マンション管理士の給与や年収は?平均月収や支給される手当まとめ

マンション管理士の給与や年収は?平均月収や支給される手当まとめ

皆さんは、マンション管理士という言葉は知っていても、具体的にどのような仕事をしているのか、収入や年収について詳しく知っている方は少ないと思います。今回は、彼らの給与と、勤務体制についてご紹介していきたいと思います。

マンション管理士の給与と勤務時間

マンション管理士の中には、多くの管理組合との契約を締結している人も多くいます。そのため、マンション管理士の日々の業務は多種多様です。

たとえば、外壁塗装や給水設備などに対する修繕や改築の予算を立て、施工業者を選ぶことも業務の範囲に含まれます。そして、マンションの居住者による住民同士のトラブルも発生するため、その都度、丁寧な対応をしなければいけません。もちろん、勤務時間外であっても、マンションの住民同士によるトラブルは発生するため、残業になったとしても、その現場に行くことが必要になります。

つまり、マンション管理士の業務は、曜日や時間を問わずに発生しています。そのため、全てを一人で対応するには、どうあっても時間が足りないため、複数人で効率よく業務に当たることも重要です。

以上のような、勤務体系のため勤務時間が、日々の給与に比例しているのかを考慮した時に、疑問視する声もあります。しかし裏を返せば、それだけ、やりがいのある仕事であるという印象を抱くこともできます。

他の業界と比較した場合

そのため、一般的なマンション管理士の資格の保有者の年収は約400万円とされていて、普通のサラリーマンの平均年収と大きな差がないことがわかります。

要するに、マンション管理士の給料や年収は、比較的に高いものとは言えませんが、他の資格を取得することで、自身の給与や年収に影響を与えるキャリア・プランを立てることが可能になります。

給料を上げるためには

これは、上記で述べたように、マンション管理士の資格だけを所持して働くのではなく、他の資格の知識や実務経験を積むことが、自身の給与を上げるためには重要になってきます。

日々の評価から給与を上げる方法

実際に、マンション管理士の資格しか保有していなくても、この職業には資格の勉強で学ぶ知識以外にも、日々の業務をこなして行く上で大切なことがあります。それは、毎日のデスクワークをコツコツやる事や、営業としての交渉能力などが該当します。

マンション管理士とは、マンションの維持や管理について、一定の知識を持っていなければいけない職業です。その仕事内容は、マンションの規約の管理、会計や相談、助言などがあります。

上記の業務内容には、デスクワークが必須事項になります。たとえ、マンション管理士の資格しか保有していなくても、日々の実績を積み重ねていくことで、自分の給与を少しずつですが、上昇させることができます。

給与に反映される交渉能力

そして、マンションで何らかのトラブルがあった場合には、マンションの管理規約を確認することでそのトラブルの対応に当たりますが、基本的に住民同士での話し合いから、言い争いに変わることが多いため、当事者達の感情のぶつけ合いに発展していきます。そのような事態にも、冷静に対応することができる交渉能力が、マンション管理士には必要になってきます。

つまり、上記で述べたように、日々のデスクワークをコツコツ、やり遂げることができる人や、マンションの居住者による対応を冷静に対処できる人は、もし、他の資格を持っていなくても、仕事での実績がある人間として、所属している企業に評価され、給与や年収が上昇するケースもあります。

マンション管理士の福利厚生

では、給与や年収に比例して、休日や福利厚生はどのようになっているのか、簡単に説明します。基本的にマンション管理士の方たちは、平日にお休みを取ることが多い職業になります。

なぜなら、マンション管理士が対応する住民の方がたは、一般的に平日勤務の人が多いからです。このような事情から、打ち合わせや会合などは、土日や祝日に実施されることが多く、マンション管理士の人たちにとって、休日出勤は常識になっています。

