スポーツトレーナーの給与・年収は?初任給やボーナス、支給される手当まとめ

スポーツトレーナーの給与・年収は?初任給やボーナス、支給される手当まとめ

女性、男性ともに最近増えてきているスポーツトレーナー。勤務先によって変わりやすいスポーツトレーナーの平均給料や年収はいくらなのでしょうか?今回はこの記事で、スポーツトレーナーの平均給与や年収とともに、給与アップの可能性や手段についてご紹介します。

スポーツトレーナーの初任給

スポーツトレーナーの平均給料は平均18万円~24万円

スポーツトレーナーとして働く場合、初任給は18万円~24万円前後が相場といわれています。年齢、働く形態、そして地域によっても給料面は変動があります。

経験とともに給与が増えていくのが比較的多いので、若い間は給与や年収は少ないという厳しい現実が待っている可能性はあります。ですが、直接契約か会社員かで、給与には個人差が出やすい職業です。特に最初の頃、若い頃などは覚える事も多いため、対価はある程度、覚悟して考えておくほうがよさそうです。

経験や実績で給与アップにつながる可能性有り

経験年数により、給与が上がる事もあります。社会人としての勤続年数以外にも、その職についてからの勤続年数等、多様な要素が絡まってきます。

ある程度年齢が上がることにより、任せる役職も変わってくるので、最初は18万円からでも、勤続年数があがるにつれ、課長クラスで50万円前後、部長クラスなら55万円前後と給与やボーナスも上がっていくでしょう。

転職したときの給与はいままでの経験やスキルによって左右されやすい

転職した時の初任給は前職でスポーツトレーナーのスキルや経験によって変わる可能性があります。スポーツトレーナーの世界では、よりレベルの高い場所で経験を積むために転職する人も少なくないです。

スポーツに関してもプロの選手のトレーナーになったとしても、トレーニング理論やコンディションニングに関しても精通している人の方が、契約してもらえる時にも給与があがる事もあるでしょう。

だからこそ転職する前に、スポーツトレーナーとして必要な知識と技術などを身に着けておくと好待遇で転職できる可能性があります。

求人を探す際は給与以外の手当てもチェック

一般企業、大手企業どちらも基本的に給与とは別に賞与も、もらえます。
スポーツトレーナーの世界はとても多忙な事が多いですが、企業によって、基本給以外の各種手当もつく場合もありますし、正社員であればボーナスが年に1回から2回支給されます。

ですが、異業種からのスポーツトレーナーに転職する場合は、年齢に関係なく新卒と同じ給料になる可能性があります。転職前の仕事内容、もっている資格やスキル、能力によって給与が下がる事もあるので、企業の求人にて給与や年収、手当について、調べておくべきでしょう。

スポーツトレーナーの平均給与について

スポーツトレーナーの平均給与は約24万円

新人スポーツトレーナーとして働く場合、基本的にはスポーツジムやフィットネスなどで働く事が多いです。年収にすると、200万円~400万円が多いです。正社員として働いていくと勤続年数によって昇給や手当も上がっていくので、収入を上げられる事も期待できるのではないでしょうか。

スポーツトレーナーで高い給与や年収を狙うとするなら、実業団のある企業でスポーツトレーナーとして働く方が給与や年収も上がりやすいでしょう。

企業の規模によって給与アップが見込める可能性も

小企業に比べて、中小企業、大手企業に上がるにつれ、30前後から40万円前後と上がっていきます。経験年数によって年収は上がり傾向にありますが、やはり大手企業の方が給与や年収共に上がります。

大手企業やプロのスポーツトレーナーとなると、年収が300~600万円もありえます。特に専属のトレーナーになれば所属先と直接交渉も出来ます。その場合年単位での契約になる場合が多いので、所属先によっては高収入も夢ではないでしょう。

