スポーツトレーナーになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

スポーツトレーナーになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

スポーツに関する事から医療系の技術まで精通する専門職であるスポーツトレーナーになるには一体どんなスキルや資格が必要になるのでしょうか。今回はこの記事でスポーツトレーナーになるにはどんな能力が必要なのか、持っていると役立つ資格、向いている人の性格的特徴や学校などをご紹介します。

スポーツトレーナーになるには何が必要?

スポーツトレーナーには知識、技術が必要不可欠

単純にスポーツが好きというだけではスポーツトレーナーを目指す事はできても、仕事を続けるのは困難でしょう。体力的にもハードですし、常日頃、勉強を続けながら相手によって、合っているやり方を学び考えて取り組まないといけません。

スポーツの知識は勿論、体やトレーニングの知識だけではなく、応急処置からリハビリまで、体の構造からスポーツに関する医学に関しても精通していなければいけないです。そしてスポーツトレーナーとしての職業名の求人が少ない事や、経験を十分に積んだ人が採用される事が多い、狭き門でもあります。

特に選手の専属トレーナーになった時、スポーツトレーナーの知識不足で選手生命を途絶えさせてしまう可能性もあります。反対にパフォーマンス力を高めるトレーニング指導やスポーツ障害のリハビリ、試合までのコンディションを整えることでさらなる力を引き出す事もできるでしょう。

高いコミュニケーション能力も求められる適性

整骨院やスポーツジム、チームや専属トレーナーなどでもそうですが、体のケアをしてあげるだけではありません。その人が求めているものや励ましなど、相手に寄り添って考えられるようなコミュニケーションを心がけて、声をかけていく事が必要になります。

スポーツ選手によっては故障して動けなくなる事や、ケガはなくとも中々芽がでずに苦しんでいるチームもいます。その環境の中でも、コーチにも話しかけていける高いコミュニケーション能力があれば、信頼を得る事にもつながる上に、チームにとってトレーナーが大切な仲間や戦力となるでしょう。

今後の独立、転職の際にも人脈の幅を広げる事にもなりえるので、スポーツトレーナーになるにはプラスになると考えられます。

的確な対応ができる判断力も必要

スポーツトレーナーとして予想外な出来事や状況が起きたときにも、冷静に状況把握して、その時々に的確な対応をほどこせる判断をする事が必要になります。大体の人は新人トレーナーとして経験をつみ、実績を積んでいく流れが多いです。

さらに選手や監督、チームもそれぞれ状況が違うケースも多いので、実際にプロチームに雇われる場合は経験者や即戦力が求められるでしょう。他にも大学などに通いながらインターンシップや留学する事で、学生トレーナーとして経験を積んでおくと就職や資格を取る際にも役に立ちます。

分析力はスポーツトレーナーの仕事にも役に立つ

結果を出すことも必要にはなりますが、スポーツトレーナーとして貢献させていくためには未来のイメージを描けるような未来志向が役に立つでしょう。チームにとっては、勝ち続けられるような安定性が必要ですが、それを継続させていくにはスポーツトレーナーは、どうしたら勝ち続けていけるのかを分析していかなければいけません。

現場はいつも一緒とは限りません、そんな時に原因の究明から改善を考え、実践していくためにも分析力がスポーツトレーナーにとって役に立つでしょう。

精神的強さもスポーツトレーナーにとって必要

スポーツトレーナーは、誰かのために働く奉仕的考えを持ち、変わりゆくトレーニングの内容を学び、それを適切に指導やケアしてかなければいけません。特にスポーツ選手の様な結果を出さないといけない選手のサポートとなると、プレッシャーも大きく精神的に強くないといけないでしょう。

スポーツトレーナーに向いている人、適性がある人

スポーツトレーナーになるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

スポーツトレーナーはビジネス的センスを生かせる仕事

上記にあげてきた能力を、仕事として考えられる事ができる人にも向いている職業です。スポーツトレーナーとなると常に一緒にいる事も多くなりますが、それは家族や友達とは違う仕事関係である事を忘れてはいけないでしょう。

プロのスポーツトレーナーとしての指導を心がけておくためにも、先を予測する力や様々な情報を基に即座に考えて理論を組み立てる事が出来るビジネスセンスは持っておくべきです。

向上心を持って努力し続ける事が出来る人

スポーツトレーナーとしての仕事として運動能力のトレーニング指導や怪我などの予防、応急処置、さらには試合に向けてのコンディショニングが主な仕事となっています。学んできた知識だけでは対応できない場合にどうしたらいいかを勉強、考察を繰り返し対応していく向上心を持って、行動又は努力し続ける事ができる人は向いているでしょう。

他者に気遣いや思いやれる事が出来る心も適性のひとつ

スポーツトレーナーは表舞台ではなく、裏方に徹する職業です。相手を思いやれる事ができる人も向いているでしょう。選手を支える縁の下の力持ちである事が苦にならない人や目立ちたいと考える人にとっては難しいかもしれません。

スポーツ経験はあるとベター

企業や所属先によって求められている能力は様々です。ですが、基本的にスポーツトレーナーとして雇われるためには、契約するチームのスポーツに関して詳しくないと選手にアドバイスができません。

小さい頃から沢山のスポーツ経験をしている方が後々スポーツトレーナーとして働く際にも仕事に生かすことができるでしょう。スポーツ経験が無いとなれない職業ではないですが、トレーナーとして信頼してもらう為の実績になるでしょう。

その時に、取引先との交渉力がある人は将来的にも、スポーツトレーナーとして求められているスキルでもあると考えられると思います。

スポーツトレーナーになるための学校・資格

スポーツトレーナーになるには、スポーツあるいは健康や医療系、あるいはリハビリテーション科がある専門学校や大学や短期大学を選ぶ人が多い傾向にあります。職業柄専門用語も多く、スポーツ以外の知識や技術も将来的に問われる可能性が高いです。

だからこそ学校に通う事により、スポーツトレーナーとして必要な基礎知識を学び、スキルを身に着ける事ができるでしょう。

カリキュラムやサポートの内容を比較して学校選びを

スポーツトレーナーになるための専門学校、大学、短期大学は全国にあります。スポーツトレーナーとして必要な知識と鍼灸のスキル同時に学べる学科がある学校など、他にもスポーツから健康増進に関することまで技術を身に着ける事ができる専門学校などがあります。

選択肢は豊富にあるので、それぞれの学校によってカリキュラム、学科やコース、そしてサポート内容は違います。さらに昼の部や夜間の部で別れている学校もあります。自分の目指すスポーツトレーナーとしてのイメージ像に近づけられる学校をじっくり比較して、自分にあった学校を選ぶことが大切です。

取っておいて損はない公認アスレティックトレーナーや医療系などの国家資格

絶対に必要な資格はスポーツトレーナーには特にないですが、医療や健康管理系の「理学療法士」や「柔道整復師」などの資格を取得しておくと良いです。スポーツトレーナーにも色々種類があり、メディカルトレーナーやコンディションニングトレーナーなどがあります。

世間的に知名度が高めではあるチームのサポートをするアスレティックトレーナーになるにも、「公認アスレティックトレーナー資格」を取っておくと就職や転職でも有利になる可能性があります。

スポーツトレーナーになるには?まとめ

資格があればベター、まず専門知識や技術とコミュニケーション能力が必要

スポーツが好きで、そのために勉強や努力をして体や心に沁み込ませることが必要です。そして誰とでも話せるコミュニケーション能力は、新人トレーナー時代から専属スポーツトレーナーのような責任重大な立場になるまで、無くてはならないものです。

未経験でも仕事に就く事が可能な職業ですが、資格や学歴があればベターです。持っている事で就職や現場でも有利になる可能性があるでしょう。

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

スポーツトレーナーの関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB