ブリーダーの給与・年収は?初任給や支給されるボーナスはどれくらい?

ブリーダーの給与・年収は?初任給や支給されるボーナスはどれくらい?

四六時中動物に囲まれるという、動物、ペット好きには夢のような職場環境のイメージがあるブリーダー。平均の給料や年収はいくらくらいなのでしょうか?今回はこの記事で、ブリーダーの平均給与や年収とともに、給与アップの可能性や手段についてご紹介します。

ブリーダーの初任給

新卒のブリーダーの給料は平均14~20万円

ブリーダーとして働く場合、初任給は14~20万円前後と言われており、働く企業によってだいぶ差があり、平均すると決して高給とは言えません。動物好きの人にとって夢のような職業とも言えるブリーダーですが、給料面では意外と厳しい現実が待っているようです。

働く企業次第で給料に多少の差は生じますが、いずれにせよ小中規模な企業が多く、福利厚生の面から言うと安定はしないと言えます。

ブリーダーへの転職・アルバイト

独立・開業に関しては後述しますが、ブリーダーになるためには特別に必要な資格はありません。

動物に関する知識を専門学校で学ぶほかに、先輩ブリーダーに弟子入りする、アルバイトとして働くという手段はわりと一般的です。ブリーダーのアルバイトは「アシスタント」「サポートスタッフ」という形で募集され、検索すれば比較的簡単に見つかります。

アルバイトとしての時給は地域によって差はありますが、およそ850円〜1,000円程度から始まることが一般的です。ブリーダーのアルバイトはお金を稼ぐだけでなく、ブリーダーとしてのスキルを身に付けることができるため、必ずしも時給だけが重要な要素では無いと言えるでしょう。

前述の通り、ブリーダーは特別な国家資格などを必要としないため、誰でもブリーダーになることはできます。ただし、独立・開業する場合には動物取扱業の届出をすることが必須であり、「動物取扱責任者」の資格を得る必要があります。

特別な資格が必要ないということもあり、企業への転職自体ハードルも決して高くは無いのですが、やはり未経験の場合、初めは「アシスタント」すなわちアルバイトとしての採用となるでしょう。

転職時に特別な資格は必要ありませんが、関連資格として「ペット繁殖指導員」「動物看護士」などを保有していると、交渉次第で給料が変わる可能性もあるでしょう。

異業種からブリーダーへの転職は給料の確認を

異業種からブリーダーに転職する場合は、年齢に関係なく新卒の年代と同じ給料、「アシスタント」としてそれ以下になることが多いです。転職前の仕事内容によっては、大幅に給料がダウンする可能性もあるため慎重な判断が必要になるでしょう。

ブリーダーの給与の統計

ブリーダーの平均給料は約19〜25万円

ブリーダーの平均給与に関して公式のデータは無く、平均年収は300万〜400万円と言われています。ボーナスが年間で4ヵ月分だとすると、平均給与は19~25万円程度になると思われます。

ブリーダーの仕事は朝から晩まで動物優先で生活することが求められ、動物たちが快適に過ごすために、衛生面をはじめとした細かいところにまで常に注意しなければいけないハードワークです。そのハードな仕事内容と比べると、ブリーダーの給料レベルは低めかもしれません。

ただ実際に繁殖した動物がお客様の手に渡ったときの感動はとても大きなものであり、大変な分やりがいも非常に大きい仕事です。給料だけにとらわれることなく、動物たちを心から愛していくことも大切になりそうです。

勤務期間に応じて給料もアップすることが多い

ブリーダーの給料は、勤務期間に応じてアップするのが一般的です。開業する場合をのぞき、特別な資格がなくても業務に就くことは可能なので、学歴などによって採用時の給料が左右されることは少ない傾向にあります。

男女間の平均給料に差がない

ブリーダーは男女関係なく動物好きの人からは人気のある職業であり、他の仕事と比べ男性と女性とでも平均給与に差はないようです。動物を愛する心と忍耐力が重要な要素であり、職務内容に差は全くないので当然と言えば当然かもしれません。

高収入を目指したい場合はやはり開業が必要

ブリーダー業界で働き続ければ、勤務期間の長さに応じて収入はアップしていきますが、ある程度の修行期間を経た後にビジネスとして大きく稼ぎたい場合はどうしても開業が必要になります。会社員としてのブリーダーですと500~550万円の年収となればトップクラスと言えるでしょう。