ただし、不動産業界では、週の真ん中の水曜日に休日を定めているケースが多いため、振替休日が固定されている企業も多々あります。

マンション管理士のボーナスについて

そして、マンション管理士の昇給については、その人が所属している企業により、事情が異なります。つまり、定期的な昇給の基準を制度として整えている企業が多いですが、その企業の経営状態により事情が異なってくるため、企業によっては昇給がほとんどない所もあります。

また、マンション管理士のボーナスについては、ほとんどの企業が、1年に2回のボーナスが受け取れるようになっています。しかし、企業によっては、ボーナスが出ない所もあるため注意が必要です。

マンションが適切に管理され、運営されているのか、日々のマンションの住人の生活を支える、とてもやりがいのある仕事です。そのため、給与や年収を上げるためのキャリア・プランを若い段階で考えておく必要があります。

マンション管理士の年収について

マンション管理士の年収は、働く地域や勤務先によって異なるため、一概に断定することはできませんが、約330万円から約500万円と言われており、平均年収は約400万円となります。

このよう給与の事情から、マンション管理士として働く方の中には、マンション管理士の資格だけでなく、行政書士や宅地建物取引士の資格を、併せ持って働いている方が多く、複数の資格を取得することで、平均年収も約500万円に上昇するケースもあります。

この国家試験に合格した後ですぐに登録を済ませても、マンション管理士として独立し安定した収入が入ってくる確証はありません。この業界では、マンション管理士の資格だけ保有していても独立して開業することは困難であると考えられているからです。

マンション管理士の年収の種類

マンション管理士の年収は主に3つのタイプに分類されています。

管理組合の顧問業務をしているタイプ

1つ目は、管理組合の顧問業務をしているタイプです。これは、マンション管理士が、マンションの管理組合と顧問契約を結び、理事会という組合の執行機関の運営を支援していく形態です。

このタイプでは、顧問契約の期間は多くても2年程度で契約を締結するため、マンション管理士にとっては、その期間中は安定した収入を得ることが可能になります。

コンサルティングを主に行う業務形態タイプ

2つ目は、コンサルティングを主に行う業務形態のタイプです。基本的に、管理会社というのは、マンションの分譲業者の子会社が選ばれることが多く、管理委託費の費用が高く設定されています。

つまり、この場面でマンション管理士が、適切な金額を調べ、管理会社と委託契約の見直しなどを行います。そうすることで、1件につき少ない時で約40万円、多い時で約100万円以上の報酬を手に入れることができます。

付帯収入で給与を得るタイプ

3つ目は付帯収入で給与を得るタイプです。マンション管理士が、マンションの管理組合から相談を受けていく中で、その対応に必要な商品やサービスを提示し、その紹介料に見合う報酬を得られることが可能になります。

このように、付帯収入で実績を上げていけば、マンション管理士としての知名度を上げることもできます。

マンション管理士の給料・年収まとめ

マンションに住んでいる限りは、そこの住民は管理組合を必ず設置する必要があります。

つまり、マンションが増加傾向にある日本では、それだけマンション管理士の需要も増加の一途をたどることになります。現に、マンション管理士の求人は年々増えているため、この状況から、他の職業と比べ社会の景気に流されにくい職種だと考えることができます。

なぜ景気に流されにくいのか。それは、新しくマンションが建たなくても、すでにあるマンションが修繕や補修を行うことで、マンション管理士の仕事には直接の影響が少なくて済むからです。

このような理由から、マンション管理士は景気に左右されない職業であるといわれているため、今後も安定した収入を得ることができると考えられます。

今後の給与と需要について

マンション管理士の給与や年収についてご紹介しました。

近年、マンションの数は増加傾向にあり、これらのマンションを、維持したり、管理したりする役割を持った人の需要は上がってくることが考えられます。そして、マンション管理士の業務内容は、そのマンションに居住する人々の日常生活に大きな影響を与える仕事です。

マンション管理士の参考情報

平均年収300万円~800万円
必要資格
  • マンション管理士
資格区分 国家資格
職種建築・不動産

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

マンション管理士の関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB