのがベター

サッカー選手として経験を積むと、より大舞台に出場する機会が増えます。大きな舞台になればなるほど観客は増え、声援がより大きくなります。

試合に出場するうえで、必ず自己判断をしなくてはなりません。その時に監督の指示を理解し、味方の意図を読むために常に考え、頭の回転を速くしておくことがいいでしょう。

ずる賢さもときには求められる

サッカー選手になるには、センスや感覚だけでなくときにずる賢くなることも必要です。例えば、ある試合の結果が引き分け以上で次のステージに進めることが決まった際に、リスクを負って勝ちにいくのではなく、負けないようにただ時間を進めることを求められることもあります。

プロとしては正解でも、観客からしたら面白くない試合だと思います。たとえブーイングが起きたとしても時間稼ぎを徹底することがチームから求められます。

新しいプレーはサッカー選手の挑戦から生まれる

挑戦するのが好きな人も、サッカー選手に向いているといえます。得点するために、何度失敗しても挑み続けることは、挑戦するのが好きでないと成り立ちません。

自分のイメージ通りのプレーをしても相手に止められればショックでしょうが、それでも諦めることなく考え挑戦し続けることを楽しめる人のほうがサッカー選手の適性があるといえるでしょう。

サッカー選手になるための学校

サッカー選手になるために学校に通うことは、自分と同じようにサッカー選手を目指す仲間に出会えるということ。お互い切磋琢磨し、励ましあい刺激しあうこともできるのが魅力です。

Jリーグのスクール

サッカー選手になるためには日本のプロリーグであるJリーグの下部組織のスクールに通うのがより近道でしょう。

下部組織のスクールに通うことにより、サッカー選手としての技術やメンタルの持ち方などを身に着けることができ、プロ養成機関であるジュニアユース・ユースに上がれる可能性が高くなるのもメリットの一つです。

自身にあった学校選びを

もちろん、Jリーグのスクールだけがプロへの道なわけではありません。高校サッカーや大学サッカー、または海外のアカデミーなど、プロへの道はいろいろあります。自身のサッカースタイルに合わせた学校選びをすることにより、より良い環境が手に入れられるでしょう。

直接スカウトや入団試験に合格すればプロになれる

プロのサッカー選手になるには、絶対に高校や大学、ユースを経由しなければならないわけではありません。極端に言えば、自身の能力が高く、チームが欲しいといえばプロ契約が可能です。

サッカー選手になるには?まとめ

有力校に入れればベター

まずは丈夫で健康な身体と情熱がサッカー選手になるための原動力となります。

サッカー選手になるには、どんなに試合が辛く厳しくても投げ出さず続けられる力が必要です。加えて、感覚が鋭く継続力がある人は、ハードなサッカー選手の仕事で強い武器になると考えられます。

資格がなくても仕事に就くことができる職業ですが、実力がなくてはすぐに戦力外通告を受けてしまいます。小さいころから技術やメンタルを鍛えて、いつでも良いパフォーマンスを披露できるようにしておくと長く続けられるでしょう。

サッカー選手の参考情報

平均年収200万円~1億円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種スポーツ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

サッカー選手の関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB