フラワーコーディネーターになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

フラワーコーディネーターになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

フラワーコーディネーターは、結婚式やパーティー会場などに飾る花のアレンジだけでなく、そこで使われるテーブルやブーケ等の道具や衣装も花できれいに飾る作業を行う職業です。フラワーコーディネーターになるには、どのような適性が求められるのか、また向いている人の性格などを紹介します。

フラワーコーディネーターになるには何が必要?

フラワーコーディネーターは挙式や披露宴などの会場を花で美しく飾るのが仕事です。ロビーや壇上に置かれる花だけでなく、ウェルカムボードや受付テーブル、メインテーブル、ゲストテーブルなどにも花を飾ります。さらに新郎のブーケニアや新婦のブーケなども作ります。

こうした仕事内容を踏まえたうえで、フラワーコーディネーターの仕事にはどんな特性が求められるのか紹介します。

花に関する知識が必要

フラワーコーディネーターという名前の通り花を扱う仕事ですから花に関する知識が必要なのは当然です。花の種類をたくさん知っておくことはもちろんのこと、一つひとつの花の開花時期や咲き方、香り、価格などを把握しておく必要があります。

花の状態を維持し、きれいに飾るためには花の管理に関する知識も必要です。茎の切り方、水のやり方、きれいに花を保たせる方法などの花の管理方法を学ぶ必要があります。さらに花は季節や置く場所などでケアの方法が変化します。季節や会場の状態に合わせて花をきれいに保たせるための知識や技術も求められます。

それに加えて結婚式や披露宴会などの場合、縁起を担ぐためにふさわしい花言葉の花を選ぶ場合もあります。そのため花言葉に関する知識も必要です。

生け花やフラワーアレンジメントに関する知識が必要

ロビーや会場内に設置する大きな花を飾るのもこの仕事です。そのため生け花やフラワーアレンジメントに関する知識や技術を学ぶ必要があります。

デザインセンスが必要

例えばパーティー会場を花で演出する場合、全体の会場の雰囲気と調和させる必要があります。さらに、クライアントからの「全体的にやわらかな雰囲気で」「明るいイメージで」「新婦の好きなピンクを多めに」などのリクエストに答える必要も出てきます。

こうしたリクエストに答えてクライアントを満足させるためには、どの花を、どれくらい、どんな風に配置していけばいいかというデザインセンスが問われます。ですからフラワーコーディネーターにはデザインに関するセンスも必要です。

コミュニケーション能力が必要

例えば結婚式の場合、新郎新婦のリクエスト、当日の衣装、予算などを聞いて計画を立てる必要があります。クライアントの好みやリクエスト、結婚までの苦労話などをしっかり聞き出すことができれば花を使った演出に彼らの好みをリクエストやエピソードなどと一緒に盛り込むことができます。

花の飾りで特別な日を応援したリ、盛り上げたりできるのもこの仕事の醍醐味です。

体力が必要

花に囲まれた仕事ということで華やかなイメージがありますがフラワーコーディネーターの仕事には体力が必要です。

例えば花を仕入れるために早朝から市場に行く場合もあります。仕入れた花が長持ちするようにたくさんの花の茎をカットしたりする必要もあります。会場に大きな花瓶や什器を搬入したリ、たくさんの花や植物を運んだりするのも体力のいる仕事です。

また開場までの限られた時間ですべての作業を終えなければならないので、体力と共にすばやい動きも求められる仕事です。

フラワーコーディネーターに向いている人、適性がある人

フラワーコーディネーターの仕事にどんな特性が求められるのか紹介しましたが、これらの情報をもとにどんな人がフラワーコーディネーターの仕事に向いているのか、適性があるのかを紹介します。

花が好きな人

フラワーコーディネーターは花についてたくさん勉強する必要があります。

例えば次のような事柄を勉強する必要があります。

  • 花や植物の種類
  • それぞれの花や植物の特徴
  • 扱い方や管理方法
  • 花言葉
  • 生け花やフラワーアレンジメント

こうした広範囲の花に関する知識を習得するには、花が好き、花で人を喜ばせたいといった気持ちがなければ続きません。花について勉強するのが好きという方はフラワーコーディネーターの仕事に向いているといえます。