スポーツトレーナーの平均年収について

ジムや整骨院など一般企業のスポーツトレーナーの年収は

一般企業のスポーツトレーナーの年収として平均年収は、200~400万円となります。例えば整骨院ならば約290万円前後、スポーツジムなら340万円前後くらいとなっています。
勤続年数や年齢、地域、学歴によっても変わりますが、平均的にはこの年収が多いです。

プロチームや選手と専属契約した場合の年収は

一般企業に比べるとプロチームや専属の選手のトレーナーとなれば500万円~800万円と高額な年収のスポーツトレーナーも少なくはないです。契約するチームや団体によって差が激しいですが、事業団チームやプロのスポーツチームですと、650万円も目指せる可能性が高いです。

チームの財政事情にもよりますが、トレーナーとしてチーフのクラスまで行くと年1,000万円もありえます。有名選手のトレーナーになれば、年収2,000万円となる事もあるでしょう。基本的にプロチームと契約してからすぐに年収1,000万円は難しいです。契約してからチームや選手に、いて欲しいと思ってもらえる存在になる位に実績を積んでいく事が大事です。

そして所属先からの評価によって契約解除もあり得るので、年収としては上がりますが実力を考慮するケースが多い世界である事を踏まえておくべきです。

平均給与や年収は働く場所の規模や地域によっても変動

前述してきたスポーツトレーナーの給与や年収はあくまでも、平均の数字です。勤務先の企業の規模や、就くことになる役職、地域、資格、スキルにより給与、年収も変動すると考えていいでしょう。特に、地域差ですと、東京や大阪など都心が比較的高い傾向にあります。首都圏の方が給与は高く、地方になると徐々に下がっている傾向があります。

そして少なからず、整骨院やジムやフィットネス系の一般企業に勤める場合は学歴も関係しています。短大と大学で給与の差があるので、学歴はやはりある方が良いでしょう。

資格取得が給料や手当に影響する場合も

スポーツトレーナーの仕事は、経験年数、そしてもっている技術や能力が給与に反映される事もある職業です。資格取得は採用の時以外にも、会社によって給与を上げてもらえる可能性もあると考えられます。将来的にもどこにでも求められるように、資格を取っておく事は、十分な技術や知識をもっているという証明になるでしょう。

独立や開業する事により給与や年収が平均以上も狙える可能性はある

経験をつみ、キャリアアップして独立及び開業するのもひとつの手です。スポーツトレーナーの種類もアスレティックトレーナーや野球選手のトレーナーからスキーの指導者など多数あります。さらにマーケティング能力もあるならば、ジム経営するのも良いと思います。

すぐに独立というのは無理がありますが、スポーツトレーナーの経験を積んでいく事で、スポーツトレーナーとして身に着けた高いコミュニケーション能力、専門知識や技術は独立する時にも役に立ちます。

アメリカのスポーツトレーナーを目指す手も

日本でスポーツトレーナーとして、そのままの経験年数を上げて行く人もいますが、専属契約となると日本では少ない為、アメリカでスポーツトレーナーを目指す人も少なくないでしょう。今後のキャリアアップや収入アップを狙い、アメリカでのスポーツトレーナーを目指す事も考えておくと良いでしょう。

アメリカではスポーツトレーナーの国家資格もあるので、大学から高校、さらに地域スポーツにもスポーツトレーナーを採用している場合もあり、雇用関係も充実している傾向にあります。平均年収も約400~500万円前後と高めではあります。

スポーツトレーナーの給料・年収まとめ

スポーツトレーナーの平均年収は能力や経験によるが、高め。

スポーツトレーナーの平均給与、年収レベルは、比較的高めではあります。勤務先の規模や能力や経験によって変動しやすい仕事です。持っているスキルや経験が重要な能力重視な世界です、仕事の割に給料が少ないと感じる事があったとしても、実力が次第では給料アップも見込めます。

スポーツトレーナーという仕事は大変ではありますが、人の役に立つ仕事であり、実力次第では高収入を望める夢のある仕事といえるのではないでしょうか。

スポーツトレーナーの参考情報

平均年収400万円~800万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種スポーツ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

スポーツトレーナーの関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB