樹木医の給与・年収は?初任給や支給されるボーナスはどれくらい?

樹木医の給与・年収は?初任給や支給されるボーナスはどれくらい?

ひそかに自然が好きな人達に人気のある職業の樹木医。平均の給与や年収はいくらなのでしょうか?今回はこの記事で樹木医の平均給与・年収とともに、給与アップの為の手段や高収入を目指せる可能性についてご紹介します。

樹木医の初任給

樹木医の初任給は約15万~22万

樹木医として働く場合ほとんどは初任給は約15万から22万が相場といわれています。樹木医の給与は日給月給制が採用されている事が多いです。

日給の積み重ねが月の給料日にまとめて支払われる為、月によっても変動しがちです。ボーナスと月給を合わせると240万~300万前後の年収になるでしょう。

天候に左右される外の作業がメインの職場となると年収も変動がしやすいので、上記の金額でも給与が下がったり上がったりする事もあります。それでも一般的な中小企業より大幅に下がるという事は、樹木医の資格などがあれば、ほぼないでしょう。

勤務先によっては天候に左右されない企業である場合もあります。その場合、月給制を採用している所もあるので、企業により給与形態は様々です。経験年数があがるにつれ、給与も上がってくる可能性はあります。さらに樹木医の資格をもっていれば給与に数千円から数万円程を上乗せされる事もあります。

資格を取得している事で、会社によっては研修費用や樹木医が使用する検査機械も高額な物が多いので、会社が購入してくれる事や専門書なども購入してくれる会社も多いです。

樹木医補の給与・年収

樹木医の少し前のレベルとして取得する事が出来る樹木医補の場合は、樹木医の見習い扱いとされている為、日給制となっています。平均8,000円から9,000円程で出勤した日に合わせた金額が給与となる為、悪天候などが重ならなければ、15万~20万は貰えるでしょう。

樹木医と同じく、会社によりますが年に約2回ボーナスがでると、樹木医と同じくらいには給与、年収が貰える可能性が十分にあるでしょう。

異業種からの樹木医への転職は給料の確認を

異業種からの樹木医に転職する場合には、年齢に関係なく新卒の年代と同じ給料になる場合があります。資格を持っていたりすると幾分かは優遇される事はあります。

しかし転職前の仕事内容や持っているスキルによっては、大幅に給料が下がる可能性があるので、転職する際には慎重な判断が必要になるでしょう。

求人を探す際には給与以外の手当てもチェックしておく事

樹木医として求人が出ている事はごくわずかです。造園会社や研究機関・公共施設で樹木に関する仕事につとめている人が多数です。

造園工や時には庭師、現場管理人として募集されている事が多いです。企業にもよりますが、基本的に給与とは別に賞与も貰えます。基本給以外の各種手当やボーナスも、正社員であれば年に約2回支給されます。

転職する際には求人の一覧で、樹木医としての仕事はあるのかどうかも確認しておく事、そして給与以外の手当や昇給などが整っているかを、確認するようにしておきましょう。

樹木医の平均給与

樹木医の平均給与は約18万から30万円

樹木医の平均給与は18万円~30万円前後が多いです。樹木医として働く場合、基本的に造園業や農林業関係の仕事に就く事が多いです。正社員として働いていく事で勤務年数や資格によっては昇給や手当も上がっていくので、年収を上げられる事も期待できるのではないでしょうか。

高い給与や年収を狙うとするなら、社員の平均年収が高い企業に就職する事や役職に就く事ができれば樹木医でも月収50万円以上も夢ではないでしょう。他にも樹木医でもありながら大学教授も目指していけば、さらに年収換算で1000万を超える可能性があります。

樹木医以外の仕事もしている人が多い

樹木医は給料の変動が激しく、安定した給料が貰える所や高収入な所に勤務するか、または樹木医以外の仕事が頼まれる所で他の仕事と併用して働かない限り、生活するのが難しいのが現状です。その為、樹木医のほとんどの人が樹木医以外の他の仕事をしています。