センスが優れている人

複数の種類の花や植物を組み合わせて花束を作る、全体のバランスを考えながら会場を花で飾るなどの技術が必要なフラワーコーディネーターの仕事には、センスが求められます。ですから、カラーコーディネートの感覚に優れているなどセンスに自身のある方はこの仕事に適性があります。

気配りの出来る人

クライアントのリクエストや思いを汲み取り、それをデザインに反映させるのがプロのフラワーコーディネーターの仕事です。

結婚式や華やかなパーティーの演出だけでなく葬式やお別れ会などでの演出も依頼されることがあります。こうした場合でもクライアントのリクエストや思いをしっかりと聞き出し、花を使って表現する必要があります。

こうした丁寧な仕事をするためには、相手に対する気配りや丁寧なコミュニケーションが必要です。こうした才能がある人はこの仕事に向いているといえます。

チームとして働ける人

ホテルのフラワー部門などで就職し、大きな会場などで仕事をする機会が多くなる場合はチームとして働く必要があります。そのため先輩や仲間の思考・行動をよく読んで動く必要が出てきます。

また会場にお客様が来られるまでの限られた時間で様々な作業を終えなければなりません。効率的に作業するためにもこうした能力が求められます。ですから、空気を読んで他の人が何を必要としているかを察知できる人、チームとして働ける人はこの仕事に適性があります。

体力のある人

フラワーコーディネーターとして仕事をするためには花に関してしっかり勉強する必要があります。しかし勉強だけでなく、その知識を活かすために体力もこの仕事には求められます。

生花市場での仕入れ、仕入れた花や植物の管理、花瓶や什器などの備品の搬送など、体力的にしんどい作業がいくつもあります。さらに冬は水が冷たく手が荒れることもあります。

このように、ある程度体力が必要とされる仕事ですが、花が好きで、きれいな花で人を幸せにしたいという気持ちがあれば継続できるやりがいのある仕事です。

フラワーコーディネーターになるための学校・教室

フラワーコーディネーターになるためには高校卒業後、関係する知識や技術を学べる大学・短大・専門学校を卒業し、フラワーコーディネーターとしての仕事を行えるホテルやブライダルサービス、生花店などに就職することができます。

最後にフラワーコーディネーターになるための学校を紹介します。

東京スクール・オブ・ビジネス

専門学校の東京スクール・オブ・ビジネスにはフラワービジネス学科があります。この学科にはフラワーコーディネート・ブライダルフラワー・フラワーショップの3コースのどれかを専攻することができます。

東京・スクール・オブ・ビジネスがおすすめの理由

フラワーコーディネーターを目指しているなら、次の3つの理由でこの学校はおすすめです。

  • 和と洋それぞれの花に関するスキルが身につく
  • フラワーコーディネーターとして役立つ資格取得をサポート
  • 充実したインターンショップ制度

生け花に関しては華道家元池坊師範免状を最短の2年で取得可能、さらに国家資格であるフラワー技能士の資格も取得可能です。

これ以外にも、色彩士、ラッピングコーディネーター、ビジネス接遇検定など、フラワーコーディネーターの仕事に役立つ資格取得のサポートも受けることができます。さらにインターンシップ制度も充実しており、花をメインにしたショーやワークショップを開催し自分たちがアレンジメントした花を実際に販売しています。

フラワーコーディネーターになるには?まとめ

花が好きで人が好きという人にはおすすめの仕事

フラワーコーディネーターの仕事に求められるのは、花が好き、そして人が好きという気持ちです。また花に関係するさまざまな知識を蓄えなければなりません。見た目の華やかな仕事ですが、花の仕入れや管理、大量の花をアレンジメントする作業は体力も求められます。

こうしたハードな面もありますが、きれいにアレンジメントされた花で人の心を喜ばせたり、癒したりすることができるというのがこの仕事のやりがいでもあります。

フラワーコーディネーターの参考情報

平均年収250万円〜350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種自然・動物

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

フラワーコーディネーターの関連記事

関連記事が見つかりませんでした。

自然・動物に関する他の職業KANREN JOB