前述の通り開業をする際には、「動物取扱責任者」の資格を取得した上で、動物取扱業の届出をする必要があるので、将来的に開業を考える方は修行期間中に「動物取扱責任者」の資格を取得するようにしましょう。

独立・開業で稼げる人稼げない人

高収入を目指して独立・開業した場合に、実際に大金を稼ぐことは可能なのかどうかを答えていきます。

結論から言うと、流行りを読む目利きと運さえあれば稼ぐことが可能であると言えます。例えば犬を例にするとペットショップに下ろした場合、犬種などにもよりますが店頭価格の一割から二割程度が買取価格と言われています。

すなわち販売価格が十万円の場合なら、一匹当たり一万円から二万円というのがブリーダーの収入となります。そのためビジネスとして稼ぎたいブリーダーは親犬を多く抱える必要が出てきます。

ただ単純に親犬の数を増やせばいいというわけではなく、ブリーディングをする際には水道代や光熱費、エサ代やサプリメント代、医療費、薬代、ワクチン接種代など、様々な経費がかかります。ブリーディングの過程で雄犬か雌犬のどちらかが病気になってしまうこともありえますし、そういった意味では運の要素も必要と言えるでしょう。

動物たちの生活スペースを清潔に保てないなど、忍耐力がない人は独立・開業したとしてもたいして稼ぐことができないでしょう。もっともそのような基本的なことができない方はブリーダーという職業を目指さないかもしれませんが。

いきなりブリーダーだけでなく副業として始める人も

開業・独立する人がいる一方で、副業としてブリーダーを始める方も一定数います。副業とはいえ人気犬種などをブリーディングできた際には、年間50万円~100万円前後の収入を稼ぐ方がいるのも事実です。

ただし、安易にブリーダーを志すことはオススメしません。何度も伝えてきましたが、ブリーダーという仕事は動物の命に関わる仕事です。その命を最後まで面倒見る覚悟がない状態で始めても、後悔する結果となるだけでしょう。

ブリーダーの年収統計

ブリーダーの年収は300~400万円前後

前述の通り、ブリーダーの平均年収に関して公式なデータは存在しておりませんが、一般的に300~400万円程度と言われています。

役職が上のポジションになるにつれ多少の給料アップは見込めますが、長時間労働になりやすく、肉体的にハードな他の仕事と比較した際に、年収レベルは低い傾向にあると考えられます。

独立すれば平均給与以上の給料や年収の可能性も

ブリーダーの平均以上の給料・年収を稼いでいる人の多くは、前述の通り独立・開業するケース以外ほとんどありえません。ですがそれは非常に狭き門であり、年収1,000万円以上を目指すことも夢ではないですが、そのような人は本当にごくわずかであり、最初のうちは赤字を覚悟した方がいいくらいです。

独立して成功するために

独立が甘くないということを散々言ってきましたが、そんな中でも独立した際にブリーダーとして安定的な収入を得るためにできることはあります。それはドッグショーやコンテストなどで好成績を収めることです。

ドッグショーでは犬種として理想的な姿が保たれているか、しつけは行き届いているかといった点が重視されます。そのような厳しい審査の中で良い成績を収めた場合、ブリーダーとしてとても良いアピールとなるでしょう。

ドッグショーやコンテスト上位入賞の副次的効果

ドッグショーやコンテストで好成績を収めた犬に対しては、交配料を払っても交配させたいという依頼もあるため、そういった部分でも収入をアップすることにつながります。

ブリーダーの給料・年収まとめ

ブリーダーの年収レベルは低め。心から動物を愛していないときつい仕事

ブリーダーの平均給料や年収レベルは、精神的・肉体的なタフさが求められる仕事内容の割には収入は低めの傾向といえます。各種手当や残業代が出る就職先かどうかでも差が生まれやすいでしょう。

とはいえ、愛する動物たちに囲まれながら生活ができて、自身のブリーディング次第で給料アップも見込めます。コツコツとブリーディング技術を磨いて大きな賞を獲得し、個人で始めて徐々に規模を拡大していくなど、収入アップする可能は無限にあるでしょう。ドッグショーやコンテストなどで上位入賞し、成功をつかむチャンスもあるかもしれません。

ブリーダーという職業は、動物が心から好きという強い思いと努力を続ければ、自分の理想が叶うかもしれない、夢のある仕事といえるでしょう。

ブリーダーの参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種自然・動物

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ブリーダーの関連記事

自然・動物に関する他の職業KANREN JOB