市議会議員になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

市議会議員になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

市議会議員になるには地域にあった形で市民の声を理解して改善行動にまで移せることが必要とされます。高い共感力や調整力など向いている要素も様々です。市議会議員に必要な能力から適性、学びの場まで詳しくお伝えします。

市議会議員になるには何が必要?

地域に密着した政策立案能力が必要

市議会議員は居住している地域に一番近い議員です。身近な問題に対して解決策を講じてくれる存在です。

市民は問題解決を期待しています。適切な政策立案によって地域に密着した課題の解決を図ります。政策立案の規模が大きくなりすぎてもうまくいきません。都道府県単位や国単位、さらには世界的な問題を提起しても解決に至りません。

市議会議員はもっと地域に密着した政策立案が必要です。そして身近であるからこそ結果も目に見えてわかりやすい形となります。

市民の声をいかに聞けるかが大切

身近な案件に対して何が問題なのかしっかり聞くことが求められます。

政策立案というと改善することがよいだけではありません。問題となっていることをしっかり聞けば双方の行き違いが問題であるという事も多いです。

市民の声を聞いて、まずは調整を行う事が大切です。そのうえで改善する所は政策立案によって改善行動にまで移していく行動力が求められます。

地方自治のチェック機能

現状行われていることを改訂するという動きも仕事のひとつです。決まりごとだからと惰性で好ましくない形になってしまうことはよくあることです。

現状の問題点を洗い出すことも必要です。地方自治のチェック機関と言われるのはこの行動を指します。決まっていることをチェックしてよりよい形に整えることが市議会議員に必要な仕事と言えます。

チェックは正しく行われているという承認をする事も大切な動きです。できている部分に対してはチェック済みという形で正当な評価をできることが必要とされます。

信念を持って動けることが大事

市議会議員には時間がかかっても達成したいと思う強い動機が必要です。信念と言われる市議会議員として成しえたいことに繋がっております。

すぐには解決しないような重い問題点であることが多いです。市議会議員として年月をかけて達成するという信念が市民に公約として伝わり、共感を生む形となります。

支援者を増やしていく事につながる

公約として打ち出す強い信念は支援者を増やしていくこととなります。市議会議員になるためには支援者の増加が必要です。

市議会議員になった後にも支援者の支えは必要です。市議会議員には避けて通れない選挙など支えてもらう機会は多くあります。

市議会議員も支えてもらい、市民のために政策立案を行うという両輪の動きとなります。どちらも滞ることなくうまく活動が進む流れが大事です。

市議会議員に向いている人、適正がある人

地元をよくしたいと思う気持ちが強い人

市議会議員は一番身近な市町村単位の議員です。居住しているからこそ見える改善点など地元をよくしたいという気持ちが強い人に向いています。

さらに踏み込むと自分に直接関連しない地元のことにもよくしたいと思う気持ちを持てるかどうかです。

いかに他の方の気持ちに立てるかが大切となります。他の方が幸せになることが地元をよくすることにつながります。

深い細部までよく知ることが大事

地元で生活を行う上で自分がよくかかわりのあることは自然と理解できます。しかし、問題が起こるのは反対意見の方もいるからです。

どちらの考えも深い所まで理解することが大切です。制度上では見落とされる問題にまで気を配るという姿勢が必要となります。

ルールや前提条件を一度取り除いて理解をするという動きを取れる方は市議会議員に向いていると言えます。よく相談事をしたいと持ち掛けられる方など該当します。

共感力の高い人

陳情など話を聞く中で共感力の高い人は市議会議員に適性があると言えます。これは、すべて正しいと話を丸ごと信じるという姿勢ではありません。

何が問題点としてあるかを意識することです。相手の立場にたって考えることが大切です。さらに問題にかかわる対立者など複数の人物に共感することも本質を判断する上で大切なこととなります。

共感するということは自分から主体的に聞きに行く姿勢も必要です。受け身で話を聞くだけでは見えないこともあります。

当事者意識と言われる視点です。自分がその立場であったらどう思うかを考えて、置き換わったと仮定して質問できると高い共感力が備わることとなります。

成しえたいことがはっきりしている

市議会議員になることが目的ではなく、市議会議員になって成しえたいことがはっきりしている人は向いているといえます。

市民に伝える言葉としても成しえたいことがはっきりしていれば明確に伝わります。市議会議員として長い年月にわたり活動していく中でも軸となる部分です。

これは実現可能性で推し量らないことが大切です。市議会議員の仕事における範疇であれば現状は果てしなく遠い理想であっても構いません。理想を伝え、実現まで引き寄せることができるかが大切です。

実行力の高い人

市議会議員の仕事として実行力がある人は適性があると言えます。解決できる方法が見つかった場合、ゴールまで行動できる人が求められます。

実行力は改善結果だけを指す形ではありません。現状様子を見ることがいいケースもあります。改善にすぐに動けない難しい問題もあります。

このような時に理解できる範囲で話をまとめることも実行力のひとつとなります。求められる満点回答ではなくとも丸くおさまる形に実行するということです。

やりたいことをはっきり伝えられることが大事

利害関係の対立があってもやりたいことを相手に伝えられることが大事です。

抵抗にあうことが考えられる案件も市議会議員には多くあります。適切な伝える力を持ち得ている人が市議会議員に適正があると言えます。

察してほしいという姿勢とは対極をなす形となります。はっきり物事を伝えた上で解決に向けた方向を示していく動きが必要です。

最終調整まで行えること

様々な活動で最終結論として調整を行える人に適正があると言えます。何事も意向がすべて通ることばかりではありません。

最終調整を行い、双方が満足いく形に仕上げる事ができる人が市議会議員に向いています。くじけそうになる難しい問題も多いです。そのような中でも結果にまで落とし込むことが大切です。

市議会議員になるための学校・教室

政治塾で学ぶ

市議会議員は資格試験のように学校や教室に通えば取得できる資格ではありません。しかし、市議会議員に必要な素養を学ぶための学校はあります。

政治塾など学校としての位置づけとなります。市議会議員として思い描く理念が一致すれば、なるための学習から市議会議員になった後の活動まで広く学ぶことができます。

特に市議会議員として成しえたい事はあってもなるための方法や市議会議員としての活動方法がわからない方に向いていると言えます。

政治塾は理念の一致が大切

市議会議員としてどのような理念を持って活動して行きたいかが重要となります。他の資格試験との違いではなりたい方をすべて無条件で受け入れてくれるという形ではないということです。

政治塾と理念が一致して、地元に還元できると思えれば政治塾は市議会議員になるための学校として機能してくれる形となります。

現職議員の秘書・職員として学ぶ

現職市議会議員の秘書や職員として取り組むことは実践で学びになる教室の役割を果たします。居住地域の生の声を聞き、対応した経験は市議会議員になるために貴重な経験となります。

特に市議会議員になるために避けては通れない市議会議員選挙に携われることが大きなポイントです。選挙に当選するための動きを学ぶことができます。

また、近隣の市議会議員と政策勉強会を開くケースも多いです。理念が一致する市議会議員と学ぶ機会を持てるという事はなるために非常に有効な機会ともなります。

地域の会合で個別案件を学ぶ

市議会議員に必要な学びは地域に密着した活動から生まれます。例えば消防団の活動など必要な要素が詰まっております。

地域で火災被害が広がらないための活動が消防団の主な活動です。地域に密着した問題に直面して解決までの行動につなげるという個別案件で市議会議員に必要な流れが詰まっています。

市議会議員になるには?まとめ

地元にあった政策立案を形に

市議会議員になるには地元の声に密着した政策立案能力があるかにかかっております。地元を良くしたいと思う気持ちを行動で形にできるかどうかです。深い共感力など様々な能力が必要となります。

能力を磨くために政治塾や現職市議会議員の元で働くこともあります。最終的に信念を持った地元の方に役立つ市議会議員になるための学びとなります。

市議会議員への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

市議会議員の参考情報

平均年収260万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種法律・政治

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

市議会議員の関連記事

法律・政治に関する他の職業KANREN JOB