樹木医としての給与というよりは、造園会社や施設の職員としての給与を貰っている方がほとんどです。樹木医資格を持っている人の多くは樹木医と造園業など、さらに農業から林業などの傍らに樹木医としての業務を行う事がほとんどです。

例えば造園業の場合ですと平均年収が約350万円~400万円と言われているので、安定した収入を得たい・大幅に年収を下げる事を避けたいと考えている人は、どんな働き方をして収入を得たいかを考えておくのも大事です。

経験や実績によっては給料アップにつながることも

樹木医の給与は、一般的に見ても高いほうではありませんが、高い実力をもっていれば給与アップを見込める仕事でもあると言われています。転職する場合に今まで働いてきた経験や管理者などの役職についていた経験があれば、給料に実績を考慮してもらえる可能性が高いでしょう。

転職でも、経験してきた事や実績によっては農林業または緑化関係の公益法人の役職員に採用される事もあるでしょう。

さらに経験が豊富かつ樹木医や他の資格をもっている事で、歴史のある樹木を任せられる事や樹木医の傍ら造園業者として、有名な造園工事を施工する機会があれば、給与アップの可能性もあります。

樹木医の平均年収

樹木医の年収は300万前後

樹木医の平均年収は、300万円~400万円前後となります。経験年数が長くなるにつれ、年収も500万から最高600万前後位まで行きますが、働き盛りくらいの年収だと高くても400万前後になるでしょう。

勤続年数や年齢、地域、学歴によっても変わりますが、平均的にはこの年収が多いです。

資格取得が給料や手当に影響する場合も

樹木医の仕事は経験年数、そして持っている技術や能力が給与に反映される事もある職業です。資格を取得していれば採用の時以外にも、会社によっては給与を上げてもらえる可能性もあると考えられます。

将来的にも造園業から農業高校の教職員など、どんな職場にでも活躍できるようにする為に資格を取っておく事で十分な技術や知識をもっているという証明になるでしょう。
数は少ないですが、樹木医として開業する際にも役に立つ可能性はあります。

平均給与や年収は働く場所の規模や地域によっても変動

前述してきた樹木医の給与や年収はあくまでも、平均の数字です。

勤務先の企業の規模や、就くことになる役職、地域、資格、スキルにより給与・年収も変動すると考えていいでしょう。地域差でもバラツキが激しいですが、都市部である東京や大阪などの首都圏の方が給与は高く、地方になると徐々に下がっている傾向があります。

学歴も関係してくる可能性有り

通常のサラリーマンと同じく、最終学歴によって給与や年収が変わる可能性は高いです。

樹木医の受講条件でもある業務経験にも該当される場合もあるので、できるなら大学院までいっておくべきです。それが難しい場合はせめて、大卒は取っておく方が給与や年収の面からみても大事になってきます。

将来独立する際には経験を積んで、お金をためておく事が大事

樹木医として将来独立したいと考えている人は、正社員として経験をつみ、樹木関連の人脈を作っておく事や経験を積んでおく事が独立する際に役に立つでしょう。

さらに独立するとなると出費も重なる事も考えられます。なので、すぐに独立するよりも実績を作り、お金も貯めてから独立の道を目指すのが良いでしょう。

他にも独立するとなると樹木医以外の雑務もしなければいけないので、ビジネスマナーや営業に関する知識など、樹木医として働きながらも他の事を勉強しておく事も大事です。

樹木医の給与・年収まとめ

樹木医の年収レベルは低め。しかし、給与以上にやりがいを得られる仕事

樹木医の平均給与や年収レベルは、精神的・肉体的にもハードかつ、タフさが求められる仕事ですので他の仕事と比較すると、低めの傾向といえます。特に新人の頃は、勤務する企業によっては苦しい生活がしいれられる可能性もあります。

しかし、職人の世界だからこそ実力がつけば給与アップも見込めるでしょう。樹木医以外の資格を沢山身に着けて、コツコツ技術を磨いていけば、好待遇で転職や就職の際に採用される事もあるでしょう。

樹木医の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格
  • 樹木医
資格区分 民間資格
職種自然・動物

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

樹木医の関連記事

自然・動物に関する他の職業KANREN JOB